れば屋(夜)@四ツ谷

「れば屋」 【四ツ谷/焼鳥】 デジタルマーケティング仲間との定例会。この店での開催は3回目、久しぶりのれば屋。いつもの地下室を予約してもらう。周りから隔離されたこの雰囲気がとても良い。 適当に注文を入れていくが相変わらずの美味しさ。レバーはすでに売り切れだったのが残念。 〆は焼きおにぎり。 以前と異なりオペレーションで大分混乱が発生し、オーダーしたものがなかなか出てこず、しばらくして確認すると品切れになっているという有様。新規店なら応援する余地もあるけれど、このお店では少々いただけない。 次に訪問するかといわれると微妙なところ。 食べログ: 四ツ谷れば屋 (焼き鳥 / 四ツ谷駅、四谷三丁目駅、曙橋駅) 夜総合点★★☆☆☆ 2.5

続きを読む

四ツ谷れば屋(夜)@四谷

「四ツ谷れば屋」 【四谷/焼き鳥】 珍しく日を置かずに再訪したお店。前回の訪問時とほぼ同じメンバーにて。やはり地下に陣取っての飲み。 前回はちょうちんとせぎもが売り切れだったのでそのリベンジ。 まずはせぎも。腎臓なので背中の肝、つまりせぎも。 そしてちょうちん。卵管と卵黄。もともと卵好きなので当然のことながらちょうちんも大好き。 ついつい3回もお代わりを頂いてしまう。 その他、鉄板の白レバーなどなど。ちなみに白レバーは脂肪肝なので生の状態でも美味しいものは見た目が全く違うらしい。 最後は勿論トロトロのスープで締め。 良い気分で帰ろうと思ったら、別グループから緊急呼び出しが入りそのまま久しぶりのオール。 我ながらよく体力が続くものだと感心。 食べログ:四ツ谷れば屋 (焼き鳥 / 四ツ谷駅、四谷三丁目駅、曙橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

れば屋(夜)@四谷

「れば屋(ればや)」 【四谷/焼き鳥】 異業種交流飲み。幹事の方のチョイスにて四谷にある人気の焼鳥屋へ。小さな店でフロアは1階と地下に別れている。 通されたのは地下のフロア。壁にはワインが並べられているが半分は店のロッカーや荷物置き場となっており、秘密基地のような趣き。 白レバー炙り。 串は基本的にお任せで。ただちょうちんと背ぎも(腎臓)は既に売り切れとの事。 あずき(脾臓) 鶏スープ。濃厚な水炊きのような味わい。 平日中日なのでワインは抑えてビールで我慢。 四ツ谷れば屋 (焼き鳥 / 四ツ谷駅、四谷三丁目駅、曙橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

だあしゑんか(夜)@四谷

「だあしゑんか」 【四谷/チェコ料理】 仕事仲間と四谷のチェコ料理屋へ。初めてのチェコ料理。ビール発祥の地なのでビールに合う食べ物が多いのだろうと期待しての訪問。1杯目はチェコのプルゼニで1842年に生まれたピルスナーの元祖「ピルスナー・ウルケル」。日本では珍しくドラフトでの提供。下面発酵なので日本人になじみやすい味わい。とはいえ炭酸は弱めで提供温度も冷やしすぎず、喉越しなどではなくきちんと舌で味わうことができる。 カリフラワーのフライ。カリフラワーを塩茹でしてフリッター風に揚げた、チェコの人気メニュー。 ブランボラーク。じゃがいもをチーズおろし器で粗めにすりおろし、小麦粉と牛乳、卵でつないで焼いたパンケーキ。ドイツ~中東欧に広く見られる料理ですが、マジョラム入りなのがチェコのブランボラークの特徴。とのこと。 モラビア風ローストポーク。塩味の利いたチェコ風「豚の角煮」 ウトペネツ。チェコ名物、白ソーセージのピクルス。 その他、燻製いわし(スプラット)のオイル漬けなど。こちらはチェコではなくラトビア産。 2杯目はスタロプラメンというプラハの地ビール。 その後はジュニパー・ベリーのリキュールを飲んだりして後半はひたすらワイン。白ワインはどれも甘め。 だあしゑんか (ダイニングバー / 四谷三丁目駅、曙橋駅、新宿御苑前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

ひつじや(夜)@四谷三丁目

「ひつじや」 【四谷/羊料理】 世界各国のヒツジ料理が食べられる有名なお店。肉の中でも鴨や羊はかなり好き。ただマトンは苦手な場合もあるので少し警戒していたが、結論からするとまったく問題なし。 ドリンクは基本的にビールかワイン。どちらも世界各国のラインナップを揃えていて面白い。 ひつじのたたき。初めて食べた気がする。 スペアリブのいぶし焼。桜のチップでいぶしている。 その他、シシカバブやクスクスなど。最後はデザートでのパフォーマンスもあり。 食材に拘りつつ、調理方式に拘らないというコンセプトは意外と面白い。 大人数で色々な料理にとチャレンジしてみると盛り上がりそうな気がする。 ひつじや 四谷三丁目店 (居酒屋 / 四谷三丁目駅、曙橋駅、新宿御苑前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

たん焼 忍(夜)@四谷

「たん焼 忍(たんやきしのぶ)」 【四谷/牛タン】 大学時代の友人と四ッ谷の牛タン屋へ。創業30年の専門店ということで期待して訪れた。 7時に予約を入れていたけれど、この店では仮予約ということで特に予約用に席は空けておかない様子。訪れた際は満席だったので店の外で空くのを待つ。もっとも回転が早いので15分もすると中へと通される。狭い店内でテーブル席は基本的に相席となる。 隣には小さな子供連れの若い夫婦が座っていたので会話の内容には少々気をつける。 メニューは牛タン料理で殆ど占められているので順番に注文をしていく。ゆでタン、タンシチュー、焼タンという定番から、どて煮に生姜煮、牛タンの味噌漬けと牛タンづくし。 ゆでタンは柔らかく、胡椒が効いているのでビールがよく進む。 回転が速いので暫くすると客が少なくなっていく。店員に尋ねてみるとやはり土曜日は時間が遅くなると空いてくるのだとか。 それでもこの場所柄、早い時間だけとはいえ土曜日に店が客で埋まるというのは珍しい気がする。 商品を絞っているからこそ30年も続いているのだろう。 しばらくは味噌漬けをつまみにビールを呑んでいたけれど、さすがにタンだけでは飽きてくるし、ドリンクの種類もそれ程ないので近くのメキシコ料理屋に移動。チキンのタコスをつまみながら焼酎でアルコール濃度を上げていく。とはいえ、翌日は休日出勤だし2日後には早朝から沖縄へ行くので、ほどほどの所で止めておいた。 …

続きを読む

酒徒庵(夜)@四ッ谷

「酒徒庵(しゅとあん)」 【四ッ谷/日本酒】 以前、「世界で飲み干す会」にて教えてもらった日本酒店へ。ビールすらないこだわりぶりだけれど、比較的リーズナブルな価格帯でコストパフォーマンスのよいお酒を揃えている。 前回は入り口側のフロアだったが、今回は奥のフロアへ通される。セロリのきんぴらやなめろう、出汁巻き玉子にバジルポテトサラダなどつまみ系を頼みながら日本酒を楽しむ。日本酒はいつも通り、生の軽め、生の重め、純米大吟醸でバランスの良いもの、雄町を使ったお酒と、軽いモノから重いものへと順番にオススメ銘柄を出してもらう。ただしこちらから銘柄は指定しないことにしているので、店員がどのようなお酒をチョイスしてくるのかが非常に楽しみ。1杯目は「蒼空」という銘柄を出してもらう。裏のラベルを見ると平成14年にできた蔵なのだとか。 造り元の藤岡酒造は以下のとおり。明治三十五年十月に初代藤岡栄太郎により京都市東山区にて酒造業を始めました。 当時の醸造石数は千二百石余りだったようです。その後、滋賀県大津市に製造場を増設するなどし、明治四十三年になりようやく伏見の地に製造場をもうけ、大正七年になりやっと現在の地で製造するようになりました。 最盛期には、八千石程のお酒を製造していたようです。当時は「万長」という銘柄を中心に展開し 地元の人々を中心に長年の間 親しまれ続けていました。 しかし、平成六年九月三代目藤岡義文の急死がきっかけとなり 平成七年に藤岡酒造の歴史は一旦幕を閉じます。 「なんとかもう一度お酒を…

続きを読む

酒徒庵(夜)@四ッ谷

「酒徒庵(しゅとあん)」 【四ッ谷/日本酒】 以前のお取引と始めた世界を飲み干す会。第8回目のテーマは日本酒。日本酒と干物と牡蠣のお店という四ッ谷の「酒徒庵」へ。入り口には「本日は予約で満席」との文字。 メニューを見るとドリンクは旬の冷やおろしが40種ほど。その他にも数百種類取り揃えている様子で、日本酒以外のドリンクメニューは見あたらず、日本酒以外を飲んでいる客もいない。 食べ物も日本酒のアテに合いそうなものばかり取り揃えてある。 まずは、生々を希望したが時期的に置いていないので生詰めを数杯。軽い味わいのものから発砲感の楽しめるものまでいくつか出して貰えた。ちなみに「生々」は一度も火入れしていないもの、「生詰」は絞った後に一度火入れをしたもの、「生貯蔵」は出荷前に火入れをおこなったもの。個人的には黒龍の火入ら寿や春鹿の斗瓶囲いのような生の香りと味わいを楽しめるものが好みだ。 その後はバランスの取れた純米大吟醸を出してもらって一休み。後半戦は雄町の味を楽しめるものを幾つか頂いて、最後は古酒で締め。概ねいつものパターン通りに飲むことができた。なにより1杯の量が少ないので色々な種類が楽しめる。 つまみには、ホヤの塩から、なめろう、かます、ほっけの干物に牡蠣を二種類、その他いろいろ。店員に鯖の干物を勧められたのだけれど残念ながら品切れ。これは食べてみたかった。牡蠣は気仙沼よりも昆布森の方が甘くて美味しい。 土曜日は21時でお店が閉まってしまうため、二軒目には近くのメキシコ料理店へ。こち…

続きを読む

季旬 鈴なり(夜)@四谷

「季旬 鈴なり(きしゅんすずなり)」 【四谷/和食】 司法試験受験時代の仲間と結婚の祝いも兼ねて会食。場所は四谷の和食屋さん。 荒木町の路地裏にひっそりと佇むお店。あまりにもひっそりしすぎて、お店の場所が分らずに付近を行ったり来たりとうろうろ。ちょっと怪しい人状態。 店に入るとテーブル席がいくつかとカウンターが7席の小さなお店。お香の香りが立ちこめていて、とても寛げそうな雰囲気。 予約していないお客さんが何度か断られていたので、なかなか繁盛している模様。 スタッフの対応もアットホームで暖かく、チェーン店では醸し出すことのできない空気感を醸成している。 また、店主はなだ万本店で13年修行された方だとか。 他のメンバーがなかなか到着しないので、サッポロの生ビールを飲みながら、寒鰤と羽太の造りを注文。 最初のお通しを食べた瞬間から、その後の料理にとても高い期待。出汁で完全に勝負できるお味。 羽太も甘みがあって美味しかったけれど、寒鰤には感動。もともと脂が乗っている上に、藻塩を付けていただくと旨味がとてもよく引き出される。 今まで食べたブリで最高のレベル。 その後、ほっけの造りを初めて食べてみたり、鰤カマ、筍の照り焼き、穴子の白焼き、出汁巻き玉子、公魚の唐揚げ、地鶏の塩焼き、里芋の唐揚げ、牡蠣の焼き飯などなど、どれも大満足の味。 筍の美味しさもかなり印象に残った。えぐみが少なく、甘くていい塩梅の歯触り。 ところで、デジカメで撮ったメニューを眺めていたら、うる…

続きを読む

参加ランキング