ふしきの(夜)@神楽坂

ふしきの
【神楽坂/和食】
日本酒のマリアージュを楽しめるという事で知人に連れて行ってもらう。善国寺のはす向かい、裏通りから細い階段を上がり2階に位置するお店。
2019-11-08 18.52.19.jpg
2019-11-08 18.52.51.jpg

カウンターメインの小さなお店だが、カウンターの中が板場ではなく料理は全て奥の調理場から出されるという変わった形式。カウンター内は日本酒の提供がメインとなっている。
2019-11-08 18.54.29.jpg

1杯目からお酒にするかビールにするか選ぶことができてビールはハートランドのボトルになる。
まずは柿やむかごの入ったごま和え。合わせるのは奈良の花巴という山廃と貴醸酒の天彩をブレンドした1杯。
山廃の割に重くはなく、料理とお酒の甘味がうまく合わさっている。
2019-11-08 19.05.37.jpg
2019-11-08 19.08.32.jpg

とこぶしと花びらたけの入った椀物には三十八号の人肌お燗。
普段は燗をしないが汁物には意外と悪くない組み合わせ。
2019-11-08 19.18.04.jpg
2019-11-08 19.16.26.jpg

鰆の藁焼きには隠岐誉の江戸純米酒 90という殆ど磨いていないお酒。
名前の通り隠岐の島の蔵。そもそも米は磨いてナンボと思っていたので、精米歩合90%という数字が衝撃的。味も酸味が強く普段なら手に取らないお酒。
ところがこれを料理に合わせると味の評価が一変する。藁焼きの香ばしさと見事な相性の良さを見せてくれた。
この日一番の衝撃的な組み合わせで、既成概念が一気に打ち砕かれた。
2019-11-08 19.31.11.jpg
2019-11-08 19.31.33.jpg

熟成平目の肝和え。これは酒飲みが好きな味。
悦凱陣の美山錦純米とこれまた素晴らしい相性。
2019-11-08 19.46.27.jpg
2019-11-08 19.41.34.jpg

子持ち鰊に奥丹波。
2019-11-08 20.03.15.jpg
2019-11-08 19.58.23.jpg

バルサミコソースの牛肉には諏訪泉の田中農場と満天星の合わせ技。
田中農場はその名の通り田中農場産の山田のみを使用。満天星は2年の熟成を経て出荷されたもの。
2019-11-08 20.26.31.jpg
2019-11-08 20.17.14.jpg

八寸は見た目も楽しめる品々。
隣に座っていた常連さんによるとこの中でも松風は料理人泣かせの手間暇かかる逸品なのだとか。
綿屋の純米吟醸雄町。隠岐誉の室町純米酒 90。料理によって好きな方と併せられる。
2019-11-08 20.45.13.jpg
2019-11-08 20.43.24.jpg
2019-11-08 20.51.32.jpg

最後に同じお酒を違う御猪口で飲ませてもらう。これが驚くほど味の違いを生み出してくれる。
知識としては知っていたが、御猪口の形の違いでもここまで差が出るとは思わなかった。

甘味とお抹茶で〆
2019-11-08 21.28.30.jpg
2019-11-08 21.31.06.jpg

ついつい飲みすぎてしまうと後半の味わいがあまり記憶に残らないのでペース配分には要注意。
中盤から徐々にペースを上げていくのが正しい楽しみ方だと反省。
2019-11-08 21.52.36.jpg

帰り際に古酒を3本ほど手渡したら、申し訳ない事にその場で空けて頂きつまみまでご用意頂く。
絶品の松風に牛蒡、そしてわざわざ鮟肝を炙って頂いてしまった。
2019-11-08 21.59.59.jpg

また違う季節に訪問して新しい発見をしたいと感じるお店。

お得な予約はこちらから
プロのグルメ情報収集はこちらから




ふしきの懐石・会席料理 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

参加ランキング