明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ

アクセスカウンタ

zoom RSS Delirium Cafe RESERVE(夜)@赤坂

<<   作成日時 : 2009/08/16 14:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像Delirium Cafe RESERVE(デリリウムカフェ レゼルブ)
【赤坂/ビール】
夏場はひたすらビールがうまい。
先日の霞ヶ関店に続いて赤坂店へ。場所はBizタワーの1F、一番奥に位置する。サカスが完成した頃、ここの1Fはポルトガル料理店しかチェックを入れておらず、今までこんな良いお店を見逃していたのが悔やまれる。
店は霞ヶ関店よりもパブらしい雰囲気を醸し出していて、このざわついた空気がビールには良くなじむ。
1杯目は週替わりで出している限定物、CAVESを注文。このレッドビールで喉を潤してから、Pauwel Kwakへ。昔から何故こんな形のグラスなのか気になっていたが、調べてみると「醸造所と宿屋を営んでいたクワック氏は、毎日宿屋に立ち寄る馬車の乗員が馬や乗客のために手をはなせず喉が乾いているのを見て、乗りながら飲む事ができるようにこのグラスを考案した。」ということらしい。
フードには、霞ヶ関店で食べたパテやソーセージに、食べ損ねたムール貝のビール蒸しなど。このムール貝は残ったスープを使ってリゾットも作って貰えるというおまけ付き。やはりベルギービールとムール貝は良い相性だ。
その他、ソフトシェルクラブのビールフリット、ブロシェット、スペアリブ、ジェノベーゼのパスタなど。フードのラストオーダーがやや早いのでギリギリでまとめて注文。

その後はスタッフのオススメに従ったりしながら、ひたすらに杯を重ね白ワインにも手を出し始める。
翌日は休みだが早めに出掛ける予定があったので、そろそろ切り上げようかと考えていた矢先に、ブルガリア出身の男性が乱入し一緒に飲み始める。フードのラストオーダーはとっくに終了していたので、休む間もなく飲むしか選択肢がない。ブルガリア人は日本に10年ほど滞在しており、なかなか上手い日本語を繰り出していたが、酔っていたのでよく聞き取れず。きっとかみ合わない会話をしていただろう。何故か皆Delirium Tremensを彼のおごりで飲ませてもらったり、会計時に彼にお金を出してもらったり。

結局、店の営業時間を大幅にオーバーしてから、スタッフにビルの裏口へ案内されてタクシーで帰宅。
次回は同じメンバーでスコッチを味わう予定だ。

→他のグルメブログを探す
人気blogランキング
にほんブログ村 グルメブログへ

→他のグルメブログを探す 人気blogランキング にほんブログ村 グルメブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログパーツ

クリップ

 

 

 

RSS

 


プロフィール

人気記事ランキング

このBlogをPDFで読む

Delirium Cafe RESERVE(夜)@赤坂 明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる