明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ

アクセスカウンタ

zoom RSS Delirium Cafe TOKYO@霞が関

<<   作成日時 : 2009/08/02 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像Delirium Cafe TOKYO(デリリウムカフェ トーキョー)
【霞ヶ関/ビール】
夏の休日、昼からベルギービールを飲みに霞ヶ関まで。ここはドラフトの種類も豊富らしく楽しみな店。赤坂店ではなく霞ヶ関店に訪れたのは、週末に空いていそうだからという理由。予想通り客は我々を含めて2組程度。
まずはホワイト2種類。Celis WhiteとSt. Bernardus White。
セリス・ホワイトは
ピエール・セリスがホワイトビールを復刻させたが、ヒューガルデン醸造所を火事で失い、今や世界一のビール会社へ売却したのは20年以上も昔。味わいが次々と変えられていく事を悲しんだが、彼はそこで終わらなかった。ホワイトビールの神がすべてを懸けて新たなるホワイトビールを醸造したのである。それがこのセリス・ホワイト。オレンジ、グレープフルーツのような果実を思わせる。
セント・ベルナルデュス・ホワイトは
ヒューガルデン・ホワイト、セリス、ホワイトに続いてホワイトビールの神“ピエール・セリス”が挑戦した最後のホワイトビール。セリス・ホワイトに比べ、スパイシーでボディーある味わいは、他のどのホワイトビールも凌駕する程の素晴らしさ。このビールはセント・ベルナルデュス醸造所の酵母を使用しているからこそ。まさに、セリス氏とこの醸造所の合作。
というもの。ちなみにstと付くもののトラピストではない。現在の正式なトラピストはアヘル修道院、オルヴァル修道院、スクールモン修道院(シメイ)、サン・レミ修道院(ロシュフォール)、聖心ノートルダム修道院(ウェストマール)のみとなっている。
セリスは果実味豊かな味わいでヴァイス系の王道をゆくイメージ。それに対してセント・ベルナルデュスは、説明文にあるとおりスパイシーさはやや感じるものの、ボディーな味わいを謳うにはやや軽すぎる気がした。

ここは料理もなかなか美味しく、アーティチョークとドライトマトの酢漬け、2種のソーセージ フランス産粒マスタードと バイオレットマスタード、ベルギーの田舎料理 シェフの手作りパテを注文。アーティチョークは出来れば別の調理で食べたかった。バイオレットマスタードは葡萄のマスタード。
店員の対応は良く、水をこぼしても可愛い女性スタッフが笑顔で対応してくれたので、冷房の効き具合が弱くてもあまり気にならない。

ホワイトに続いて、Tripel KarmelietとRulles Tripleを。トリペル・カルメリートは小麦、カラスムギ、大麦の3酒を使用した珍しいビール。ルル・トリプルはオルヴァルの酵母を使っているそうで、やはりコクのある味わいとなっている。
最後はベルジャンフリッツを3色のソースで楽しみながら、のんびりと過ごした。本当はムール貝も食べたいところだったが、この店に来る前に既にビールをジョッキ2杯消化していたので、次回の楽しみに取っておくことにした。

→他のグルメブログを探す
人気blogランキング
にほんブログ村 グルメブログへ

→他のグルメブログを探す 人気blogランキング にほんブログ村 グルメブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オススメ!
さすがに何年もやっていると記事がそれなりに溜まっているので、美味しかった(気がする)お店を抽出してみた。 ただ、記憶が頼りなので大分心許ないし、訪れたときとクオリティが同じである保証もない。 料理やお酒が美味しい事が前提で、もう一度行ってみたいなと思っているお店を拾ってみた。 すでに閉店してしまったお店は除いてある。 {%左矢印webry%}は特におすすめのお店。 ...続きを見る
明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ
2009/12/29 15:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログパーツ

クリップ

 

 

 

RSS

 


プロフィール

人気記事ランキング

このBlogをPDFで読む

Delirium Cafe TOKYO@霞が関 明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる