横濱こてがえし@みなとみらい

「横濱こてがえし」 【横浜/お好み焼き】 MARKISの4階にあるお好み焼き屋。休日の昼時という事で待たずに入れる店の選択肢がほぼない状態。 鹿児島産黒豚の富士焼き。日本が誇るブランド豚「鹿児島産黒豚」とイタリアの名品「パルミジャーノ・レジャーノ」。 焼いたお好み焼きの上にチーズを掛けて最後に黄身を乗せて富士山の出来上がり。 焼き方は説明によると、まず豚肉に火を通してから、鉄板に15センチほどの直径で広げ、蓋をかぶせて4分蒸し焼き。その後ひっくり返して同じように4分。 説明通りに焼くと確かにふわふわのお好み焼きが出来上がる。結構好みのタイプのお好み焼き。 明太出汁巻き玉子は、明太子に火が入りすぎており卵の仕上がりもひどくて残念。 じゃがバタチーズは時間がたつとチーズのおこげという楽しみ方ができる。 その他鉄板焼きの鉄板メニューであるソース焼きそばに豚焼きを注文。 ソースは甘すぎず辛すぎず、程よい塩梅のオリジナル。 COEDOと一緒にのんびりと楽しいランチを楽しめた。 その後はクリスマスのイルミネーションの中を赤レンガまで散歩。軽くフランスの蕎麦ビールをたしなんでから日曜日にしては遅めの帰宅。 食べログ: 横濱こてがえし (お好み焼き / みなとみらい駅、新高島駅、高島町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

玄蕎麦 野中(夜)@中村橋

「玄蕎麦 野中」 【中村橋/蕎麦】 地元で高評価の蕎麦屋へ。前回の訪問時は開店前に並んでいたため、今回も開店5分前に到着。意外なことに客は並んでおらず時間と共にすんなりと小上がりのテーブル席へ通される。 ここの売りは蟻巣の石臼で挽かれた十割蕎麦。蟻巣石の特色は推奨と石英によって形成された硬度の高い花こう岩。蟻巣石には無数の小さな巣があるため通気性がよく熱を持ちにくく、蕎麦の組織を壊さないように製粉することができるとの事。殻つきの玄そばを蟻巣の手回しの石臼で手挽きされているが1日10食限定なので夜にはなくなっている。 玄蕎麦はそばの実の殻がついている状態のもので収穫後、殻をとっていない外皮がついた状態のもの。 まずは出汁巻き玉子。 魚介天ぷら盛り合わせ。海老にキス、帆立、烏賊、穴子、蟹爪。 穴子は臭みなくふんわりとうまく仕上がっている。 鴨の陶板焼き 辛味せいろ 飲み物はひたすら日本酒。1合瓶で出てくるのでついつい飲みすぎてしまい、全4種類を制覇してしまった。 梵や墨廼江など。 つまみにかまぼこと茄子を追加で注文し大分長居をしてしまった。 食べログ: 玄蕎麦 野中 (そば(蕎麦) / 中村橋駅、練馬駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

銀座 ハゲ天 東京駅店@丸の内

「ハゲ天」 【八重洲/天ぷら】 久しぶりのランチ日記は近場で天ぷら。 天丼にするかコースにするか迷ったが、第3回 東京駅丼グランプリの7位になったという超特大海老と秋の味覚天丼に惹かれて注文。 なかなかのボリュームで、特大海老と秋刀魚が丸ごと一尾、茄子に牡蠣、玉子、ぎんなんなどが溢れ出ている。 卵は熱かろうと思って最後に回したら黄身まで火が通ってしまい失敗。 なぜ店名がハゲなのか気になっていたが、昭和3年に九段で創業した当初は「たから」という屋号だったものの、初代が禿げ頭だったため客からハゲ天と呼ばれており、銀座に2号店を出店する際に屋号も「ハゲ天」にしてしまっという潔さ。 満足なランチだったが、天ぷら屋にいくとゴマ油のにおいが体にまとわりついてしまうのが気になるところ。 食べログ: 銀座 ハゲ天 東京駅店 (天ぷら / 東京駅、大手町駅、二重橋前駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

べんてん(夜)@中村橋

「べんてん」 【中村橋/焼肉】 居抜きでちょくちょく店が変わる場所。 間口が狭くキッチンに面したカウンターを抜けると奥にテーブルが3卓と、鰻の寝床タイプのこじんまりとした店内。 白木をベースとした店内は清潔感がある。 上タン ハラミ ヒレ レバー サーロイン ザブトン(ロース)。 サーロインは薄切りで、卵黄を溶けて付けるザブトンは厚切り。 七輪の炭火焼きで、開店と同時入店だかすでに炭には火が入っている。 肩肘張らずに食べられる気軽な焼肉屋。 店員の対応も良く心地よい雰囲気。 締めはさっぱりと冷麺で。 ドリンクは白州ハイボールがあるので嬉しいところ。ワインはボトル3000円から揃っている様子。

続きを読む

魚串さくらさく 西新宿店(夜)@西新宿

「魚串さくらさく」 【新宿/居酒屋】 仕事で前々職の隣のビルに用事があったので、昔の仲間に連絡して軽く飲むことに。 小滝橋周辺で適当に案内してもらい飛び込みで入店。 かなり狭い店内で運よく最後のテーブル席を陣取る。 焼鳥ではなく、魚を串に刺して炭火で焼いてくれるちょっと面白い店。焼きだけでなく揚げも用意されている。 まずはつまみに大人のポテサラ。奥に見えるのはネギトロ巻。 天使の海老揚げにまぐろのほほ肉ネギ鮪を柚子胡椒で。 まぐろレア焼き 北海道産オスししゃも。現地ではメスばかり出荷されるので、北海道出身者にとってはこちらの方が故郷の味になるらしい。 焼き牡蠣。 〆の麺はうにそば。熱々の鉄板で出してもらえる。 メニューが豊富で目移りしてしまう楽しい店。他の店舗はもう少し広いようなのでまた別の場所で訪問してみたい。 ドリンクはちんちろが用意されており、ぞろ目でメガサイズが無料という嬉しいエンターテイメントも。 懐かしい会話で盛り上がりながら一通り飲み食いして、近くの2軒目でダーツ。 食べログ: 魚串さくらさく 西新宿店 (魚介・海鮮料理 / 新宿西口駅、西武新宿駅、西新宿駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

無二彩(夜)@鷺ノ宮

「無二彩(むにさい)」 【鷺ノ宮/もつ鍋】 宮本武蔵の父親は宮本無二斎。こちらは一字違いの無二彩。オープンから3週間後の訪問。 中杉通りを歩いてガールズバーの脇にある細い階段を登り店内へ。 細長い店で入って右がキッチン&カウンター、右にテーブル席が並んでいる。 日曜日の夜開店1時間後にアポなし訪問だったが比較的空いている。 まずはつまみで胡瓜のたたき。ごま油が効いている。 もつ鍋は3種類。まずは1人前と思って注文したら鍋のサイズもコンパクト。 赤は醤油ベースのスタンダード。白はあっさり塩味、黒はコクの黒カレー。 馬刺し三種盛り。霜降り、赤身にこうね。 明太出汁巻き玉子。明太子がたっぷりで良い食感。 牛蒡揚げ。こちらは残念ながら油の切り方と味付けがいまいち。 ハムカツは想像以上の厚切り。前半に注文すべきボリューム感。 オープンしたてという事で少々オペレーションが回っていないような所もあったが、飲食店の不毛地帯で気軽に入れて一人鍋も楽しめる貴重な店。 食べログ: 無二彩 (居酒屋 / 鷺ノ宮駅、都立家政駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

La むめい狼 練馬店(夜)@練馬

「La むめい狼(らむめいろう)」 【ダイニング/練馬】 地元での人気店。何度か訪問するものの毎回満席で断られているため、今回は口開けを狙って一番乗りでの訪問。 幸い席が空いておりすんなりと通される。店内はオープンキッチンで活気のある雰囲気。 生牡蠣はレモンかポン酢を選べる。 白エビの唐揚げ。冷凍ではなく生。そろそろ禁漁になるためギリギリセーフ。 根室産の天然本ししゃも。値段からするとカペリンのようにも思えてしまうけど、どちらなのだろう。 中トロ、五島の黒ムツ、生雲丹。どれも天然との事。奥に白子ポン酢。白子は温かい状態で出してもらえる。 季節なのでマツタケご飯と舞茸、茄子の天ぷらで締め。 意外にも天ぷらの揚げ方がなかなかうまい。しっかりと旨味を瑞々しく閉じ込めている。 アルコールは一通り幅広く用意している。 日本酒は梵の吉平を。シャンパングラスで出てきたがワイングラスならなお良し。 料理はどれも美味しく何よりコストパフォーマンスが高い。 普段はあまりコスパを意識しないけれど、ここは良かった。そして人気がある理由がよく分かる。 食べログ: La むめい狼 練馬店 (ダイニングバー / 練馬駅、桜台駅、豊島園駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

MANUEL TASCA DO TALHO(夜)@丸の内

「MANUEL TASCA DO TALHO(マヌエル タスカ ド ターリョ)」 【丸の内/ポルトガル料理】 ポルトガルの肉酒場というテーマの店に訪問。かなり久しぶりのポルトガル料理だけれど、あらかじめ飲み放題のコースを注文しておいたので迷う必要がない。 まずは料理長のおまかせ前菜7種盛合せ&パン 写真は2人分。 ・旬魚のエスカベッシュ ・大山鶏のレバームース ・生ハム ・タコのサラダ ・キャロットラペ ・トリッパのトマト煮 リスボン名物イワシのグリル ポルトガルは焼き魚を食べる文化があり、その中でもイワシが有名。日本人にとっては親近感のわく料理。 ポルトガルチキン まろやかなカレーソースがこれまた日本人の舌によくなじむ。 エスペターダとバカリャウのコロッケがコースに入っていないため、バカリャウのコロッケだけ単品で追加注文。 タコとトマトのスープご飯 デザート ポルトガル料理は蛸や鮟鱇など通常は敬遠されがちな魚介があり、焼き魚も食べられて米もよく食べるので、日本人にとって非常になじみやすいはずだけれど、なぜか専門店をあまり見かけない。 こちらはとても美味しいお店だったけれど、オフィスビルの地下というロケーションだけが残念。 食べログ: マヌエル タスカ ド ターリョ 丸の内店 (バル・バール / 有楽町駅、二重橋前駅、日比谷駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

焼鶏あきら 丸の内店(夜)@丸の内

「焼鶏あきら」 【丸の内/焼鳥】 少し前に流行った鶏焼肉もしくは串に刺さない焼鳥。前々職時代にお世話になった方とご縁あって久しぶりに。 初めて訪問する丸の内ブリックスクエアは代官山のような雰囲気で悪くない。時間があればもう少しゆっくりと散策してみたかった。 店舗のある地下はいわゆるビルのレストラン街で目指す店は端の方に位置している。店によって客の入りに大きく差があるようだった。 個室を4人で陣どって注文は全て他の方々にお任せ。 まずはいくつか盛り合わせ。七輪がセットされてから肉が用意されるまでの時間はご愛嬌。鳥は自分で焼くには加減が難しい。 名物という骨付鶏もも炭火焼。 その他いろいろと平らげて〆は鶏だし茶漬け。優しい味付けでポーションも控えめなので締めに相応しい一品。 店を出て一回お開きになったのだけれど、お手洗いに寄ってから地下街をうろうろしていたらばったりと再開してしまい、まだ9時という事もあってそのまま2回戦へと突入。 食べログ: 焼鶏あきら 丸の内店 (焼き鳥 / 二重橋前駅、有楽町駅、東京駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

焚火家 渋谷店(夜)@渋谷

「焚火家 渋谷店(たきびや しぶやてん)」 【渋谷/居酒屋】 市ヶ谷のささやはチョモランマ。大木屋はエアーズロック。そしてここ渋谷の焚火家はヒマラヤ。肉を山に例えるのはなぜだろう。人を惹きつける魅力があるという事か。 前職時代の仲間と久しぶりに。在籍期間は短かったが飲む回数は意外と多い。 懐かしいエリアで目指す店はやや明治通り沿いながらやや奥まった間口となっている。 名物、肉のヒマラヤ。これでハーフサイズ。フルサイズだと800gらしいので、その場合は4、5人いないと完食が難しくなる。 サーモン。 焼肉。 ドリンクはビールからのハイボール。 前職は色々と動きのあるタイミングなので去りし後の話を他人事で聞くのが非常に面白い。前職、前々職、前々々職と今までの3つ会社がいずれも辞めた後に買収されており、会社のカルチャーが何によって規定されるのか非常に興味が沸く。 肉を一通り平らげてから早めに近くの串揚げ屋へ移動。このあたりのエリアでは2軒目に難儀することが多い。 食べログ: 焚火家 渋谷店 (焼肉 / 渋谷駅、神泉駅、明治神宮前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Ale House(夜)@池袋

「Ale House(エールハウス)」 【池袋/ビアバー】 やきとんひなたの後に立ち寄った池袋の地下にあるビアバー。店の奥にはスクリーンとなぜかドラムセット。 ビール初心者に優しいビアマップも作られている。 甘くて重いビールに興味が沸くが実際に注文するのは躊躇する。 料理は珍しいハギスが置いてあるが一軒目で大分食べてきたので諦める。羊の内臓、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理。腸詰ではなく胃詰。 代わりにメキシカンチップスとミックスナッツをつまみながらハーフパイントでギネスなどを2杯ほど。 食べログ: エールハウス (ビアバー / 池袋駅、要町駅、東池袋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

やきとん ひなた 池袋西口店(夜)@池袋

「やきとん ひなた」 【池袋/やきとん】 前々々々職時代の仲間が家を売り払って京都に移るというので池袋飲み。会社の社長職は引き続き遠隔での経営となるらしい。 場所は池袋の西口奥にある焼きとん屋。ビルの2階で思ったよりも広くて小奇麗な店内には女性客も多い。8年前に上板橋で開業してから各地に店舗を展開している様子。 1人少々遅れての到着。一品目は刺し盛り。 COEDOの毬花。美しいネーミング。COEDOから8年ぶりに発売されたセッションIPA。 当初はドラフトのみだったが今はグリーンのラベルでボトルも小売されている。 適当に注文した串の数々 もつ煮はオプションで煮玉子入り。 鳥レバーペースト バケット付 一品料理も比較的豊富で仕事帰りに寄るのに相応しいお店。 食べログ: やきとん ひなた 池袋西口店 (焼きとん / 池袋駅、要町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

えびす 今井屋總本店(夜)@恵比寿

「えびす 今井屋總本店」 【恵比寿/焼鳥】 前々職時代の同僚&お取引先との定例会。渋谷周辺で探しつつ平日のためワインは避けて焼酎が飲める店をリサーチ。選んだのは恵比寿にある比内地鶏専門店。店内はそれ程広くないけれど2階は完全個室で、1階はカウンターにテーブル席。通されたのは1階奥の小上がりとなっている掘りごたつ席。落ち着くことができつつもある程度騒げる程よい塩梅。接待なら2階がおすすめ。1階は職場の仲間など気の置けない仲間といくのがよろし。 恵比寿の駅近ながら、普段はなかなか足を踏み入れない道。通常だと線路沿いか一本先の道に入る事が多い。 パリパリキャベツで胃を調整。中身が詰まっているかと思いきや中は空洞になっている。 残念ながら白レバーが売り切れのため通常のレバーを せせりにむねと皮の抱身。 きんかん。ちょうちんを分解した状態。卵の子供、卵巣に卵管。 姫竹の天麩羅。種子島では『苦竹』と呼ばれている琉球竹という細い竹の子。あまり見かけない珍しい品。 そういえば最近は合馬や山城の早竹を食していないので、来年はどこかで その他、つくね、ししとう、明太子炙り焼、ささみなど。焼鳥は1人1本ずつと食べる量が決められてしまう料理なので注文のバランスが難しい。大食漢にとっては物足りなく、小食にとっては多すぎる、という事態がよくおこる。 串揚げや焼鳥がお任せ&ストップ制度になっているのは、そのような理由から。 焼鳥が出されるスピードは比較的早…

続きを読む

金舌 赤坂(夜)@赤坂見附

「金舌 赤坂(きんたん)」 【赤坂/焼肉】 生粋、みすじに蹴られてしまい急きょ予約。会食で使って以来久しぶりの訪問。 個室に通されて事前に予約したコースが開始。 本日のおもてなしはガスパッチョからスタート。 雲丹のプラチナユッケ。早めにお召し上がりくださいとくぎを刺される。 雲丹と一緒に贅沢に肉をそぎ取って食す。 はちの巣と夏野菜の南蛮漬け。 夏野菜は茄子、トマト、パプリカ、ミョウガ、ミニ玉ねぎ、ゴーヤなど。 メイン。30日熟成タン。 ランプの握りと大トロ炙りの握り 牛しゃぶしゃぶ。 テーブルのIHは使わずに着火剤でのしゃぶしゃぶ。 なかなか火が通らず、すべての肉がなくなる前に火が消えてった点がいまいち。 黒毛和牛フィレステーキ。 そろそろ胃が悲鳴を上げ始める。 フォアグラとトリュフ土鍋ご飯。 締めとしては中々の重さ。 金舌といえば生肉が食べられなくなる時期に名が売れたお店。一品一品はとても美味しく店員の方のサービスも行き届いて赤坂らしく接待にはとても良いと思えるお店。 残念なのはコースの組み立て。ポーションが多い中で肉が続いたためしゃぶしゃぶ以降はややもたれぎみ。 ご飯はおにぎりにしてサンドイッチもお土産でサービス頂いたので満足度は高いのだけれど、コースの組み立てをもう少し工夫してもらえると更によくなる気がする。 食べログ: 金舌 赤坂 (焼肉 / 赤坂見附駅、赤坂駅、溜池山王…

続きを読む

EVINO(夜)@桜台

「EVINO(エビーノ)」 【桜台/イタリアン】 意外と良きお店が多い桜台。海老料理が自慢の店へふらっと当日予約で伺ってみる。練馬周辺で店舗を展開している株式会社ボウチラのグループ。 店内は狭めで事前の情報通り女性店主が一人で切り盛りしている。開店同時の入店で先客はカウンターに一名のみ。 奥のテーブル席に通されてメニューを物色。 前菜の盛り合わせ。ハーフ。 甘海老のアヒージョ。頭から殻のままいける。 秋刀魚のコンフィ。今シーズン初の秋刀魚。今年は豊漁らしいので食べる機会も多くなりそう。骨まで軟らかく頭と尾以外はそのまま全て頂く。 丸ごと有頭海老のエビカツ。これはいまいちで衣の配合が好みに合わなかった。 骨付き仔羊のロースト ローズマリー風味。最後に食べるにはやや重たかった。 その他にトマトとモッツァレラのパスタなど。 ドリンクはビールのみに抑えておきつつ料理を楽しんだ。電車の乗って再訪するほどではないけれど家の近くにあれば帰りにふらっと立ち寄ってしまう雰囲気のお店。 食べログ: EVINO (イタリアン / 桜台駅、練馬駅、新桜台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

石臼挽きうどん しゅはり(夜)@錦糸町

「しゅはり」 【錦糸町/うどん】 司法試験時代の受験生仲間と錦糸町にて定期飲み。地の利が全くないので食べログを参考にうどん居酒屋をチョイス。 何でも小麦粉を石臼で挽いて作ったうどんを食べさせてくれる居酒屋で、江戸時代にはうどんはこのように作られていたらしい。 錦糸町の北口を進み、一本裏手の通りに入ってビルの地下を降りていく。店内はそれ程広くはないので直ぐに一杯になってしまう。 まずは造りの盛り合わせ。意外といいものを仕入れている。 平打ちうどんの刺身は山葵醤油で。 鴨焼きは山椒をまぶして頂く。 鯛のカマ焼き。 一品料理はどれも美味しく、日本酒が進むメニューばかり。 日本酒が半合で頼めるのもうれしい。試しに口開けのボトルがないか聞いてみたけれど、残念ながらこの日はなかった。 暑い日が続いているので生生を飲みたかったけれど、あいにく愛知の長珍という蔵の純米阿波山田錦65無濾過生詰のみ。 後で調べてみると雄町の生も作っているらしく、一度飲んでみたい。 そしてメインのうどん。見た目は太い蕎麦のよう。 『江戸時代を代表する麺類といえば「蕎麦」。 ただ、江戸の町に蕎麦屋が増えてきたのは江戸時代が始まって150年以上経ってからと言われています。 それまでは「けんどん屋」と呼ばれるうどんを出すお店が主流でした。 室町時代から脈々と受け継がれてきたうどんの歴史は、800年以上経った現在でも私たちの食卓を彩っています。』ということらしく、こだわ…

続きを読む

リザラン 新橋店(夜)@新橋

「リザラン」 【新橋/バル】 緩めの職場飲み。夏なのでビアガーデンもよいかと思いテラス席のあるスペインバルへ。 到着して気づいたのだけれど、今年は記録的な酷暑。夜とはいえ熱気が残っており選択を誤った。 一応、店内席が空いていないか確認したものの満席との事なので、仕方なく外に陣取る。 ただ、ビールはリザランドラフトというアウグスビールが醸造したオリジナルのクラフトビアを飲むことができる。 前菜 ・ガーリックトースト ・ハモンセラーノ ・モルタデッラ ・トルティージャ ・枝豆 ・オリーブ盛り合わせ 温菜 ・フランクフルターブルスト ・ポテトフライ ・オニオンリング ・海老のフリット メインディッシュ ・鶏もも肉のチリンドロンと季節野菜のスピエディーニ チリンドロンはスペイン、アラゴン地方の煮込み料理でトランプゲームの名前らしい。カラフルな見た目からそう呼ばれているのだとか。スピエディーニは竹串にさした串焼き料理の事らしい。 もう少し気温が低ければ悪くないのだけれど、この暑さの中で飲むのはなかなか厳しい。 食べログ: リザラン 新橋店 (スペイン料理 / 新橋駅、内幸町駅、虎ノ門駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

居空間 タイ料理&パクチー酒場(夜)@練馬

「パクチー酒場」 【練馬/タイ料理】 いっぷくの後に面白そうな2軒目を求めて練馬の街を彷徨い歩く。 と、表通りから細い路地の入口に看板を発見。表からは店の様子を全く窺い知れないため突撃してみる。 古民家を改装した一軒家で店内は比較的広いものの、先客は女性グループ1組のみ。 「趣がある」という形容詞がぴったりな雰囲気。 東南アジアのボトルビールが幾つかあったので、この中から頼もうとすると、なんとこれらのボトルビールはやめてしまう予定という事でほとんど在庫なし。 仕方ないので、東南アジアのハードリカー?リキュール?が3種ほどあったのでそれぞれソーダ割りで。どれも癖がなく飲みやすい。 お通しのえびせんが美味しく、酒がよく進む。。 まずはつまみ的なメニュー。 ガパオライスと、数種類の串の中から店員のお勧めを2本注文 麺的な何か。 タイ料理は全くの門外漢でメニューの写真も取り忘れたので注文したものが何なのか全く分からず。 ただ門外漢も受け入れてくれるような食べやすい味付けだったことは確か。 フロアの女性店員の方も非常に心地良い接客で2軒目での飛び込みは結果的に成功。 食べログ: 居空間 タイ料理&パクチー酒場 (居酒屋 / 練馬駅、豊島園駅、桜台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

炉端 いっぷく(夜)@練馬

「炉端 いっぷく」 【練馬/居酒屋】 前職時代の同僚とお取引先との練馬飲み。残念ながらお取引先は急きょ来れなくなってしまい二人で炉端焼きへ。 場所はかなりマイナーな場所で周辺は完全な住宅街。飲み屋を探してうろつく場所ではないので、飛び込みの客はほとんどいないと思われる。 2名になったので異常な暑さの中で炉端の目の前にあるカウンターへ通される。 ビールで喉を潤して、まずは鰻の白焼き。 珍しいダチョウの叩き。オーストラリア料理店でお目にかかって以来かもしれない。 赤身でクセがなく、馬刺しに近い味わい。濃いめの醤油に山葵で。 軍鶏の四点盛り。手羽、レバー、モモ、ささみ。 炉端焼きの店なのに肉一辺倒の注文。 唯一鱧を頼もうとしたものの残念ながら品切れ。 2名のためあまり多くの料理は頼めず、2軒目は別の店に移動することになって、これで打ち止め。 ドリンクはビールの後はハイボール。いまやレアなメニューとなった白州が置いてあったのでここぞとばかり連続で。 ネット上ではプレミアが大幅についてしまっているので、飲食店でボトルを注文した方が安上がりになるかもしれない。 食べログ: 炉端 いっぷく (居酒屋 / 練馬駅、桜台駅、豊島園駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

一都(夜)@練馬

「一都(いっと)」 【練馬/焼肉】 2週間前にオープンしたての焼肉屋。地元情報サイトで知ったが、食べログにもぐるなびにも掲載されていない。直前に電話を掛けて19時から予約を取って2階へと通される。店内は既に活況な様子。 店員のホスピタリティが良く心地よい店。客の様子をよく観察しており呼ぼうと思うタイミングで向こうから声を掛けてもらう事数回。 煙が全くでないロースターで脂は全て下に落ちるタイプ。 薄切り極みタン みすじ 霜降り炙り握り ざぶとん 焼きシャブ ともさんかく、マルチョウ。マルチョウはリアルな状態で登場し、ハサミで好みの大きさに切ってから焼くタイプ。 牛蒡と山芋のキムチ 赤身の握り がっつりリブロースで〆 接客レベルが高く非常に心地よく時間を過ごすことができた。 食べログ: 焼肉一都 (焼肉 / 練馬駅、桜台駅、豊島園駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング