まつ(夜)@神楽坂

画像まつ
【神楽坂/和食】
前職の元上司から神楽坂に良いおでん屋さんがあるというので紹介してもらうことに。店で直接落ち合うことにして、先方から教えてもらった地図を頼りに飯田橋から神楽坂方面へと上る。
地図によると早稲田通り沿いのようだが、どうも見あたらない。電話を掛けると一本脇に反れるとのこと。
特に看板もでていないようで小さなビルの4Fに入っている。神楽坂在住の彼だから見つけられたのだろうと思ったが、オーナーと知り合いだという。まだ出来てから2ヶ月ほどだとか。
店に入るとおでん屋というよりも洒落た雰囲気の小料理屋さん。カウンター数席にタバコが吸えるテーブルが1卓のみ。

料理長の吉武さんは以前原宿の高級和食屋で腕を振るわれており、その前は関西にもいたそうだ。
出汁も素材も良い塩梅で料理もお酒も良く進む。
写真を撮ったのは、鰹と烏賊と赤貝の造り、鶏さし、塩水雲丹、桜海老のかき揚げ、春子鯛、白ダツ、だけれど注文したのは多分この2倍以上。ただ、日本酒もメニューにある全ての銘柄を注文したほどで、なにしろ記憶が曖昧で何を食べたのかいまいち覚えていない。茹でた空豆と筍のおでんも食べた気がする。メニューの写真を撮っておくべきだった。

塩水雲丹は雲丹独特の濃厚な味や香りが穏やかになっており、上品に仕上がっている。
春子はメニューでは棒寿司だったが、無理を言って残っていたものを造りで出していただいた。
筍は時期やコストの問題で中国産とのこと。白ダツとはサトイモの茎(白ずいき)のことで歯ごたえがよい。他に青ずいき・赤ずいきがあるが白ずいきが一番重宝されているようだ。

ドリンクは最初の一杯こそビールだったが、2杯目以降はひたすら日本酒。注文する度に好きなお猪口を選ぶことが出来るのだが、途中からワイングラスでいただく。こちらの方が香りを楽しめて良い。

料理長も女将さんも気持ちの良い方で、肩肘張らずに寛げるのでついつい長居をしてしまう。他のお客さんもみな思い思いに寛いで過ごしているように見えた。
お店を出るときは夜も大分更けており、女将さんは既に居ない。その代わり料理長にご丁寧にも見送っていただいた。
良いお店なのでお客で埋まって予約が取れなくなると困ると思い、あまり宣伝しないで下さいねと料理長に我が儘なお願いをしておいた。

そこから、元上司の知り合いがママをやっているお店に移り、更に近くのラウンジ系のバーへ。
最後は気力で持ちこたえていたけれど、タクシーに乗ってすぐに熟睡。
神楽坂はなかなか危険な街だ。

→他のグルメブログを探す
人気blogランキング
にほんブログ村 グルメブログへ



神楽坂ごあんない帖?神楽坂謹製 (INFOREST MOOK) (INFOREST MOOK)

おでん / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • motti

    またいこうね
    2008年05月20日 00:29

この記事へのトラックバック

  • オススメ!
  • Excerpt: さすがに何年もやっていると記事がそれなりに溜まっているので、美味しかった(気がする)お店を抽出してみた。 ただ、記憶が頼りなので大分心許ないし、訪れたときとクオリティが同じである保証もない。 料理..
  • Weblog: 明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ
  • Tracked: 2009-01-18 15:20

参加ランキング