ちゃんぷるぅ家(夜)@銀座

「ちゃんぷるぅ家」 【銀座/沖縄料理】 沖縄好きによる沖縄料理屋での飲み。1軒目でお目当てのナーベラーが食べられなかったので、代わりにヒージャーがメニューにあるこちらへと移動。 リトル沖縄の系列店ということで安心できる。 1軒目でボトルを空けて、こちらでもボトルを空けてしまう。 そしてなんと肝心のヒージャーが品切れとの事。 あまりのショックでこの店での記憶が途切れ途切れになっている。まあ半分はアルコールによるものではあるが。 今まで飲んだことのなかったハブ酒に挑戦。テキーラを思わせるような風味で、意外と美味しい。 あとは沖縄そばや人参しりしりを食べたような気もするが、記憶も記録もないため定かではない。 沖縄料理屋をはしごしたにも拘わらずナーベラーとヒージャーに出会えなかったちょっと残念な沖縄会。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイント プロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング ちゃんぷるぅ家 (沖縄料理 / 銀座駅、銀座一丁目駅、有楽町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

琉球食酒館(夜)@銀座

「琉球食酒館」 【銀座/沖縄料理】 沖縄好き仲間5名で。 みな夏の沖縄旅行を終えからの集まり。 ナーベラーとタームが食べたかったので事前にメニューを確認してからの予約。 別の店でビールと日本酒を入れてから遅れて参戦。 ユニクロの裏手、ビルの地下に位置する沖縄料理屋で、沖縄料理激戦区の銀座にて2018年の12月にオープンしたばかり。 運よく個室がリザーブされているので心置きなく飲むことができる。 遅れて行ったため既に宴は始まっていた。早速メニューを見てナーベラーチャンプルー、ナーベラーストゥーを頼もうと思ったらなんとナーベラーが入っていないとの事。夏野菜なのでまだ旬だと考えていたら思わぬ落とし穴。 気を取り直してメニューを吟味。比較的バリエーションが豊富なラインナップとなっているが、定番どころで攻めることに決定。 スクガラス豆腐。 ジーマミー豆腐。 アーサの天麩羅。 タームのコロッケ。本当はドゥルワカシーが食べたいのだけれどこれは中々置いてある店に出会う事ができない。 そしてグルクンの唐揚げ。 一通り定番メニューを食べつつ、ドリンクは途中から泡盛のボトルへ。 ただし度数は控えめでまろやかな古酒をチョイス。5人いるので直ぐに空になってしまう。 ナーベラーが食べられなかったのが悔やまれるため、急きょ近くでヒージャーを食べられる沖縄料理屋へ移動することに。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペ…

続きを読む

あきしの(夜)@銀座

「あきしの」 【銀座/和食】 飲み会開始まで少々時間があったため先に到着した者同士で飛び込みで。並木通りと赤レンガ通りの間にあるかなり細くて暗い裏路地の地下にあるお店。カウンター6席にテーブル2卓で大将と女将さんが2人で切り盛りしている雰囲気の良い大人の居酒屋。 まずはビールを頼んでからのお通し。 丁寧に盛り付けられた小鉢は鯖鮨にコーヒーで煮た栗など、手の込んだ一皿。 つい日本酒が飲みたくなってしまい久しぶりに福井の梵を。 メニューは色々と目移りするものが多かったが鯨の黒胡椒焼きを。 ミンクだそうで出色の味わい。大将が言うにはミンクの尾の身は最高との事。 しばらく鯨雑談をしつつ、 「IWC脱退したので南氷洋以外なら調査以外で鯨が取れるようになりますね」と話したら、 ニコニコしながら「でも取っても食べてくれる人がどれ位いるのかね~」とのこと。 世の中的には鯨が食べたい人ばかりでもないのだということを、感じ取られていた様子。 2杯目の出羽桜を飲みながら鱧もつまみたかったところだけれど、すでに飲み会の方が始まってしまっているので、後ろ髪をひかれながらの退散。 飛び込みで久しぶりによき店を発見できた。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000…

続きを読む

焼肉 銀座コバウ(夜)@銀座

「銀座コバウ」 【銀座/焼肉】 食べログでの評価が高かったので以前から気になっていた焼肉屋を新規開拓。8階は個室らしいけれど今回は5階の通常フロアへ。 アラカルトで頼んだコバウロースと上タン塩。タンが非常にきれいな色。 ここからはコースでまずはサラダ。 前菜3種。これはキムチが少々物足りない。追加で注文しても良かった。 本日の一品は網で焼いたパンに炙ったリブロースを乗せてタレと卵黄を掛けてくれる。 店員の方がテーブルで作ってくれるため、焼く前の写真を撮るタイミングがなく、1枚はお店のWebから拝借した写真。 シャトーブリアンと上タン。どちらも塩味なのでレモンで頂く。 サーロイン一枚切りは店員の方が焼いてくれる。卵黄に絡めて。 赤身肉はランプとクリ。気がせいてしまい、つい焼く前の写真を撮り忘れてしまう。 真っ白できれいなテールスープには梅干しが隠れている。 タレでハラミとトモサンカクが登場。ハラミの二口目は柚子胡椒、トモサンカクはポン酢で野菜を巻いて味のアレンジ。 すき焼きはチゲ風か和風か選べるので和風をチョイス。 ここまでで大分ボリュームがあるので、少々きつくなってくる。ライスのサービスがあるのだけれど丁重にお断り。 冷麺は通常か坦々冷麺を選ぶことができる。ハーフサイズで助かった。 最後のデザートはレモンのゼリーでさっぱりと。 銀座の高級店らしくビルの中で窓のな…

続きを読む

魚牛(夜)@東銀座

「魚牛」 【銀座/和食】 前々職からお付き合いのある仕事仲間と打ち合わせの後に食事。先方の行きつけという事で東銀座の和食屋へ。 この辺りはあまり来ないので土地勘がなく、パッと見で飲食店があまり見当たらないのでお目当ての店がないと入る店を探すのに難儀しそうなエリア。 今回の魚牛はその名の通り、地魚と熟成黒毛和牛を売りにしたお店。場所は歌舞伎座の裏手、ビルの地下1階に位置する。階段を降りて店に入ると意外と広く余裕を持った造りとなっている。いわゆる銀座の和食店でよく目にするタイプ。大きなカウンターの後ろにテーブル席が幾つか。 今回はカウンターの端に通されてまずは生ビール。 お通しは早速お店のコンセプトを体現する魚と牛肉の合わせ盛り。 カマンベールチーズの味噌漬け 何のサラダか失念。蟹サラダかな。 刺身の特盛 週中なので控えようと思っていたが我慢できずに日本酒スタート。 チェイサーとして白州ハイボールでセーブしながら。ただしセーブではなくブースとになっていた可能性もあり。 穴子の白焼き 黒毛和牛赤身 クリームチーズやっこ さつま揚げ 炙り明太子 どれも奇をてらっておらずに、素材の美味しさをそのまま引き出すような料理となっており、日本酒に相応しい品々。 ポーションも適度なので少人数でも楽しめる。 早めに入ったにも拘わらずカウンターで長時間居座ってしまった。 お得な予約はこちらから【食べログ】予…

続きを読む

ワイン懐石 銀座 囃shiya(夜)@銀座

「ワイン懐石 銀座 囃shiya」 【銀座/和食】 以前から気になっていた銀座のカウンター和食店へ。松屋の2本裏手でひっそりと地下に位置するお店。 店内は小振りで赤い椅子のカウンターと半個室が一部屋。 コースが中心のお店だけれどアラカルトで。 先付は海苔と山葵が効いたジュレが乗った豆腐のような一品。 鱧の造りは氷が解けて崩れやすいので早めに食す。梅肉ソースでさっぱりと。 旬の魚とお野菜の盛り合わせ菜園風は見た目が鮮やかで、2種類の白身と共に色々な野菜を楽しめる。 レタスのステーキはレタスがメインで肉が脇役。むしろ肉がなくても良いくらい。 3品で満腹になってしまったが、色々と気になるメニューが多かったのでコースにしても良かったかなと後悔。 ハヤシライスが有名らしいのだけれど、これも味わえなかった。 ドリンクはワインが豊富で特に国産ワインも取り揃えている。 週中なのでビール中心だったけれど折角なので1杯だけグラスの白を頂いた。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイント プロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング ワイン懐石 銀…

続きを読む

銀座 玉ゐ(夜)@銀座

「銀座 玉ゐ」 【銀座/穴子】 旬直前の穴子を食しに銀座へ。バーニーズの入るビルの4階。金曜日の飲食店フロアとしてはやや人が閑散としており予約をしなくても飛び込みで行けそうな雰囲気。ここ銀座 玉ゐは国産天然穴子の中でもめそという小振りの穴子を使うお店で本店は日本橋にある。 テーブル席へと陣取ってまずはう巻ならぬあ巻。 穴子以外の箸休めに頼んだ海鮮サラダ。思った以上に美味しく直ぐに平らげてしまう。 穴子の湯引き。穴子本来の甘味が引き立つ出色の一品。穴子の美味しさを堪能できる。 夏の間しか提供されない穴子の刺身。 箸休め二品目。 定番の白焼き。脂が引き立つ味わいで湯引きや刺身とはまた異なる美味しさが引き出される。 穴子のからくり焼き。いわゆるエンガワの部分という説明。初めて食べる味。 定番の天麩羅。天麩羅は大ぶりの穴子の方が好み。 旨味が凝縮された一夜干し。 最後に〆の中箱を。これは合いのせとして煮上げ1枚、焼き上げ1枚ずつが乗った贅沢な〆。 十分堪能したと思ったがノレソレが見当たらなかったことに後から気づく。 メニューに載っていれば頼んでいたはずなので、元々なかったのだと思いたい。 銀座 玉ゐ (あなご / 銀座駅、東銀座駅、日比谷駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

TOKYO CRAFT LAND(夜)@銀座

「TOKYO CRAFT LAND(トウキョウクラフトランド)」 【銀座/ビール】 急きょ銀座で飲むこととなり、ネットで引っかかったお店にダイブ。 2名で入れるか聞いたところ最初は難しそうな雰囲気だったが、6人卓になっていたテーブルを一つ切り離して席を用意してもらう。入って左側のオープンフロアに通されたが右側に個室がある様子。 入店のタイミングでは空いていたが、気づけばいつの間にか満席となっている。 アンチョビきゅうりをつまみながら相手を待つ。 鰹のカルパッチョ ローストチキンはハーフで。オリジナル/スモーク/スパイシーの中からスモークを選択。 ビールは496、COPELAND、on the cloud、Afterdark、よなよなエール、BROOKLIN LAGARを一通り飲んだ後は、ひたすらよなよなで。 以下はお店からの説明を引用。 496 ビールの無限の可能性を追求した、既存のどのビアスタイルにも属さない、スプリングバレーブルワリーのフラッグシップビール。究極のバランスで、強い個性と飲みやすさを両立。エールのような豊潤さとラガー(低温熟成ビール)のようなキレ、IPAのように濃密なホップ感。甘味・酸味・苦味の究極のバランスと深い余韻が楽しめます。 COPELAND W. コープランドの名を冠した、新次元のピルスナー。一杯目にはもちろん、他のビールを楽しんだ後にもまた無性に飲みたくなる「立ち返る場所」となるビール。麦芽の旨味と…

続きを読む

焼ジビエ 罠 八丁堀(夜)@八丁堀

「焼ジビエ 罠 八丁堀」 【八丁堀/ジビエ】 2018年最後の忘年会は暁星時代の仲間と八丁堀にてジビエ焼肉へ。一本裏手の通りに入るのでやや分かりにくい。間口も狭く店内もそれほど広くはない。3人のためカウンターに並んで座る。寒い日に七輪が目の前にあると非常にうれしい。 つまみには鹿ユッケとジビエコンカン。ユッケは生ではなく低温調理がされている。ジビエコンカンは程よい辛さで酒がよく進む。 蝦夷鹿の3点盛りはランプ(いちぼ)、うで(みすじ)、バラの3種。それぞれの部位は異なる個体で大きさが違うため肉質も異なるとの事。この日は残念ながらロースがなかった。産地は白糠。 この店はタレがなく、肉の旨味を味わうために薬味のみでの提供となっている。山ワサビ、辛味噌など。バラのみ下ごしらえで味噌にあえてある。 淡路産猪豚の3点盛りはハラミ、ハツ、カルビ。味は豚肉に近いがハツはなかなかのパンチ力。。 雉のモモ肉。ムネよりもクセは少ないだろうとの判断だったが、味は鶏肉に似ており、キジバトのような癖もない。 愛知産の鶉はキッチンで焼かれての提供。半身だがなかなかリアルな姿。鶉は旨味が濃厚で好きな肉の一つ。 最後はネタとしてウリ坊を注文。猪の子供で非常に愛くるしい動物。羊でいうラムのような位置づけか。 奇しくも来年は猪年なので縁起もよい。 どれもジビエマニアの方々にとっては物足りないかもしれないが、自分にとってはちょうど良い塩梅。 ドリンクはビー…

続きを読む

宮新(夜)@銀座

「宮新(みやしん)」 【銀座/焼鳥】 二軒目を求めてコリドー街を彷徨う。ふと目に留まったのが名店の宮新。訪問したいと思っていた店だったので、ダメもとで覗いてみたところ5名で入る事が出来た。おそらく22時近くだったので最後の入店客。 もはやいい感じに出来上がっていたので、お任せで3人分の串を順に出してもらいつつ、日本酒をボトルで2本。 どれも美味しいと思った記憶はあるものの記録はこの1枚のみ。 手前はレバーと思われる。 流石に勿体ない使い方をしてしまい、お店にも申し訳ない。次回は1軒目としてきちんと訪問したいところ。 伊達鶏を使う中目黒「鳥よし」の姉妹店なので昔の目黒「鳥しき」を思い出す。 そして、閉店で追い出された後も近場のおでん屋へはしご。結局3軒で飲んだくれてしまったが楽しかったのでよしとする。 食べログ: 宮新 (焼き鳥 / 銀座駅、新橋駅、日比谷駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

うしごろ@銀座

「うしごろ」 【銀座/焼肉】 ランチの最終時間で銀座のうしごろへ。西麻布に比べるとやや狭めの店内だが、店員の方のサービスはかなり高め。 最近は注文が面倒になりコースで頼むことも多くなっているが、この日はアラカルトで楽しむことにする。 キムチの盛り合わせ3種。 究極の黒タン 厚切り。レモンか青唐辛子味噌で。 ザブトンの炙り握り 好物のイチボと上ヒレ。本当はシャトーブリアンが食べたかったのだけれど残念ながら入荷されておらず、上ヒレを勧められた。どちらも塩で。 ザブトンのすき焼き。どの焼肉屋でもすっかり定番。 霜降り肉から上ミスジを選択。 赤身の厚切りステーキ。塊のまま店員さんが焼いてくれて、その場でカット。 ゲランド塩、山山葵の醤油漬け、ステーキソースからお好みで。 その他、ポテサラやエシャレットの浅漬け、韓国のり、カレーなどを注文して〆。 最近はよろにく系がすっかりご無沙汰なので今度は生粋、みすじあたりを訪問したい。 そして、ドリンクを注文する中で衝撃的な情報を店員の方から告げられる。サントリーの白州が終売という情報だった。 たしかに購入しようと思っても見当たらないと思っていたけれど、国産では珍しく思い入れの強い好きなブランドだっただけに事実なら非常に残念。 その後、仕入れた別の情報によると海外ニーズが大きいため国内で品薄になっている様子。 食べログ:焼肉 うしごろ 銀座店 (焼肉 / 銀座一丁目駅…

続きを読む

尾崎牛焼肉 銀座 ひむか(夜)@銀座

「尾崎牛焼肉 銀座 ひむか」 【銀座/焼肉】 29(にく)の日を待たずに昨年の渋谷いのうえ以来の尾崎牛。銀座東急プラザにある焼肉屋へ。意外にも個室で当日の予約が取れたので訪問。 土曜日の夕方という割には東急プラザが閑散としており、レストランも一部を除いて客席に余裕があるように見える。 牛タンは国産薄切り、国産厚切り、本日の牛タンの三種類。本日の牛タンを注文したところこれはUSという事が判明。ミスチョイス。 生肉三種盛は赤身刺、ユッケ、タタキ。 生食用牛肉取扱認可を取得しているため、新鮮な尾崎牛を生で食すことができる。 富山の事件を受けて定められた規格基準は以下の通り。 1、対象  生食用食肉として販売される牛の食肉(内臓を除く。) 2、成分規格   腸内細菌科菌群が陰性であること 陰性確認の検査記録を1年間保存すること 3、設備及び器具  他の設備と明確に区分され、器具及び手指の洗浄及び消毒に必要な専用の設備を備えた衛生的な場所で、清潔で衛生的かつ洗浄及び消毒の容易な不浸透性の材質の、専用の器具を用いること。 4、加工方法  枝肉から衛生的に切り出された肉塊を、速やかに気密性のある容器包装に入れ、密封し、肉塊の表面から深さ1cm以上の部分までを60℃で2分間以上加熱する方法又はこれと同等以上の方法で加熱殺菌後、速やかに4℃以下に冷却すること。  また、加熱殺菌に係る温度及び時間の記録を1年間保管すること。 5、調理方法  4.の加工がなされたも…

続きを読む

焼肉ほりたん(夜)@銀座

「焼肉ほりたん」 【銀座/焼肉】 休日に急きょ思い立って焼肉へ。まずエリアを銀座に定めてから店選び。当初はうしごろにしようと思ったけれどあいにく予約が取れず、次点のほりたんへ電話をして口開けから2時間ならという事で押さえることができた。 数寄屋橋の交差点という良い立地。昔はここに天壇があったような気がするのだけれど気のせいだろうか。 店に入ると通されたのは一番奥の個室。時間制限があるとはいえ良い席が取れた。 この店の売りは肉の切り方ということで、それぞれの部位のカット方法や隠し包丁の入れ方に拘っているとの事。 まずは珍しいサーロインの薄切り。特製割り下にくぐらせた大判薄切りサーロインをかるく炙ってすき焼き風に溶き卵で頂く。 近江牛 究極10種盛り。霜降りから赤身まで10種類の部位を楽しめる盛り合わせ。 特選厚切りタン。根元の霜降り部分。檸檬タレにて。 イチボ。赤身と脂のバランスが取れた霜降り。何も付けずにそのままで。 ランプ。モモ系のなかでも味が濃厚なお尻の部分。ポン酢にて。 サーロイン。先ほどの薄切りとはまた異なる味わい。ポン酢で。 ザブトン。肩ロースの霜降り。山葵で。 トモサンカク。シンタマという外モモの霜降り。山葵で。 特上フィレ。ポン酢にて。 ウチモモ。モモの内側で赤身の旨味を純粋に味わえる。甘口たれで。 巻ロース。肩に近い細かな霜降り。甘口たれで。 シキンボ。外モモの赤身部分。ウチモモと同様に赤身好きならお勧め。甘口たれで。 別途で…

続きを読む

ちゃんこ玉海力(夜)@銀座

「玉海力(たまかいりき)」 【銀座/鍋】 1996年にオープンした広尾店が今年の9月に惜しまれながら閉店した有名店。武蔵小山に住んでいた際にも近所にあったので気にはなっていたものの、今回の銀座店が初の訪問。 店の入り口では土俵が出迎えてくれる。月前半の木曜日にしては中々の盛況ぶりで店内は満席状態。窓際の席が人気なのだけれど予約時には既に埋まっていた様子。 まずは馬刺しに刺身の盛り合わせ、つくねなどをつまみながらのビール。 とにかく盛況すぎて店員さんが呼んでもなかなか掴まらないのが難点。 とはいっても、数年ぶりの会合だったこともあり飲み食いよりも、会話が盛り上がってしまい写真を撮ることをすっかり失念。 ちゃんこはお勧めの塩味を選択。 色々とつまみを食べた後だったこともあり、塩味で正解。とはいってもしっかりとした出汁の味わいが感じられる。 元々は夏期限定ちゃんことして3年かけて開発されたメニューだとか。 とにかく塩味の鍋は難しいらしく、具材も他の味とはあえて違えるというこだわりよう。 最後の締めはちゃんぽんで。 本来なら日本酒が進みそうなところではあったけれど、木曜日という事で控えめにしておいた。 食べログ:ちゃんこ 玉海力 銀座店 (ちゃんこ鍋 / 東銀座駅、銀座駅、築地市場駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

ひら井(夜)@銀座

「ひら井(ひらい)」 【銀座/鰻】 知人に紹介された天然鰻が食べられるお店へ。銀座のかなり分かりにくい場所にあり、テーブル数隻にカウンターという小さな店構え。同じ銀座に穴子専門のひらいというお店があるものの全く関係ないらしい。 花わさびの和え物 炙り〆鯖 鮟肝 白身はかわはぎと迷いつつ鯛の昆布締め まだち メインの鰻。まずは肝串 そして蒲焼ではなく白焼き 吉野杉の樽酒。これも知人に紹介されてとてもお勧めされたもの。雄町の山廃純米、精米歩合68%という事でかなり重いのではないかと思ったが、飲み口は非常にまろやか。杉の香りが立っており、味わいも温度が上がるにつれて鰻に相応しいまろやかさと変化していく。 次回は下り鰻の時期に訪れたい うなぎ ひら井 (うなぎ / 銀座一丁目駅、銀座駅、有楽町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Pais Vasco(夜)@銀座

「Pais Vasco(パイスバスコ)」 【銀座/バスク料理】 2017年はバスク料理からスタート。チキテオという飲み歩き(晩酌)文化を持ち、タコなど豊富な魚介類を食材にするスペインは日本人にとって親近感が沸く国。その中で今回はバスク料理を食べに銀座まで。ここはミシュランのビブグルマン賞を受賞したお店。 スペインといっても文化的にはかなり独立色が高く、歴史的には一つの国になっていてもおかしくない地域。 寒い時期に1階のテラス席だったので不安だったけれど、ビニールカーテンとヒーターとアルコールのおかげで、それほど気にならず。 まずはバスク地方のビール、パゴアのレッドエールから。 ギルダというピンチョスの起源。ギンディージャという青唐辛子のピクルスとアンチョビ、オリーブ。辛さと塩気と酸味が一体となった最高の酒のアテ。 シェフが働いていたバスクの三つ星レストラン「マルティン・ベラサテギ」のスペシャリテ。フォアグラ、穴子、リンゴのミルフィーユ仕立て。バルでこういう料理が食べられるのは面白い。 バスク伝統 カニの甲羅焼き。 バカラオのピルピル。このタラは大西洋産を空輸しているとのこと。 2杯目以降はチャコリというバスク地方の辛口な微発泡ワイン。 ワイングラスではなく、大きめのロックグラスに高いところから泡立てて注がれる。単なるパフォーマンスではなく若い酒のためこの時に一気に空気と混ぜ合わせる。 久しぶりに美味しくて面白いといういう店に出会え…

続きを読む

MARUGO(夜)@銀座

「MARUGO(マルゴ)」 【銀座/ダイニングバー】 暁星時代の仲間と銀座のみ。マルゴといえばふつうは新宿だと思うが、こちらは銀座にあるお店。新宿店とは特に関係ない様子。 雑居ビルのなかに入っているが、看板が○五という表記なのでわかりずらい。 入口側はバーのような雰囲気で奥に半個室のテーブル席がある落ち着いた店内。 相手が遅れていたので先に一人で飲み始める。 スモークタン 砂肝 場所柄かサラリーマンが多く、比較的落ち着いて飲める雰囲気。 ただ酒と料理の種類が少ないのが残念。 マルゴ (ダイニングバー / 銀座駅、有楽町駅、日比谷駅) 夜総合点★★☆☆☆ 2.5

続きを読む

北大路(夜)@銀座

「北大路(きたおおじ)」 【和食/銀座】 銀座の個室で今季初河豚を。 店内は落ち着いた雰囲気だが、それほど格式が高すぎずにちょうど良い塩梅。 前菜。黒ゴマ豆腐 馬肉つみれ 穴子押し寿司 雲丹紅葉真丈 大豆チーズ 蛸唐揚げ 酢取り金美人参 葱姑煎餅と蓮根チップ 牛蒡きんぴらゴマまぶし お造り。とらふぐと旬魚のお造り 小鍋。とらふぐ鍋 味噌仕立て 肉物。和牛のステーキ 一品物。とろみ湯葉フカヒレ餡かけ 揚げ物。とらふぐの唐揚げ しし唐 酢橘 食事。炊き込みご飯 止椀 香の物 季節のデザート 河豚を食べながら、日本酒と焼酎をのんびりと味わえた。 店を出た後は散歩がてらキルフェボンへ。街にはそれぞれ似合う季節があるが、銀座は何と言っても年末の休日が心地よい。 個室会席 北大路 銀座本店 (懐石・会席料理 / 新橋駅、内幸町駅、銀座駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

T BAR(夜)@日比谷

「T BAR(ティーバー)」 【日比谷/バー】 落ち着いて飲めそうな場所という事でチョイスしてもらった日比谷の店。何軒も電話を掛けてもなぜかどこも一杯で当日にようやく席が確保できた。 酒の種類は薄く広く、料理のバリエーションも比較的多いため、広い層に受けそうなコンセプト。 ただし料理はなぜかベトナム風味に寄っているものが多い。 茹で豚の大蒜ソース掛け 九州フェア開催中ということでその中から、ピーナッツ胡麻塩付き 茹で野菜、赤茄子の山椒ソース掛け 、叩き割り牛蒡の唐揚げを注文。 海老のすり身のレモングラス巻き この日は銀座の街が珍しく夜遅くまで賑わっていた。2軒目も何とか滑り込んだが閉店時間に追い出されて、健康的に終電にて帰宅。 Bar&Dining T BAR (ダイニングバー / 日比谷駅、有楽町駅、銀座駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

方舟大吟醸@銀座

「方舟大吟醸(はこふねだいぎんじょう)」 【銀座/和食】 北陸の日本酒が飲める店へ昼間から訪問。掘りごたつ式の個室には真ん中に囲炉裏があって、なかなかよい雰囲気を醸し出している。 前菜 中島菜のお浸し 能登鶏松風 豆腐チーズ 妙高ゆき海老雲丹焼き 鱸の昆布〆 造り もち豚タン柔か煮 岩魚の塩焼き 甘海老一夜干し 蛍烏賊一夜干し 牡蠣 越後牛 氷見うどんで締め。 いろいろな日本酒を味わったはずだが、メモを忘れたため何を飲んだかすっかり忘れてしまった。 日本酒スローフード 方舟 大吟醸 いろり (懐石・会席料理 / 新橋駅、銀座駅、内幸町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

のとだらぼち(夜)@銀座

「のとだらぼち」 【銀座/居酒屋】 世界を飲み干す会の忘年会2次会。特にあてもなく店が閉まる時間の早い銀座エリアをさまよいながら飛び込んでみる。なぜか客が一人もおらず不安な心持で貸切状態に。 北陸の日本酒は大好きなので、当然、日本酒を頼みつつ、まずは定番の寒鰤を刺身で。 その後も白子に鮟肝、もみ烏賊の天ぷら、このわたなどなど日本酒のためにあるような料理を頂く。 意外なところでは酒粕に漬けたチーズもなかなか。 残念ながら写真はなめろうのみ。 健康的に終電で帰宅。 のとだらぼち (日本酒バー / 新橋駅、銀座駅、内幸町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Kollabo銀座店(夜)@銀座

「Kollabo銀座店(コラボぎんざてん)」 【銀座/韓国料理】 世界を飲み干す会。2014年の忘年会は韓国料理。さまざまな店の味を楽しめるというコンセプト。ちょうど真冬のような寒さの日だったので韓国料理で温まることを期待して訪問。店は小さ目で小奇麗な内装。女性客の比率が非常に高い。 まずはビールを飲みながらサクラユッケとカンジャンケジャン。 2杯目はマッコリを飲みながらのトッポギ。 次は焼酎を飲みながら、サムギョプサル。 その後はワインをボトルで数本。すでにちゃんぽん状態で危険な予感。 丸腸を焼いたり、チヂミをつまみながら、最後は鍋。カムジャタンがなかったので、アルタンというたらこの海鮮鍋。わさび醤油につけて食べるという面白いスタイル。 ちょうど食べ終わった頃に最後のメンバーが合流したので2軒目へと移動。 KollaBo 銀座店 (焼肉 / 銀座一丁目駅、銀座駅、有楽町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

梅の花@銀座

「梅の花(うめのはな)」 【銀座/和食】 休日に銀座でランチ。個室で寛げそうな所ということでこの店をチョイス。てっきり居酒屋かと思っていたら意外ときちんとしたお店だったので良い意味で期待を裏切られる。 コースで注文。内容は以下の通り。 嶺岡豆腐、お浸し、湯葉煮。 茶碗蒸し お造り 名物 とうふしゅうまい おしのぎ、湯豆腐。 生麩田楽 その後、湯葉揚げ、湯葉グラタン、汁物、飯物、香の物、デザートと続いた。 意外と量が多く満足。 途中から日本酒に移行したので昼間から良い気分で、そのまま銀座を散策。 梅の花 銀座並木通店 (豆腐料理・湯葉料理 / 銀座一丁目駅、有楽町駅、銀座駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

入母屋 別邸 銀座七丁目店@銀座

「入母屋 別邸(いりもや べってい)」 【銀座/和食】 銀座ライオンビルの4F。写真ではなかなかよい雰囲気だけれど、歴史あるビルなので内装もやや年季が感じられる。 とはいえ、完全個室なので周りを気にせず時間を過ごせる点はよい。なにより銀座にしてはリーズナブル。 やや進行が早かったけれど、それ以外は店員のサービスも満足。 入母屋 別邸 銀座七丁目店 (しゃぶしゃぶ / 銀座駅、東銀座駅、新橋駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

今半@銀座

「今半(いまはん)」 【銀座/すき焼き】 休日のランチ。肉を食しに銀座まで。 まずは先付けに百合根豆腐。美味しいけれど百合根はあの食感をそのまま味わいたいところ。 前菜は3品。今シーズン初のじゅんさい。 お造りを挟んで、メインのすき焼き。 仲居さんが全て段取ってくれるので、餌を待つ小鳥のごとく食べ続ける。御飯も同時に出してもらったが、肉を食べ終えた後の割り下に卵を溶いて御飯に掛けたものが最後に出てきて、これもまた美味しかった。 飲み物はビールから始まって日本酒、シャンパン、最後は焼酎で締め。 人形町今半 銀座店 (すき焼き / 銀座駅、東銀座駅、日比谷駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

さかなさま(夜)@銀座

「さかなさま」 【銀座/居酒屋】 仕事納めの日。暁星時代の仲間と忘年会。 19時と早めのスタートで1人は家の事情により1時間ほどで退散する予定だったが、最終日は退社時間が14時のため問題ないと高をくくっていたところ、予想外に仕事が長引いてしまいその1人とは結局会えず。 その代わりに2年振りのメンバーと会えて久しぶりに楽しい時間を過ごせた。 蟹味噌をつまみながら造りの盛り合わせ。寒鰤をお願いして入れてもらう。 あとは身体に優しい煮魚。冬らしく鮟鱇を注文するがなかなかの歯ごたえ。 ビールは早々に切り上げて日本酒、焼酎へと移り、穴子の天麩羅など揚げ物に合わせてみた。 同年代の仲間がみな結婚し、子供も2回転目、3回転目に入ってきたのでなかなか会う時間を作るのが難しいが、20年以上の付き合いともなれば久しぶりに会っても違和感なく昔のような雰囲気に戻ることができる貴重な機会。 銀座さかなさま (魚介・海鮮料理 / 銀座一丁目駅、有楽町駅、京橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

土の実(夜)@銀座

「土の実(つちのみ)」 【銀座/沖縄料理】 青山、銀座と買い物をしてからの夕食。最後がマロニエゲートのハンズだったので、そのまま上にのぼり目に付いた沖縄料理屋へと飛び込む。ひつまぶしの店にも惹かれたけれど、なぜかそちらは行列だったので諦める。 よく考えたら中1日での沖縄料理だけれど、好きなので全く気にならない。 オリオンの生を飲みながら、定番のミミガーのポン酢和えに島らっきょう。 嬉しいことにナーベラーンブシーを発見。 タームコロッケはパン粉を切らしたとの事で急きょ素揚げに。スーチカ入りで味もしっかりと付いているので素揚げでも十分に美味しい。 ソーミンチャンプルー。いつもフーチャンプルーと迷うところ。 クープイリチーは何気に初めて。 ヒラヤーチはつい頼んでしまう。 最後はタコライスで締め。 泡盛はしっかりとカラカラで出してくれるので、雰囲気だけでも沖縄気分を味わうことができる。 そういえば、沖縄料理が好きなものの、ナカミー、アーサ汁はまだ食べたことがない。次に沖縄料理を食べる際はぜひ注文してみよう。 土の実 (居酒屋 / 銀座一丁目駅、有楽町駅、銀座駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

グルガオン(夜)@銀座

「グルガオン」 【銀座/カレー】 銀座で所用を済ませた後、カレーを食べに1丁目の裏通りにある地下の店へ。 有名店らしいので、比較的分かりにくい場所にも拘らず、早い時間から客席が埋まっている。インド料理店にしては若い女性客も多い。 ディナーセットに追加でサモサを。サラダにタンドーリチキン2種又はチーズクルチャ、カレーにデザート。 とろとろに溶けたたっぷりのチーズが薄いナンに包まれたチーズクルチャ。ほのかにガーリックの味。初めて食べたけれど、これは美味しい。 タンドリーチキンは二種類。ミントソースで。 北インド定番のスパイシーなポテトが入った包み揚げ、サモサ。ミントソースとトマトソース。 メインのカレーはタンドリーチキンの入ったまろやかでコクのあるバターチキン。 インド料理はビールによく合うので、夏に相応しい食べ物だと思う。 そういえば、最近はインドでもスプーンでカレーを食べる人が多いらしいが、理由が携帯を汚したくないためだとか。 グルガオン (インド料理 / 銀座一丁目駅、京橋駅、有楽町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

はかりめ(夜)@銀座

「はかりめ」 【銀座/居酒屋】 前職時代の上司と旬の穴子を食しに銀座まで。はかりめはもちろん穴子の別名。背中に白く連なる斑点を棒はかりに見立てて、はかりめと呼ばれる。このストレートな店名が期待を感じさせる。 小さな小料理屋を想像していたのだけれど、実際は飲み屋ビルに入っている比較的大きめな箱。もっともカウンター以外の席は全て個室になっているので、ある程度は落ち着けるようになっている。 まずは、穴子の全部盛り。刺身・湯〆・焼き霜・薄造り。穴子の刺身は久しぶりに食べたけれど、相変わらず淡泊な味わい。ポン酢で食べるのだけれど、酢味噌でもいいかもしれない。 湯〆と焼き霜は少し甘みが出ており、こちらは出汁醤油でいただく。 あなご白レバー串焼きはあいにく品切れで、その他に金目の刺身と穴子の白焼きを。 このラインナップを目にしたら日本酒に行かざるを得ないので、ビールを2杯飲んだ後は日本酒へ移行。 日本酒は錫の器に入ってくるので、これが夏らしく涼しげだ。 さらに煮穴子に天麩羅と穴子を堪能。産卵前にしては痩せている気もしたけれど、まあ日本酒のつまみと思えば特に問題なし。 さすがに「のれそれ」はメニューになかったけれど、もしそこまで揃えていたら立派だ。ちなみにのれそれは穴子の稚魚で鰻でいう所のアンギュラス。 最後はあなご石焼めしで締め。終電前に健全に帰宅。 土用の丑の日が近いものの鰻は高騰しているので、穴子で楽しんでもよいかもしれない。 はかりめ (あ…

続きを読む

鮮菜魚 早瀬(夜)@銀座

「鮮菜魚 早瀬(せんさいぎょ はやせ)」 【銀座/居酒屋】 一緒に飲む仲間の年齢層や職場、住まいによって飲む場所が規定される。中学から大学時代の仲間と呑むときは大抵が銀座で魚と酒のうまい店になることが多い。 この日も例によって銀座での飲み。銀座といっても一丁目、京橋寄りの中心からやや外れた場所にある魚のうまそうな店。 なんでも築地鮪仲卸の直営店ということなので目利きは期待できる。さらに日本酒で福井のものを一押ししている点もアンテナに引っかかった。 まずは、刺身の盛り合わせに鯖の干物。昔は鯖といえば〆鯖しか食べなかったが、最近はこの魚の美味しさをよく分かるようになってきた。 そして日本酒といえば定番の穴子の白焼とエイヒレ。さらに日向鶏の黒胡椒焼に生牡蠣等々。 とにかく日本酒をひたすら飲んだので後半に何を食べたのかは良く覚えていない。 唯一締めに黒ごま素麺を食べた事だけ記憶に残っている。 銀座らしく閉店時間が早いので、二軒目は適当なバーへと移動。そこでは1杯目に泡盛、2杯目にズブロッカと、かなりいい加減な注文。しかもフードを置いていないのにマスターにお願いして無理矢理作ってもらう。 さすがにこんな飲み方をしていると、体調も悪くなってくるので、終電がとっくに終わった後に一人で離脱。何とか家までたどり着いて倒れ込んだ。学生時代の仲間と呑むと、楽しくなってついつい深酒してしまう。 早瀬 (割烹・小料理 / 銀座一丁目駅、京橋駅、宝町駅) 夜総合…

続きを読む

参加ランキング