打ち薫る亭(夜)@阿佐ヶ谷

打ち薫る亭
【阿佐ヶ谷/居酒屋】
週末の家近飲み。流石に周辺はだいぶ開拓できたので、少し南下してみることに。
何でも穴子の刺身が食べられるという雰囲気が良さげな居酒屋を発見していたので早速訪問。
15:00~20:00という変則的な営業時間の中17時過ぎに伺うと他にお客さんの姿は見えず。
店は商店街を抜けたところ、駅から5分も歩かないところに位置する。
お通しは椀物。無化調のお店だろうか、大分優しく胃をほぐしてくれる。
2021-01-30 17.36.08.jpg

残念ながら穴子の刺身はお目にかかれなかったが、代わりに九絵の刺身。半分は炙って出してもらい、こちらは塩が合う。
1杯目に知多ハイボールを頼んだが、これは日本酒にしなければと雄町の生という事で屋守を。
こちらで扱っている日本酒は全て純米という拘りで、かつ磨きなどの情報がメニューに記載されていないため注意深く注文。
2021-01-30 17.38.52.jpg
2021-01-30 18.31.07.jpg

白子ポン酢。天婦羅と迷ったがこのように手を加えて貰えるのであればポン酢も良い。
2021-01-30 17.40.55.jpg

のどぐろ塩焼き。
日本酒二杯目は雪の茅舎の純吟生。
2021-01-30 18.11.54.jpg

穴子は刺身がなかったので白焼きを。
ポーションはハーフで。山葵醤油または塩で。
2021-01-30 18.25.31.jpg

燻製盛り合わせは、沢庵、鶉玉子、鴨、チーズ、そしてなんと梅干し。
これは何を併せようかとメニューをめくり、アイラが数本ある事に気が付いてラガヴーリンをトワイスアップで。
2021-01-30 18.37.16.jpg
2021-01-30 18.56.04.jpg

黒毛和牛炭火焼。
2021-01-30 18.40.04.jpg

後半に相応しくないクチコの炙りをつい注文。
ラガヴーリンにも合うが日本酒に併せるべきだったと後悔。
2021-01-30 19.04.31.jpg

最後の締めは天茶。
天茶があると無条件で注文してしまう。
芝海老のかき揚げが2枚。
2021-01-30 19.37.23.jpg

店員2人で回していたのでなかなか大変そうだったが、席は満席。
テーブル席は4人席が2卓に2人席1卓、カウンターは8席ほどなので電話を入れてからの訪問が良さそう。

お得な予約はこちらから
プロのグルメ情報収集はこちらから




打ち薫る亭割烹・小料理 / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

参加ランキング