本格薩摩焼酎 みついし(夜)@虎ノ門

画像本格薩摩焼酎 みついし
【虎ノ門/居酒屋】
当初は神谷町のNIRVANAMにてカレーを食べようと思ったのだけれど、急な事情で場所を変更することに。土地勘がないので彷徨い続けていつの間にか虎ノ門へ。裏道を中心に良さそうな店を探す。幾つか目星を付けた中から薩摩料理の店を選択。
正直期待はしていなかったのだけれど、結果としては悪くなかった。値段が安くつまみも美味しい。
梅雨の最中のじめっと暑い日なのでまずはビール。梅たたき胡瓜に鹿児島知覧鶏のタタキ、薩摩揚げに豚の天麩羅。胡瓜はごま油が効いていてなかなか。鶏のタタキは期待以上。鶏はエイジングがないので素材勝負だが中々新鮮で良い育ちの鶏を使っていることがわかる。歯ごたえがあって噛むほどに甘みが出てくる。豚の天麩羅はやや脂が気になるところ。
2杯目からはさつま料理を謳う店に併せて焼酎を。姶良(あいら)という聞いたことのない銘柄を頼むが、香りが良くて杯が進む。とは言ってもこの店は焼酎の器が抹茶茶碗のようなものを使っているので1杯が意外と長持ち。量が多くて良いが最後は薄まってしまうのが残念だ。
料理は続けてニラ玉、手羽揚げを注文。手羽揚げといえば名古屋を思い出すが鹿児島でも食べるのだろうか。調べてみると九州にはとめ手羽という名物があるらしいが、ここで出てきたのは普通に曲がったままとめていない手羽だった。ニラ玉はミリンと砂糖が多いのがかなり甘めの味付けだ。これはこれで悪くない。
3杯目は伊佐美を注文。相変わらず大きな器を少々持て余す。
〆には鶏飯を頂く。鶏飯を食べるのは初めてだと思う。ご飯に錦糸卵やささみ、紫蘇、漬け物(奈良漬け)、アサツキを乗せて鶏ガラベースのスープを掛けて食べる。良く出汁のきいた具だくさんなお茶漬けといったところだ。比較的あっさりしているので満腹気味の胃もこれなら受け付けてくれる。
飛び込みで入った店だったが、料理も美味しく値段も安く、焼酎もレア処からプレミア物までラインナップが幅広い。

→他のグルメブログを探す
人気blogランキング
にほんブログ村 グルメブログへ




みついし居酒屋 / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


"本格薩摩焼酎 みついし(夜)@虎ノ門" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

参加ランキング