La Bettala(夜)@練馬

「La Bettala」 【練馬/ダイニング】 日曜日の夕食処を求め近所へ。 練馬の飲み屋街から極めて細い路地を通って行きつくお店。 道路からは全く中の様子は伺い知れず。 一応看板が出ているものの気付きにくく飛び込みではまず入らないだろうという立地。 お通しは意外とボリュームのあるツナのブルスケッタ。 カルパッチョは鰹、真鯛、鱸のなかから鱸をチョイス。 ソースも3種類の中から選べるようで、イカ墨と岩のりにしてみた。 生牡蠣はアウトプットが面白く、ジュレ掛けではなくジュレの中に牡蠣が入っている。 身はやや小さめ。 ベッタラサラダ。 まずポーション多めでハーフにしたものの優に3人前はあるので注文は要注意。 そしてベッタラ漬けがサラダに紛れ込んでいる。 普通のサラダの他にあえてベッタラサラダというメニューがある理由が分かった。 前菜3種盛り。 豚肉とレバーの田舎風パテ。パテドカンパーニュ。 帆立のジェノベーゼソース。 イタリア版玉子焼き。ホウレンソウ、キノコ、ベーコンのフリッタータ。 そして、時間をかけて作る自慢の一品。 ローストポーク。 旨味、水分が適度に封じ込められており非常に美味しい。 下手なローストビーフよりもよっぽど良い。 ソーセージは、チョリソーにハーブ、ペッパーの3種。 肉が続くがブラックアンガス牛の赤身ステーキ。 そして串焼き。 ズッキーニ、アスパラは豚バラ巻き。 鶏…

続きを読む

Le Coq Roti(夜)@池袋

「Le Coq Roti」 【池袋/ビストロ】 池袋にてお好み焼きでも食べようと喃風に向かったものの5組予約待ちと聞いて引き返す。 同じビルの中にビストロがあったので飛び込んでみることにする。 後で調べてみるとこのビルに入っているLe Coq Roti、喃風、HEARTHは姉妹店との事。 HEARTHは池袋の別店舗に訪問したことがあるが、確かにどちらのお店にもメニューにガレットが載っている点が共通。 お通しにはチーズ。 パルミジャーノをかじりながらアウグスのホワイトを。 そういえば前日の1杯目もアウグスホワイトだった。 厚切りベーコンとスモークチェダーチーズのシーザーサラダ テーブルでチーズを削ってくれるのだけれどいつまで経っても止まる様子がなく、想像以上にこんもりとした仕上がりに。 かわいらしいカルパッチョ 季節野菜のフリット。 蓮根やアスパラ、エリンギなど。 ソースが何だったか失念。 メインは3種の肉盛り。 ロティサリーチキン、牛ザブトンのステーキ、豚ほほ肉のコンフィ。 岩手県産みちのく清流鶏を丸ごと1羽、専用のオーブンに入れて焼き上げたというロティサリーチキンはこのお店の売りだけあって非常に美味しかった。 ロティサリーチキンに付けたソースも良かったのだけれど、これも失念。 ハニーマスタードだったかな。 お店のこだわりは以下の通り。 語源はフランス語で‘あぶり焼き’を意味する‘rotir(ロティール)…

続きを読む

御苑 炉庵 (夜)@新宿御苑

「炉庵」 【新宿御苑/居酒屋】 元取引先、現飲み仲間と久しぶりの会合。 お店は相手にお任せで新宿御苑にある美味しそうな炭火焼きの店を選んでもらった。 店に入ると大きなオープンカウンター。 中には備長炭を使った大きないろりがある様子。カウンターではなかったのでよく見えなかったが。 飾らない賑やかな雰囲気の店内。 最初に通されたのはカウンターの後ろにあるテーブル席だが程なく座敷席が空いたという事で移らせていただく。 先に着いたので気にせず一人で飲み始める。 ドラフトはアウグスのホワイトにお通しの汲み豆腐。出汁に海苔と山葵が良い塩梅。 酒のアテにもつ白煮込み。 いかうにカニみそ和え。 絶対に美味しいやつ。 これは日本酒が欲しくなるが、序盤はジョニ黒のハイボール 旬の無花果を珍しい揚げ出しで。 塩煎銀杏。 こちらは食べ過ぎに注意。 樺太産の雌ししゃも。 見つけるとついつい頼んでしまう穴子の白焼き。 後半は日本酒へ移行しながら、山形牛の炭火焼。 きのこの天婦羅5種盛り。 内訳は平茸、椎茸、たもぎ茸、山伏茸、舞茸。 大きな蛤焼き。 貝を持ち帰りたくなるほどの立派な姿。 座敷席なので囲炉裏を見ることはできなかったが旬の味覚をいち早く堪能。 ラストオーダー早めなのが少々残念ではありますが、なかなか良きお店でした。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを…

続きを読む

うらら(夜)@新橋

「うらら」 【新橋/饂飩】 新橋堪能の締めは明け方までやっている饂飩屋へ。 終電もとっくになくなっている時間だが意外とお客さんが入っている。 メニューを開くとつるとん的な雰囲気を感じる。 ラインナップが豊富で選ぶのが楽しくなる。 あまり記憶がないが頼んだと思われるサラダ。 うどんはシーフード明太子クリームを3人でシェア。 ドリンクは途中で注文が面倒になったのでワインのデキャンタを2回ほど注文して帰宅。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング うらら (うどん / 新橋駅、内幸町駅、銀座駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

DESIGN FOOD MARKET(夜)@新橋

「DESIGN FOOD MARKET 新橋店」 【新橋/ダイニング】 夏の終わりも近づき、旧仕事仲間の飲み友達と新橋にて。 SL広場からすぐのビルに入っており立地の割に客層が若く活気のある店内。 キッチン脇には野菜と貝類が並べられており、色々と演出を凝らしたコンセプトとなっている。 お通しにはさっぱりとした食前酢にカナッペ。 売りの一つであるカスタマイズアヒージョ 肉・魚介・野菜・きのこ、カマンベールから好きな具材を3種選ぶスタイル。 選んだのは砂肝、豚タン、帆立。 ローストビーフはグラム売り。 大きな塊をワゴンで運び、好きな量を指定してカットしてもらう。 生牡蠣3種。 この日は北海道、兵庫、茨城。 メインの貝盛り。 店内の「素材マーケット」に並ぶ季節毎の貝の中から、渡されたバケツに好きなだけ放り込んでいく。 蛤におきしじみ、ムール貝、アサリなど。 スープも6種類から選べるのだけれど、ここは定番の白ワインを。 ガーリックの効いた白ワインでシンプルな味付け。 他のスープはこの通り多様なラインナップ。 イタリアントマト 濃厚なトマトでイタリアン風。 スープカリー 貝の風味を楽しむマイルドカレー。 和風みそ 味噌の風味豊かな優しい味わい。 エスニック ナンブラーの風味にライムの爽やかな酸味。 チゲ鍋風 キムチベースでピリ辛チゲ鍋風。 貝を食べた後はパスタかリゾットにしてもらえる…

続きを読む

奈な(夜)@日本橋

「奈な」 【日本橋/居酒屋】 とある事情により日本橋のホテルへ2泊で宿泊。 初日の夕食処を探そうとするも暑さに負けて近くのコレド室町へと吸い込まれる。 空いていそうなお店を物色してこちらに決定。 店内は意外と広く奥のスペースの窓際へ通される。 鯛出汁 温ったかそうめん 鯛の頭と中骨から取った出汁を掛けて。 京風だし巻き玉子。 たっぷりの餡とネギが乗った優しい味わい。 のどぐろと目光の干物盛り合わせ。 おばん菜盛り合わせ 3種と5種が選べるのだけれど、どれも魅力的なので5種を選択。 鯛と万願寺の豆醤油和え 〆鯖の黒胡麻七味がけ ずわい蟹とキャベツの胡麻酢 クリームチーズと牛肉の炙り 切干とひじきの鳥そぼろ 和牛肩ロースの石焼き もたもたしていると石の温度が下がるので要注意。 湯葉と穴子のチーズとろり揚げ。 塩味が強く酒のアテに。 本鮪のステーキ 葱ポン酢。 こちらも酒のアテで。 土鍋ご飯にも惹かれたのだけれど、大分食べ過ぎてしまったのと、炊き上がりに時間が掛かるという事なので断念。 アルコールはエビスの生から始まってハイボール、芋焼酎の佐藤をロック、日本酒とフルラインナップ。 平日中日にも拘わらず大分やり過ぎ感があるが、なにしろホテルがすぐ隣なので安心できる。 15年ほど前に渋谷のお店を訪れているけれど、良い意味で思っていた印象と大分違っていた。 お得な予約はこちらから【食べロ…

続きを読む

BATON(夜)@池袋

「BATON」 【池袋/ビストロ】 前日深酒しつつも午前中に起き上がり昼間から外出して予定をこなす。 訳あって30年ぶりに母校の暁星を訪問。 帰りに靖国神社で一休みしてから池袋へ寄って夕食を。 色々と探すのも面倒だったので久しぶりに東武のレストラン街へ。 1品料理が豊富そうなこちらへと飛び込んでみる。 ローストビーフのシーザーサラダ クリームチーズドレッシング さっぱりとしたものも食べたくなり、珍しく鶏ささみと季節野菜の梅肉和え。 豊洲直送 真牡蠣 ~ポン酢ジュレ~ 夏の味覚、ハモと旬野菜のフリット ~大葉ピュレ・アンチョビソース~。 意外と鱧とアンチョビの相性が良い。 そういえば昔と比べて夏に鱧と出会えるお店が増えたような気がする。なぜだろう。 メインの肉料理はA5米沢牛 特選赤身。 噛めば噛むほど旨味が味わえる。 肉巻きウニ軍艦で〆。 ハイボールは知多や白州などもあり楽しめたが前日の深酒により、それ程量は飲めず。 色々と惹かれるメニューが豊富なので、飲める時には楽しめそう。 ただいかんせん二日酔いを引きずった状態なので楽しむことができず、残念。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロの…

続きを読む

ブッチャーズ+バル(夜)@練馬

「ブッチャーズ+バル」 【練馬/ダイニング】 駅前から少し離れたところにある肉バルへ日曜日の開店時間に併せて飛び込んでみる。 名前の通り肉卸店直営のお店なので肉に自信ありという事で期待が膨らむ。 デリバリーの注文が立て込んでおりサーブに少し時間が掛かるとの事だったが気にせずのんびりと過ごすつもりでカウンター前のテーブル席へ。 直ぐにできそうなものを選んでまずは生ハム。 角ハイボールを飲みながらつまむ。 国産鶏 白レバーのムース。 これは中々の味。 肉に自信ありという事だけあってしっとりとレバーの濃厚な旨味が味わえる。 ふとドリンクメニューを見ると泡もワインも2,000円オールというキャンペーン中。 これはお得と思いボトルに手を出してしまう。 まずはBorghesia Prosecco Brut(イタリア) 軽くてフルーティーでグビグビいけるという説明書きだったが、確かに水代わりのように飲み進めてしまった。 続いては無添加ウニとカマンベールチーズのブルスケッタ。 肉ばかりでは飽きそうなので刺し込んでみた。 パンの3種盛り。 どれもプレーンな味わい。 メインは熊本和牛イチボのグリル。 イチボらしく赤身と脂のバランスよく、バルサミコソース、ホースラディッシュをアクセントに味わえる。 100gにしてしまったが150gでも問題なかったと後悔。 イチボをお代わりしようかとも思ったが、折角なので別の料理を。 2本目の泡にCo…

続きを読む

やました(夜)@練馬

「やました」 【練馬/肉バル】 1カ月ほど前にオープンしていた地元店を発見したので開店時間に飛び込んでみる。 以前はふらんす亭というチェーン系の洋食屋だったが、肉バルに衣替えをした模様。 窓際の角席に陣取ってメニューを開く。 フードメニューの左半分はハンバーグやステーキなど食事仕様となっているが、右半分はバルだけあって飲兵衛仕様のメニューが並ぶ。 まずはデュワーズのハイボールを舐めながら生ハムを頂く。 続いて本日のカルパッチョ。この日は鮪らしい。 そして誰向けのメニューなのかどんな拘りがあるのか不明なまま注文したソーセージのフリット。 食べてみると遥か昔の子供時代に帰れるような懐かしい味わい。 なるほどターゲットは自分だった。 肉バルという事でメイン1本目はローストビーフ。 メインというよりはつまみがてら頂くスタイル。 2本目はリブ。 思ったよりも脂があったものの美味しく頂く。 ハイボールの後はグラスワインへ移行。 白はSanta Rita Heroes Chardonnay。 赤はSanta Rita Heroes Cabernet Sauvignon。 どちらも軽めで華やかな味わいなのでついつい飲み過ぎてしまう。 ここらへんでお開きにしても良かったのだけれど、延長戦で3種チーズの盛り合わせ。 最後の締めは海老とマッシュルームのアヒージョ。 手頃で入りやすく、気付けばほぼ満席となっている。 色…

続きを読む

茶寮 伊勢藤次郎@渋谷

「茶寮 伊勢藤次郎」 【渋谷/居酒屋】 ヒカリエにてランチ。一部工事中のため店舗が少なくなっておりすべての店を見渡し辛くなっている。 そんな中でうろうろしながら7階の端にある店を発見。 渋谷を見下ろしつつスクスクやストリームからは見下ろされる窓際のテーブル席へ。 メニューを開きヘルシーなものを探して海鮮てこね寿司御膳に決定。 赤身の鰹を漬けにして酢飯にあわせたちらし寿司。 海苔や大葉、生姜に白ごま、葱が良いアクセント。 てこね寿司とは、 伊勢志摩で郷土食として親しまれている。 漁師が船上でとれた魚をその場でさばいて、手で混ぜあわせたことから「てこねずし」と呼ばれるようになり、主に海沿いの地域で食されてきたが、現在では、農山漁村の郷土料理百選にも選ばれ、三重県を代表する郷土料理の一品となっている。 三重県は日本でも有数のカツオの漁獲高(「令和元年漁業・養殖業生産統計」農林水産省により第4位)を誇り、中でも熊野灘地域は、一本釣りと曳き縄釣り漁業が盛んな地域である。また、マグロの主要な養殖地となっており、育てられたマグロの身はとても締まっており美味しいといわれている。こうした恵まれた漁場があることから、新鮮な魚が手に入るので、生食で食べる機会が多く、その流れからも「てこねずし」が多く食されている。 https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/tekone_zushi_m…

続きを読む

だるまん家(夜)@練馬

「だるまん家」 【練馬/居酒屋】 地元の未訪問店を開拓しようと肉バルへ向かうも、生憎の臨時休業。 そこでマイリストに入っていたこちらのお店へと急きょ向かう。 細い路地の小さなビル3階に位置するので、通りすがりに飛び込むという事がなさそうな立地。 今にも止まりそうなエレベーターで上がり店に入るとこじんまりとしているものの、意外と清潔感のある落ち着いたダイニング。 つまみがてら頼んだ揚げたてのポテトフライはちょっと変わった逆円錐型ボウルでの登場。 角ハイボールを飲みながらつまむ。 炙りみすじのカルパッチョ。 たっぷりの葱とさっぱりとしたポン酢ベースのソースで頂く。 みすじとカルパッチョの相性はどうなのだろうかと半信半疑な所だったが杞憂に終わる。 真鯛とエシャロットのなめろう。 青唐が入っておりピリ辛な仕立て。 海苔に巻いて頂く。 カルパッチョもなめろうも酒飲みにとっては有り難い前菜。 そしてぷりぷりの生牡蠣。 メニューにあるとつい頼んでしまう、いぶりがっこクリームチーズ。 スモークの香りとウィスキーの相性が抜群の一品。 できればアイラで楽しんでみたい。 ジャンボイタリアンハンバーグはたっぷりのチーズにトマトソース。 炭水化物はやめておこうと思い2週目の注文へ。 しらすと半熟卵のアヒージョ。 海老とブロッコリーのフリット。 からっとした揚げ具合が良い塩梅。 最後は鮪のステーキで締め。 …

続きを読む

しみる(夜)@丸の内

「しみる」 【丸の内/居酒屋】 丸の内3軒目はこの近辺で唯一遅くまで空いている高架下の居酒屋へ。 どうやら鶏串煮込みという面白いお店だったようだが、最早何を飲み食いしたのかは覚えていない。 キムチ的な何かに鶏串煮込みの盛り合わせ的な。 2時近くまで飲んでしまったので流石にここらで退散。 焼き鳥ではなく煮込み串という面白いコンセプトだったので、本来なら1軒目として堪能したいお店だった。 昨年2021年の7月にオープンしたばかりの様子。 煮込みの基となる鶏だしは、親ガラ、若ガラ、手羽元やお野菜を10時間以上かけ抽出し、博多味噌とあご出汁を加えコラーゲンたっぷりの濃厚な鶏だし。 仕上げに鶏串を特製みそだれに絡めて頂くという、非常に惹かれる謳い文句。 へべれけで訪問してしまったのが申し訳ない。 ドリンクは和歌山県にある直売所、果物や野菜が豊富なめっけもん広場から直送した旬の柑橘や果物がたっぷり入ったサワーを楽しめるとの事。 果たしてこの美味しそうなサワーは頂いたのだろうか? 何となく焼酎をボトルで注文したような記憶が微かにあるようなないような。 美味しそうなメニューが豊富なので次回は1軒目に訪問したい。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8…

続きを読む

GASTRO-PUB COOPERS(夜)@丸の内

「GASTRO-PUB COOPERS」 【丸の内/パブ】 丸ビルで山形料理とお酒を堪能した後に隣の三菱ビルへ移動。 地下にあるパブへと滑り込む。 ガストロパブはビールや食べ物を供するバーとレストランを兼ねたイギリスの飲食店形態。 ただ大分食べた後でそこそこ出来上がっていたのでつまみを中心にオーダー。 枝豆。 見たところ焼き枝豆の様子。 ポテトフライ。 チーズ盛り合わせ。 生ハムポテサラ的な何か。 後でメニューを調べたところ、ブラックペッパーとクリームチーズのポテトサラダらしい。 本来ならフィッシュ&チップスやムーズ貝なども頼んでおきたい店ではあったが、流石に2軒目なので無理だったらしい。 1杯目にエビスの琥珀か何かのドラフトを1パイント飲んだ後はワインをボトルで注文。 赤と白を1本ずつ頼んだがあまり覚えていない。 確か赤はランブルスコで白はシャルドネだったような。 閉店時間で追い出されてしまい、夜の浅い丸の内を暫く放浪し空いている店を探して3軒目へと向かう。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグ…

続きを読む

DAEDOKO(夜)@丸の内

「DAEDOKO」 【丸の内/ダイニング】 前職仲間たちと久しぶりの飲み。 場所は前職近くの丸ビル内にある山形料理のお店。 人数が6名いるためアラカルトで注文するのは面倒そうという事でその場でコースを注文。 更に酒量が嵩むだろうとの的確な予測から飲み放題とする事に。 まずはピクルスからスタート。 おばんざいの盛り合わせ。 蕗やホタルイカなど春の味覚。 どれも優しい味わい。 山菜の天婦羅 蕗の薹の苦味が心地よい。 メイン料理は米沢牛のステーキ。 一皿ずつ小さな鉄板で出して頂ける。 赤身なのでポーションが少なくとも肉の旨味がしっかりと楽しめる。 そして山形と言えば芋煮。 ほっこりと優しい味わい。 里芋とともにたっぷりの米沢牛のお肉を使いしっかりと煮込んだ絶品。 締めはご飯か蕎麦を選べるので蕎麦を注文。 立派な山形名物の板そばが登場。 仕事や人との関わりが『板につきますように』という思いも込められた郷土料理。 系列の老舗宿『天童温泉 湯坊いちらく』の自慢の風味豊かな田舎そばが提供される。 飲み放題メニューは種類がそれほどなかったので端から順番に攻めていく。 ビールは山形のクラフトビールになっている所が好印象。 Mr.A Soba Dry そばの香りを楽しむハードなSOBAビール。 天童ブルワリー ピルスナータイプで1杯目に最適。1杯ずつ制覇していくつもりがついお代わりしてしまった。 天使の…

続きを読む

イタリアン大衆酒場HARUTA@練馬

「HARUTA」 【練馬/ダイニング】 ランチの時間帯に1時間半ほど間が空いたため昼から飲めそうな店へと飛び込んでみる。 練馬を中心に展開している大衆酒場春田屋の系列店。 以前から気にはなっていたのだが入ってみると意外と奥行きがあって広い間取りだった。 どうやら通し営業のようで昼でもグランドメニューから注文できるのが嬉しい。 アヒージョは魚、肉、野菜各種から3品選択できるシステム。 魚からはエビ、カキ、タコ、ホタテ。 肉ではタン、ハラミ、豚バラ、地鶏。 野菜はマッシュルーム、エリンギ、ブロッコリー、ジャガイモ、ミニトマト。 この中からブロッコリーと牡蠣、蛸をチョイス。 前菜5種盛り合わせ。 料理名を忘れてしまったが写真の右側にあるサツマイモと塩漬け肉の一品が美味しかったので、これだけオーダーできるか聞いてみた。 確認してもらった所メニューにないので出せないとの事。残念。 メニューで気になった信玄鶏のスパイシーチキンは残念ながら品切れ。 代わりにラムチョップを注文。 香りの強い脂身は避けて頂く。 イタリア風串焼きスピェディーニ。 蝦夷鹿があったので迷わず注文。 スピェディーニはイタリア語で竹串を意味するそうで、現地でも炭火で焼いた串焼きが食べられているとの事。 時間がなかったのであまり注文はできなかったが、これ以外にも肉料理、フリット、ラクレットチーズの料理が売りの様子。 まずは蝦夷鹿を食べられただけで充分。 お酒を…

続きを読む

蟻月(夜)@恵比寿

「蟻月」 【恵比寿/もつ鍋】 蟻月といえばもつ鍋、もつ鍋と言えば蟻月。 そんな蟻月も気づけば10年ほど訪問していない。 打ち合わせの後に仕事先の方に連れて行って頂き久方ぶりの訪問となった。 通されたのは2階の座敷席。 九州と言えば辛子蓮根。 熱々でもなければ辛味も控えめではあるが、それでもお酒のつまみとしては素晴らしい。 定期的に食べたくなる料理の一つ。 金のもつ鍋。 昆布だしであっさりしておりポン酢を付けて頂くスタイル。 蟻月のもつ鍋のなかで唯一ニンニクを使用していないもの。 意外と胡麻味噌でも合いそうな印象。 馬刺し盛り合わせ 霜降り、たてがみ(こうね)、そしてふたえご。 いま写真を見返してふたえごが入っていたことに初めて気が付いた。 もっとじっくりと味わえばよかった。 かんぱち胡麻醤油和え 胡麻鯖ならぬ胡麻カンパチ。 ちなみに胡麻鯖には料理名と魚の名前があるのでどちらの事なのかは事前に要チェック。 辛子高菜に芽しょうがの甘酢漬け なかなか渋い選択。 自分では選ばない品だが箸休めとしては最適。 特に生姜の甘酢漬けは癖になる。 もつ鍋は2週目に白を注文。 にんにくの効いた白味噌ベースの鍋という定番のお味。 ニンニクとごま油の香りが食欲をそそる。 その他、明太の玉子焼きや辛子明太子などもつまみながら懐かしい話で盛り上がる。 前半はビール中心で後半は焼酎へ。 この日はサーブに時間が掛かっていたの…

続きを読む

HEARTH SMOKED GRILL&GALETTE(夜)@池袋

「HEARTH SMOKED GRILL&GALETTE」 【池袋/ダイニング】 池袋で用事があったので、その帰りの時間に併せて事前に予約。 元々は別の場所にあった人気店で最近移転した様子。 東口にあるビジネスホテルの2階という微妙な立地ではあるものの、店内は広く窓も大きいため解放感がある明るい雰囲気。 開店時間に併せて予約をしておいたが、すでにお客さんが入っていたので通しで営業しているのかもしれない。 通されたのが奥のラウンド型のソファー席。 厨房がすぐ隣で調理の様子を見れたり、店員の方を呼びやすいので便利なテーブル。 スモークとガレットが売りの様子。 スモーク料理の店はよく見かけるけれど、ガレットを楽しめるお店はなかなか貴重。 シードルが幾つかあったのでまずは青森のTekikaka ciderを。 甘さが控えめで食前酒としても食中酒としてもいける味わい。 お通しのパルミジャーノチーズとの相性も良い。 冷菜としてイタリア産ブッラータチーズとイチゴ。 ブッラータチーズと酸味甘味のある果物を組み合わせたカプレーゼは素晴らしい。 とろりウフマヨポテトサラダ ~トリュフの香り~ 自家製マヨネーズのかかった半熟卵をつぶしてからカダイフと和えて頂く。 生パスタは和牛のミートソース 海老のガレットスプリングロール 後味にエスニックなスパイスの香りが印象的な一品。 ただ揚げてあるため少々油を吸ってしまっているのは、好みが分かれそ…

続きを読む

大文字テラス@箱根

「大文字テラス」 【小涌園/ダイニング】 年末年始の箱根旅行。 元旦の行き先はユネッサン。 繁忙期に比べれば空いているものの、思ったよりも賑わっていた。 昼食どころに選んだのは大文字テラスというハワイアンテイストのレストラン。 温水プールなので入っていれば暖かいが、上がると室内とはいえ身体が冷えてくる。 できれば、汁物を頂きたいところだったが生憎メニューには見当たらず。 身体を暖めるのはハイボールに任せてつまみを中心に。 チップス&ディップ。チリソースディップは身体を温めてくれるので有り難い。 バッファローウィング。 揚げたて且つなかなかのピリ辛で身体を温めるのに意外とよい選択だった。 ローストビーフのカルパッチョ。 身体を温めたいのにカルパッチョを頼んでしまったのは失敗。 とはいえ美味しいので良しとする。 とくにフライドガーリックがよいアクセントとなっている。 オニオンリング。 出来立ての熱々な揚げ物が有り難い。 ここは中々気の利いたお店で、水着のまま入れるようにタオルや館内着を無料で提供して頂ける。 非常にありがたい心遣いだった。 これで鍋でもあれば文句なしと思ったものの、やはり真冬に疑似ハワイアンテイストを味わうのが醍醐味なのかもしれない。 そして店名の大文字。外に見えるかどうか確認するのをすっかり忘れていた。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイン…

続きを読む

TOKYO MEAT酒場@練馬

「TOKYO MEAT酒場」 【練馬/パスタ】 休日の地元ランチ。 一度訪問してみようと思っていた店を覗いたら運よく席が空いていた。 路面店で間口が広く外からは中の様子が良く見える。 コの字型の大きなカウンターで入り口の逆側にテーブル席も用意されている。 こちらの売りは日本一おいしいというミートソースだが、和風むき身浅利と紫蘇のパスタにしてしまった。 パスタはリングイネでランチセットとしてサラダにスープもついてくる 角ハイボールを飲みながらパスタを待つ。 と、ふとパーティーションにサイドメニューが書かれていることに気が付く。 飲兵衛としては是非とも、と思って、ランチ時に注文できるか聞いてみる。 やや時間が掛かるとの事だが10分程度と言うので頼んでみることにした 名物と書かれている牛ハツのカルパッチョ。 角ハイボールを飲み干したあたりで先にパスタが登場。 ミートソースはパスタの下に隠れているという面白いスタイルだが、他は普通のアウトプットの様子。 2杯目のホワイトホースハイボールを飲みながらパスタを食べていると、牛ハツの登場。 その場でホースラディッシュを削って掛けてくれるパフォーマンス付き。 昼はパスタ中心なので物足りないが、夜に訪問したら面白そうな気がする。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmal…

続きを読む

Salt 恵比寿(夜)@恵比寿

「Salt」 【恵比寿/肉バル】 以前に訪問した店へ、同じメンバーにて再訪。 久しぶりの集まりなので非常に楽しみにしていた会。 会うたびに皆やっていることが変わっているので毎回大きな刺激を受けている。 とりあえず、チーズの盛り合わせを頼みながらビールを飛ばしてスパークリング。 これは荒れる予感しかない出だし。 覚えていないが、見た目的には岩塩仕込みのスモークタン そして恒例のヒューガルデンホワイト800ml。赤のボトルと併せて。 ワインを飲み過ぎると危険だと思い、これを2杯頼んだのだけれど、単にチェイサーがアルコールになっただけでグロスのアルコール量が増加。 何かのアヒージョ 写真からは蛸とジャガイモのように見える。 ガーリックソフトシェルシュリンプ 大好きなラムチョップ 冬の肉バルならではという事でジビエを。 国産エゾ鹿 モモ肉のグリル いつもながらこの鹿肉の色合いには惚れ惚れしてしまう。 メインのステーキ 最後に食べたらしいデザート 写真の時刻を見ると開始から2時間半程度なのに、すでに記憶が抜けている。 確かに次から次へとワインのボトルが空いていたような。 この後に2軒目でテキーラなどを嗜み、帰るメンバーを見送り残った二人でラーメンにて小休止してから最後の店へ。 この最後の店で非常に長居をしてしまい我ながら失敗。 まあ楽しかったし怪我も忘れ物もなかったので良しとする。 今…

続きを読む

肉バル酒場ViaVia(夜)@練馬

「肉バル酒場ViaVia」 【練馬/ダイニング】 前職仲間と地元飲み。 いよいよ忘年会シーズンが始まった。 駅前で待ち合わせをしてから適当に飲み屋街を歩き、コロナ禍の昨年オープンした店へと飛び込んでみる。 まだ19時前という事もあって空いていたが、その内店は満席に。 メニューの種類はそれ程多くないが、前菜に生ハムのSサイズと鶏レバーのパテ。 続いてトスカーナ風 牛すじの黒こしょう煮。 良く煮込まれておりお酒が進む。 ドリンクは生から始まって、山崎、知多それぞれハイボール、レモンサワーにトマトサワーなどローテーション。 お店お勧めと言う厚切りローストビーフ。 イチボを使っているそうで厚みの割に柔らかく、山葵を添えて肉の味を存分に楽しめる一品。 その後は無限もやしなどつまみ中心に頼んだ気がするが、とにかく写真を撮り忘れており何を注文したのかが定かではない。 気付けば5時間ほど滞在しており、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。 店を出てから近場をうろうろして目に入ったショットバーへ。 何でも20年以上趣味でやっているという老舗。 ARDBEGを注文し久しぶりのアイラの香りを楽しんでから帰宅。 贅沢な休前日を過ごすことができて満足。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【…

続きを読む

RAINBOW WINE&KITCHEN(夜)@阿佐ヶ谷

「RAINBOW WINE&KITCHEN」 【阿佐ヶ谷/ダイニング】 目当てのお店が臨時休業だったので少し足を延ばしてこちらまで。 駅近くを歩いていてたまたま見つけた初見のお店。 1階はカウンターで2階がテーブル席。 こじんまりとした店内ではテーブルごとにキャンドルが灯されて、なかなか良い雰囲気。 生レモンハイボールを飲みながらまずは前菜盛り合わせ。 レバーパテにピクルス、燻製ポテサラ、ローストビーフにナムル 酒飲みにとっては嬉しいラインナップでポーションも多め。 続いて牡蠣のバターソテー レモン添え 写真を撮り忘れたフライドポテトはカリカリで、味はハーブソルト、サワーチリ、トリュフ、アンチョビガーリックから選ぶことが可能。 注文したのはトリュフ味。 メインは牛ハラミのガーリックグリル。 ガーリックソースか塩で頂くのだけれど、途中で燻製オイルを出して頂く。 このオイルをかけて塩で食べるのもおススメとのこと。 トルティーヤピザはつまみ感覚で食べられるが、熱々なので火傷に要注意。 生レモンサワーや知多ハイボールなどを挟みつつ、ついグラスの赤を。GravesのClos les Remparts Rouge(メルロー)。 赤のハウスワインはメニューに6種類あったが、この日は2種類が品切れだったので第二候補のこちらにしたところ大当たり。 非常にバランスよくどんな料理にも合わせやすい。 これで締めるつもりが、バッファローチキンウィ…

続きを読む

環コルレストラーレ(夜)@桜台

「環コルレストラーレ」 【桜台/ビストロ】 土曜日の夕食に近場のビストロへ。 ステーキとラクレットチーズ、ビオワインが売りの酪農ビストロという触れ込み。 開店時間の17時に予約を取っての訪問。 まずはシャルキュトリーの盛り合わせ ラタトゥイユ、サラミ、生ハム、キッシュ、パテドカンパーニュ。意外とボリュームがある。 パテドカンパーニュと生ハムがなかなか良かった。 チーズフォンデュ 火力が弱いせいかチーズの特性か、トロトロになるわけではないので、がっつりと絡ませてから食さないとチーズを味わうことができない。 この日はワインの気分ではなく、適当にハイボールなど頼んでいたが、ふとKAGUWAがある事に気が付いて慌てて注文。 日本ならではの複雑で濃厚な和の味わい。 ステーキの2種盛り合わせ。 1種は必ずサーロイン固定という事で、もう1種には鹿肉を。 鹿と牛サーロインのコントラストが良い。 客層はカジュアルで店を出ることには満席となっていたので、立地はやや奥まっているものの人気店の様子。 これと言って記憶に残る一品はないものの、普段使いとしては手頃で良いお店だと思う。 ビオワインを併せなかったことだけが心残り。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイ…

続きを読む

ムサシノバル(夜)@練馬

「ムサシノバル」 【練馬/ダイニング】 土曜日の夕方、歯医者を終えて買い物を済ませて近所の飲み屋へ18時頃飛び込みで。 旧名はAJITOでひばりが丘、大泉学園、三鷹にも展開しているダイニングバー。 先日訪問したバル 大連餃子の向かいにあるビルの2階で、店内は意外と広い空間が広がっている。 周辺はキャッチがたむろする界隈なためか、このビルの1階には警備員の方が立たれており、安心して訪問することができる。 こちらはキリンのタップマルシェ導入店のため、4種のクラフトビアを楽しめる。 この日はスプリングバレーブルワリーのJAZZBERRY、ヤッホーのインドの青鬼、グランドキリンIPA、DHCのOremium RICH ALE。 DHCはあのDHCだろうか。ビールを作っているとは露知らず、ものは試しと1杯目に注文。 お通しに山葵の効いた枝豆がサービス。 そしてまずはピクルス。ピクルスは酸味だけであまり旨味、辛みが感じられず。 ペペロンキャベツ。 これは癖になる味。酒のあてとして箸が止まらなかった。 サングリアの白。 グラス、ボール小、ボール大があり、こちらは小。2~3杯程の分量になっている。 柑橘類が甘すぎないアレンジとなっており、小休止もしくはチェイサー代わりに欲しくなる1杯。 続いてローストビーフの握り。 マヨは確かに美味しいのだけれど、個人的にはマヨなしでシャリを少なめにしてもらった方が嬉しい。 ボロネーゼ焼きペンネ。 …

続きを読む

きらり(夜)@練馬

「きらり」 【練馬/ダイニング】 目白沿い通りにある近場の居酒屋へ。 特にこれといって食べたいジャンルがなかったので、面白そうな居酒屋を探しての訪問。 開店時間に電話してみたところ残り席が2卓と評判の良さそうな処なので楽しみに伺ってみる。 知らないと見過ごしてしまいそうな間口の狭い階段上がって2階の入り口へ。 店内に入ると池の中で優雅に泳ぐ金魚がお出迎え。 小さなカウンターを過ぎると、左に窓際のテーブル席、右側にソファー席。それ程広くはないが、天然木をあしらった雰囲気はなかなかよさげ。 数日前に風邪をひいていたので久しぶりのアルコール。 まずは生ビールを飲みながらお通しのサラダ。ドレッシングは塩だれをチョイス。 鮮魚のカルパッチョは鯛、サーモン、帆立にタコ。1人前でひと切れずつという事だったので、2人でシェアできるようカットして提供していただいた。 ポテトフライは厚めの輪切り。カリカリが好きな人だとちょっとイメージが異なるかもしれない。 アボカドの神威豚の肉巻き。ゴロっとしたアボガドを豚肉で巻いてある。カリッとした豚肉にソースとマヨネーズ、葱の組み合わせが食欲をそそる。 椎茸焼き。醤油や出汁を選べるので、ここは醤油にしてみた。 まさかのアウトプットで楽しい演出。 まるごと石焼トマト こらも意外な出来上がり。トマトスープと挽肉、チーズが良く合っており。 混ぜてご飯やパスタに絡めて食べたくなる。 赤海老とローズ…

続きを読む

橙家(夜)@横浜

「橙家」 【横浜/ダイニング】 横浜で所要を済ませたのちにみなとみらいで夕食。 どこに行くかは特に決めていなかったのでアクセスの良い東急スクエアに入っているダイニングへ飛び込みで。 店名から勝手に活気のある居酒屋を想像していたが、意外とラグジュアリーな演出の店。窓際の席ではみなとみらいの夜景が一望でき、カップルシートも用意されている。 壁際の席は一段高くなっており、こちらからも景色が見えやすくなっている。 予約をしていなかったが席が空いており壁際のテーブルに通される。 メニューを眺めると、単なる居酒屋メニューではなく手間を加えているものが見受けられた。 まずは牛しぐれの出し巻き玉子。牛しぐれ餡とたっぷりの長ネギがかかった一品。 ビーフソーセージのグリル マッシュポテト添え。 牛100%の旨味あるソーセージを香ばしく焼き上げて、口直しのトマトのマスタード和え。 想像と異なり荒々しく旨味の凝縮されたソーセージ。 ドライトマトとカマンベールの天婦羅 これは癖になる味。 海老とアボカドの雲丹和え 海老、アボガド、炙り雲丹と数種類の野菜を、雲丹と卵黄のソースで和えて メインに肉料理を注文。 <熟成牛>赤身肉のレアカツレツ~雲丹黄身醤油~ 熟成させた赤身肉のレアカツレツを雲丹と卵黄の濃厚醤油で。わさびや酢橘などの薬味とご一緒に。 牛カツはあまり食べないのだけれど、これは肉と衣のバランスが良い。 追加で魚も頼もうと思い、 金目鯛の…

続きを読む

酢重DINING(夜)@丸の内

「酢重DINING」 【丸の内/居酒屋】 新丸ビルにて新年会。ここは結構な賑わいで人気店の様子。 元々は文政十年に信州小諸で味噌蔵として創業し平成17年より「酢重正之商店」として軽井沢で新たな歴史を刻み始めているとのこと。味噌、醤油、酢などの調味料を製造する傍ら、都内を中心に飲食店も展開している。 通されたのはロの字型のカウンター奥にある個室。個室といっても店内との仕切りは全面ガラス、逆の壁側は窓からその景色が眺められる特等席。 コースではないので適当に注文を進める。 刺身の盛り合わせ。 金目の一夜干し。 酢重の鉄板カツ。豚ロースとバラ肉のアスパラチーズ巻き揚げを鉄板で提供。 ドリンクはしばらくビールで我慢していたものの、途中でスパークリングをボトルで入れてしまい、さらに春雨カリーのデキャンタなど。 メニューでなぜか味噌漬け焼きを押しているなと思ったが、祖業が味噌蔵だからという事が後で判明。 事前にもう少し調べていけばよかったと反省。 予約をしないと厳しそうだけれど、気の合う仲間とふらっと入って数杯飲み食いするのにちょうどよい店。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一…

続きを読む

燻男(夜)@新橋

「燻男(いぶしお)」 【新橋/ダイニング】 暁星メンバーと忘年会。毎年銀座周辺のコンセプトの立った店を選んでいるが今年は動き出しが遅れてしまい選択肢が少なくこちらのスモーク店へ。 新橋の烏森口を出て細い道へ入り小さなビルの2階に佇む。店内は狭めで通されたのは窓際にある半弧のベンチ&テーブル席。 ギリギリハッピーアワータイムだったのでまずはドラフトで喉を潤す。 メニューは燻製一択。まずはコンビーフのマヨネーズ合え。 鯖の塩焼き。鯖の燻製は初めてだがなかなかいける。 また、試さなかったけれど何故かマスタードの付け合せ。 鶏のささみ。こちらは定番。 ウィスキー押しのようなので2杯目からはチェイサー替わりのビールとモルトのロック。 合わせるならアイラかと思いボウモアやアードベッグなど。 お通しにはスモークナッツが出てくるが、これがなかなかいける。 金華〆鯖は〆が強くあまりスモーク臭を感じない。 帆立燻製 合鴨ロース燻製 燻製チーズ 燻製枝豆 最後のオーダーが記憶にないがスモークチキンか? 面白いドリンクとしてスモークハイボール。これはハイボールに後からスモークの香りづけをしたもの。 ウィスキーはジャパニーズの種類も比較的あるので、飲んだことのない銘柄などにも挑戦してみる。 とにかくどれを食べてもスモークの味わいなので、さすがに後半は飽きがきてしまう。 さらに席が窮屈でウィスキーをハ…

続きを読む

馬肉バル 跳ね馬 池袋東口店(夜)@池袋

「馬肉バル 跳ね馬 池袋東口店」 【池袋/居酒屋】 久しぶりの相手と池袋にて飲み。男二人でも楽しめそうな店を見繕って予約。 寒空の下で明治通りを少し進んで脇道へ。雰囲気のよさそうな店が現れる。 店内は大分狭く左右にテーブル席が並び、正面のキッチン前にカウンターが4席ほど。 数日前に店から電話があり、予約日が意外と混んでいるためカウンターでもよいかと聞かれており、快くOKしていた。 ただ現場を訪れるとカウンターは想像よりも狭く、コートを掛ける場所もなく店で預かってくれることもできないそうなので、テーブル席に変更できないかダメ元で聞いてみる。 すると団体客の隣でよければ、という事で移らせてもらえた。 カウンターよりはスペースの余裕があるものの、基本的には隣席との距離が非常に近い。しかも隣の合コンが4人予約にも拘わらず急きょ5人の来客という事で更に圧迫感。 幸いそのあたりを気にするような相手との飲みではなく、左右の片方は最後まで空いたままだったので特に問題はなし。 馬肉専門店という事で、まずは鉄板の刺身5点盛り。 サーロイン、特上ロース、トモバラ、ヒレ、コウネ、モモ。 馬刺しのサーロインは食感的にあまり好みではないけれど、それ以外は安定の味わい。 馬もつのアヒージョ。これは酒が進む味。馬スモークタンのアヒージョと迷ったがこちらで正解だったと思う。 馬肉とアボカドのタルタル。アボガドがアクセントとなっており、飽きることなく食べられる。 馬肉グリル3…

続きを読む

and people ginza(夜)@銀座

「and people ginza」 【銀座/ダイニング】 銀座にて12月誕生日仲間たちと結婚のお祝いなども兼ねての飲み。 ビルの1階にある案内板には8階と9階に店名が連なっているが、エレベーターに乗ると8階のボタンは押せないため9階へと上がる。 エレベーターを降りるとそっけないフロントがあり予約名を告げると、脇の鉄扉を開けて8階へ降りるよう指示される。 扉の向こうはコンクリート打ちっぱなしの狭い階段となっている。半分不安、半分期待の面持ちで下に降りると、意外なほど広い空間が広がっていた。 照明は落とし気味で、高い天井にはプロジェクションマッピングが映し出されている。 客層はもっぱら女性の比率が高く、どうやらおっさんずラブのロケ地として利用されたとの事。幸いなことに女子2名と訪問したので場違いな存在にならずに済んだ。 注文はテーブルにあるタブレットを使う形式で店員を呼ぶ手間が掛からない点は良い。 メニューはフード、ドリンク共にそれ程バリエーションがなく、目を引かれるような面白いものもなく無難なラインナップ。 エビのアヒージョ フォカッチャセット 南イタリアの生モッツァレラ カプレーゼ まるごとカマンベール焼きフォカッチャセット フォカッチャがなかなか美味しくカマンベールと蜂蜜、オリーブオイルとの相性が抜群。 さらに、活ハマグリと野菜のワイン蒸し、ササミのタタキ ジンジャーカルパッチョなど ササミのたたきは酒のアテとして非常に…

続きを読む

参加ランキング