iBeer LE SUN PALM@渋谷

iBeer LE SUN PALM( アイビアー ルサンパーム )
【渋谷/ビール】
職場の仲間と渋谷で早い時間から飲める店を探して、ヒカリエのクラフトビアへ。
カフェのような雰囲気の店でまず1杯目はTOKYO BLUESのセッションエールタイプ。福生で1863年に創業した酒造会社が醸すビール。明治時代に一度ビール造りに挑戦し販売をしたものの撤退を余儀なくされ、時代を経ての挑戦。
TOKYO BLUESはこの街を奏でる音楽のようなビールというコンセプトで、酒類・食料品総合卸のコンタツ株式会社の呼びかけによって生まれた。TOKYO以外にもOSAKA BAY BLUES(兵庫の小西酒造)、KYOTO CLASSIC(京都の黄桜酒造)がある。

TOKYO BLUESのセッションエールタイプは麦汁の煮沸工程の最後ににホップを投入するレイトホッピングが特徴。ホップは煮沸することで苦みが生まれるので煮沸時間が短ければ苦みはそれほど生まれないことになる。利用しているのはアロマ系2種類。シトラとアマリロ。シトラは香りのもととなる香油の量が通常の3倍。アマリロはミルセンの含有量が多く非常に人気が高い。ミルセンは柑橘系の香りで、フムレンはハーブや花のような香りとなる。香りは煮沸時間が長いと消えていくのでレイトホッピングは苦みを犠牲にして香りを活かしたビールということになる。
モルトはイギリス産の高級エールモルト「マリスオッター」とカラメルモルトを利用。カラメルやローストモルトは甘味やロースト香が酵母によって分解されずそのままビールに残ることになる。
画像


2杯目は、厚木はサンクトガーレンのYOKOHAMA XPA。ペリーが赤道を越えて日本に持込み幕府にも献上したとされるビールの復刻版らしい。防腐効果のあるホップを大量に使用しているのが特徴。秋には山梨県北杜市で手摘みされた「かいこがね」という生ホップで作られたバージョンも期間限定で出ているらしい。
画像


これらを生ハム盛り合わせとオニオンリングで空腹の胃に流し込む。
その後は渋谷の超有名店である鳥竹で焼き鳥をつまんでから、行きつけのアミューズメントへ移動。アミューズメントではさすがにもうビールは飲めず、クラフトジンのモンキーなどをいただく。
最後は懐かしの桜ヶ丘で小さなワインバーに飛び込みでボトルを一本空けてから解散。




アイビアー ルサンパームビアバー / 渋谷駅神泉駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

参加ランキング