焼肉ここから 錦糸町本店(夜)@錦糸町

「ここから」 【錦糸町/焼肉】 司法試験時代の仲間と定期飲み。金曜日の21時半に集合して友人が取っていてくれていた焼肉屋へ。 ちょうど2軒目に移動する時間帯という事もあって、次から次へと声をかけてくるキャッチを躱しながらの到着。 こじんまりとした店内はテーブルが6卓ほど。壁には芸能人のサインらしき色紙が所狭しと並んでいる。 まずは生ビールを飲みながら注文する品を吟味。 年齢的に皆それ程の量を食べられないので慎重に店員と相談。 まずは伝説盛り。ぶ厚いタン、ぶ厚いハラミ、ぶ厚いヒレ。 店員が肉の塊を七輪で丁寧に焼いてカットしてくれる。タンもこういう焼き方をすると、味や歯ごたえが変わる事に驚き。 続いては匠の白盛り7点。やはりマルチョウは美味しい。が相変わらず食べごろが難しい。 いつもはオールのメンバーなのだけれど、この日は体力が持たなそうな気がしていたため、健全に終電で一人離脱。 後で調べてみると意外なことに都内各地に店舗展開をしているので、また別の店舗にも訪問してみたい。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイント プロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング…

続きを読む

釀造科 oryzae(夜)@錦糸町

「釀造科 oryzae」 【錦糸町/居酒屋】 司法試験時代の仲間と恒例の忘年会。場所は錦糸町に決まっていたので予め面白そうな店に目星を付けて予約しておく。 北口から歩いて5分程度。繁華街からは離れており、その立地も期待を持たせる。 oryzaeとは麹菌のことで、東京農業大学醸造科出身のオーナー渡辺竜太郎氏が手掛ける発酵食品と醸造酒のお店。人類の偉大なる発見である発酵をコンセプトにしている点が素晴らしい。 酒盗のポテトサラダ 酒盗餡かけ 鰆と寒鰤の塩たたき ワサベーゼソース これは素晴らしい味。出色の一品。 日本酒は雄町の生がないか聞いたところ、生らしい風味を楽しめるという意図を汲んで頂き、あえて山田錦など雄町以外でお勧めの生3種を提案してもらう。 油揚げの肉味噌とブルーチーズ挟み焼。意外な相性だがなかなかいける。 もろみ味噌ダレつくね串。 牡蠣の味噌漬け朴葉焼き どれも日本酒がよく進む料理なので、飲みすぎないように注意しながらのペース配分。料理はこれからも面白いメニューが提供されていく予感がするので応援したい。 先日のしゅはりといい錦糸町には意外と面白い店が存在する。 食べログ: ジョウゾウカ オリゼー (居酒屋・ダイニングバー(その他) / 錦糸町駅、亀戸駅、住吉駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

石臼挽きうどん しゅはり(夜)@錦糸町

「しゅはり」 【錦糸町/うどん】 司法試験時代の受験生仲間と錦糸町にて定期飲み。地の利が全くないので食べログを参考にうどん居酒屋をチョイス。 何でも小麦粉を石臼で挽いて作ったうどんを食べさせてくれる居酒屋で、江戸時代にはうどんはこのように作られていたらしい。 錦糸町の北口を進み、一本裏手の通りに入ってビルの地下を降りていく。店内はそれ程広くはないので直ぐに一杯になってしまう。 まずは造りの盛り合わせ。意外といいものを仕入れている。 平打ちうどんの刺身は山葵醤油で。 鴨焼きは山椒をまぶして頂く。 鯛のカマ焼き。 一品料理はどれも美味しく、日本酒が進むメニューばかり。 日本酒が半合で頼めるのもうれしい。試しに口開けのボトルがないか聞いてみたけれど、残念ながらこの日はなかった。 暑い日が続いているので生生を飲みたかったけれど、あいにく愛知の長珍という蔵の純米阿波山田錦65無濾過生詰のみ。 後で調べてみると雄町の生も作っているらしく、一度飲んでみたい。 そしてメインのうどん。見た目は太い蕎麦のよう。 『江戸時代を代表する麺類といえば「蕎麦」。 ただ、江戸の町に蕎麦屋が増えてきたのは江戸時代が始まって150年以上経ってからと言われています。 それまでは「けんどん屋」と呼ばれるうどんを出すお店が主流でした。 室町時代から脈々と受け継がれてきたうどんの歴史は、800年以上経った現在でも私たちの食卓を彩っています。』ということらしく、こだわ…

続きを読む

日本酒原価酒蔵(夜)@錦糸町

「日本酒原価酒蔵(にほんしゅげんかしゅぞう)」 【錦糸町/日本酒】 毎年恒例、司法試験受験時代の仲間4人で2016年の忘年会。場所は錦糸町ということで完全アウェイのため店選びは他のメンバーに委託。 後から聞いたところかなり悩んだようで、結局いろんな日本酒が飲めるという店へ。 元々は2015年4月に新橋にオープンしてかなり話題となっいた店だが、訪問するのは初めて。 日本酒は1合瓶で提供されるので、多彩な味を楽しむことができる。 各テーブルの隅には利き猪口が山盛りになったケースが設置されており、無造作な見た目の中に拘りが感じられる。まあ利き猪口で飲ませるのであれば、店の照明にもっと拘った方がよい気もする。 それぞれの瓶についているラベルは取り外すことができるので、持ち帰っておけば飲んだ銘柄を記録できるのもうれしい。 今回残っていたラベルは、 磯自慢 純吟 ちえびじん ひとめぼれ 出羽桜 枯山水 九頭龍 逸品 百十郎 赤面 伊根満開 古代米赤米酒 酒の色も赤くて面白い 黒牛 純米 庭のうぐいす どぶろく 日本酒度はなんと-81 獺祭 磨き50 造り盛り合わせ 鰈唐揚げ 焼き雲丹の握り 飲み始めの頃は同じ銘柄を複数頼んでしまっていたが、最初から別々にしておけばもっと多くの種類が楽しめたはず。 2軒目以降も遊んでいたら帰れなくなり、久しぶりにオール。 日本酒原価酒蔵 錦糸町店 (居酒屋 / 錦糸町駅、住吉駅、菊川駅…

続きを読む

初代築地 魚義(夜)@錦糸町

「初代築地 魚義(しょだいつきじうおよし)」 【錦糸町/居酒屋】 司法試験時代の仲間と忘年会。今年は事情により1人欠けて3人での開催。 東方面在住が多いため、場所は錦糸町。完全にアウエイのため店はお任せ。 初めて錦糸町に降り立ったが、意外と開けていて驚いた。大きな商業ビルやマンションも並んでいる。 訪れたのは多くの種類の日本酒が飲み放題となる魚中心のお店。1合を3人で空けていくので、次々と注文。生が2種類しかないのはやや残念だけれど、利き酒師がいるので色々なオーダーに答えてもらえる。 刺身や名物の鯵フライ、その他のアテをつまみながら大量の日本酒を消費。 なかなか行く機会のない場所だけれど、もし機会があるのなら真面目に開拓をしてみたくなった。 初代築地 魚義 (居酒屋 / 錦糸町駅、亀戸駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング