やさい家 めい(夜)@五反田

画像やさい家 めい
【五反田/和食レストラン】
目黒で所用を済ませた後、五反田まで散歩がてら歩いてremiy gotandaへと入る。
目的は「やさい家 めい」表参道の1号店が好調な様子なので、五反田の2号店に訪れてみた。
ここは渡邉明氏率いるeatwalkの運営するお店で、毎朝全国の契約農家から直送される野菜を食べられる。
建物自体がそれ程広くないため、店内もそれほど多くの席数はない模様。
予約をしていなかったのだけれど、2時間ならということで入らせてもらう。通された喫煙席は二人掛けのソファーに挟まれたテーブル席がいくつか並ぶ。インテリアの色調も好みに合い、とても落ち着ける。

メニューはコースが一本とアラカルト。コースにはアラカルトに載っていないものが幾つかあったが、アラカルトで色々と試してみることにする。アラカルトのメニューには、eatwalkらしく、しかも野菜に拘っていることもあり定番の農園バーニャカウダーがある。

お通しは、ひじき、めかぶと山芋の梅風味、筍の3種から好きな物を選ぶことが出来る。
まずは本日のカルパッチョ 山葵風味の岩海苔ドレッシングと赤軸ほうれん草の昆布ドレッシング。カルパッチョはスズキで、ソースには胡椒と酸味が程よく効いており、岩海苔の強い香りを上手く柔らげている。

串焼きで白レバー、たけのこ(豚の静脈)、牛シビレなどを注文。白レバーはもっとこってりしたものが好み。たけのこは初めて食べたが、全くかみ切ることが出来ず。牛シビレはサクサク、こってりでご飯が欲しくなる味。

次に新玉葱のおかき揚げと椎茸の肉詰め。玉葱の甘みにはちょっと驚いた。揚げ具合もいい塩梅。椎茸の肉詰めは久しぶりに食べた。椎茸は小振りのどんこだが、旨味が凝縮されている。
続いて三元豚のハリハリ蒸し。三元豚は三元交配によって生まれた山形の銘柄豚だ。この蒸し料理がなかなかのくせ者で、水菜が鬼のように入っている。押し寿司のご飯の部分が水菜でタネが豚になっていると想像してもらえればほぼ間違いない。

締めは、本日の季節野菜の蒸籠飯とお野菜の石焼きビビンバ。蒸籠飯にはキャベツ、筍、いくら、しらすが乗ってる。
全体的に塩が薄めで体に優しく仕上がっているが、時に物足りなさを感じることも。

ビールはオーガニックということからかハートランドがメイン。
焼酎では刀という銘柄を初めて飲んでみたが、なかなか面白い。蘭グラッパやちんたらりと同じ系統といえば分かりやすいかもしれない。

2時間という制限が付いていたので、急いで詰め込んだけれど少人数でのんびりと寛いだ方が楽しめそうなお店。

→他のグルメブログを探す
人気blogランキング
にほんブログ村 グルメブログへ



izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」

やさい家めい レミィ五反田店しゃぶしゃぶ / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

参加ランキング