一平(夜)@日本橋

一平(いっぺい)
【日本橋/おでん】
暁星仲間との忘年会。20年ほど前には銀座4丁目のおでん屋一平へ毎シーズン通っていたが、十数年ほど前に残念ながら閉店。日本橋にも店舗があることは知りつつもなかなか訪れる機会がなかったが、奇遇にもメンバーの職場がこの付近となったので今回初の日本橋店へ。
ここのおでんは関西風の出汁を関東でも合うようにアレンジした鰹節と昆布の合わせ出汁が癖になる美味しさ。
神楽坂で日本料理の料亭「一平荘」をスタートし昭和45年10月におでん屋の形で銀座にOPENした創業86年の老舗。薄味の出汁にこだわり抜いた関西風おでんのパイオニアとして人気があり、現在日本橋に店を構え、内装も一新しリニューアル。店内は平成27年9月に新装オープンとのこと。
銀座店はビル一棟使っていたが日本橋店は地下1階のみ。店内は比較的広く、客層は場所柄か高めの年齢層。
まずはつまみに馬刺し。
画像


馬刺しといえば焼酎。宵の灯をボトルで。長期貯蔵酒ならではの後味を感じられる。ガス灯をイメージしたあたたかいボトルデザイン。さつま白波で有名な薩摩酒造が静岡以北で限定販売しているもの。
画像


メインのおでん。牛すじなどおでんの種によって小分けされて出てくる。
器は銀座店のものと同じ。
画像


ローストビーフ
画像


寒鰤の刺身には日本酒を併せる。
画像


最後におでんをもう一皿追加してお開きに。出会ってから三十年来の仲間と久しぶりの一平を楽しむことができて満足。
そういえば銀座店ではいつも鴨鍋を注文していたことに後から気が付いた。
画像





食べログ一平 日本橋店おでん / 京橋駅日本橋駅東京駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

参加ランキング