沼津フィッシュマーケットタップルーム@沼津

沼津フィッシュマーケットタップルーム
【沼津/ビアバー】
念願かなってGWの後半にようやくの訪問。沼津港の入り口にある、らしくないお店。
2000年に沼津でオープン。今では東京や横浜など各地で展開しており、熱い思いと素晴らしいストーリを持っている。
店舗は2階で階段を上がると正面がカウンターで左右にテーブル席が広がっている。左の方が眺めは良いが、右奥のソファー席へ通してもらいのんびりと寛ぐ。
画像


定番ラインナップ。
画像


シングルテイクセッションエール。ベルギー酵母のスパイシーで爽やかな風味。
ウィートキングウィット。爽快で、フルーティ、健やかな清涼感。
修善寺ヘリテッジヘレス。ドリンカビリティを追求した、クリーンで丸みのあるバランスの良いゴールデンラガー。
沼津ラガー。ソフトでやさしく、クリーンなあと味。
ライジングサンペールエール。いきいきとした清涼感のある柑橘系のホップの個性。
わびさびジャパンペールエール。簡素で清澄な趣を追求したハーブ感のあるドライな日本のペールエール。
レッドローズアンバーエール。リッチでモルティだが、きりっとドライ。
アングリーボーイブラウンエール。つかのまのモルトの甘さと予測できないホップの苦み。
帝国IPA。ホップとモルトの個性が大胆に絡み合う。
スルガベイインペリアルIPA。まるで夜空を鮮やかに彩るホップの花火大会だ!
島国スタウト。漆黒のドライさと香ばしいスモーキーなアロマ。
黒船ポーター。シルクのようにスムーズで、チョコレートやコーヒーのようなビタースウィートな味わい。

どのラベルデザインもグラフィック・デザイン・アーティストの西田栄子さんが手掛けており、独特の世界観を演出している。
画像


本日の季節限定は以下の三種類
四姉妹スプリングボック。パンのような風味、健康的で、気持ちのいい爽やかさ、プラスアルコールの強さも感じる。
セゾンさゆり。スパイシーで華やかな香り、はじけるように爽快、力強くドライなフィニッシュ。
ホップバズアニバーサリーニューイングランドIPA。名古屋のビアパブ「ホップバズ」で提供されるオリジナルビール。フルーティーでジューシーなホップの風味と香り。

そして、本日のリアルエールは中目黒ビター。
リアルエールはサービングされる容器の中で二次発酵、熟成が行われる。自然な発泡性で外部からの炭酸の圧力をかけずに注ぐ。

つまみにはピクルスや串焼きなど適当にチョイス。
画像

画像


新幹線でついついビールやつまみを空けてしまい、あまり空腹でなかったのが災いし、十分に堪能できなかったのが心残り。
今度は東京の店舗でリベンジしたい。



食べログ
沼津フィッシュマーケットタップルームビアバー / 沼津駅大岡駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オススメ!お酒系
  • Excerpt: さすがに何年もやっていると記事がそれなりに溜まっているので、美味しかった(気がする)お店を抽出してみた。 ただ、記憶が頼りなので大分心許ないし、訪れたときとクオリティが同じである保証もない。 料理..
  • Weblog: 明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ
  • Tracked: 2019-01-05 13:19

参加ランキング