高庵 TOKYO(夜)@新宿

高庵 TOKYO(こうあんとうきょう)
【新宿/焼酎】
沖縄旅行へ行く前にマスター中居さんと料理担当ののんさんに沖縄料理と泡盛のレポートをすると約束していたので、旅行後に早速の訪問。
国際フォーラムで東京JAZZフェスティバルへ顔を出してから移動したので、やや遅めの時間。店内にはカウンターにカップルとテーブル席に1組のお客さんだけ。
まずはビールと先日食べれなかった白レバーを注文しつつ報告を開始。沖縄料理を食べて気付いたことや、泡盛について勉強してきたことなど。
2杯目以降はもちろん焼酎。明るい農村やくじら、晴耕雨読など定番モノのあとはちょっと変わったところで佐藤の黒に似た焦げた香りのする神座、萬膳のようなコクのある坐忘など。坐忘は初めて飲んだけれどアルコールの角が取れれば大分よいお酒に育ちそうな予感。

画像


画像


マスターからは泡盛とかに興味を持っても最終的には焼酎に戻ってくるでしょ?と言われたけれど、確かにそのとおり。泡盛も美味しいし日本酒も一番好きだしスコッチもラムもシェリーもベルギービールも好きだけれど、焼酎との一番の違いは美味しい銘柄や変わり種を比較的どのお店でも置いてあるかどうか。

十数年前までは美味しい焼酎を飲むのにも苦労したけれど、幸い焼酎ブームが来たおかげでどんなお店でもそれなりの銘柄を味わえるようになった。そしてそれが続いているのも村尾のような一人で頑張っている蔵や西酒造のように新しい事へチャレンジしている作り手の努力があるからこそ。

そして、今回沖縄で泡盛を学ぶ中で感じたのは、こちらも作り手が色々と努力しているという事。お酒の神様小泉先生の名前も耳にした。ひとつ残念なのはチャレンジが様々な事情で一回切りで終わってしまっているものが幾つかあったということ。

昔の人気日本酒のように、東京でしか飲めなくなってしまうのは本末転倒だけれど、こちらで色んな泡盛が味わえるような日が来ることを期待。



高庵 TOKYO焼酎バー / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

参加ランキング