山玄茶@京都

山玄茶(さんげんちゃ)
【京都/和食】
真夏の京都へ食い倒れ旅行。
1食目のランチは招福楼で20年修行した大将のお店へ。こんな所にミシュランで星を取る店が?と思うような裏通りで、しかも夜に賑わう界隈なのでランチ時はますます人の姿が見えない。
緑色の暖簾をくぐって2階の個室へと通される。
1品目は、雲丹豆腐に雲丹、海ぶどう、ジュンサイのジュレと夏に相応しい涼しげな先付。
画像


煮物椀は鱧、冬瓜、オクラ。日本酒があう一品。
画像


造りはタコ、ジマアジ、鱧、鯛。お手しょには醤油でなくちり酢。鮎の塩焼きに付ける蓼酢は知っているがちり酢は初めて。橙を使った柑橘系のさっぱりとした味わいだった。
画像


焼物は塩漬けにされた桜の葉乗ったイサキの漬け焼、大根おろしにしば漬け、セロリに金山寺味噌。仲居さんが白アスパラだというので聞き直したがやはりアスパラと説明する。がその後顔を出してくれた板さんに聞くとセロリだと訂正してくれた。
画像


続いて八寸。茄子田楽、タコの柔らか煮、大根焚き物、イチジクゴマだれ、笹寿司、キュウリとかまぼこの酢味噌和え、ホオヅキに盛られたシナモン風味の効いたさつまいも、鯵南蛮。
画像


揚げ物は鮎に、ゴマ豆腐、万願寺の天ぷら。鮎は焼物で頂きたかったけれど、このあとに塩焼きを食べる機会はありそうなのでよしとする。
画像


続いて、賀茂茄子、赤こんにゃく、麩を揚げた面白い一品。
画像


最後にご飯。何でも大将の地元で取れたという米。滋賀の山沿いは柔らかいのが特徴らしく、確かに水分が多めに感じられる。
板さんが部屋についてよそってくれるのだが、食べ方まで指南がある。まずはそのまま一口。続いて塩を軽く振って一口。さらにシラスのちりめん山椒。これは醤油で煮ていないので色が白いまま。最後は鯛のそぼろを掛けていただく。
余った分はおにぎりにしてもらいおみやでお持ち帰り。

大満足な一食目。この後の3日間が楽しみになる。



山玄茶懐石・会席料理 / 祇園四条駅三条京阪駅三条駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オススメ!
  • Excerpt: さすがに何年もやっていると記事がそれなりに溜まっているので、美味しかった(気がする)お店を抽出してみた。 ただ、記憶が頼りなので大分心許ないし、訪れたときとクオリティが同じである保証もない。 料理..
  • Weblog: 明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ
  • Tracked: 2014-01-28 00:08

参加ランキング