わ・かく田(夜)@大門

「わ・かく田」 【大門/日本酒】 偶然、二日連続での大門日本酒飲み。こちらは以前訪問したつるべのリニューアル店。 失礼ながら以前よりも綺麗な店内となっている。 お通しはカマの煮付け。 造り盛り合わせ。秋刀魚の上に見えるのは八丈赤むつという赤むつでノドグロとはまた違う種類らしい。 最初はビールを数杯飲んでから、焼酎のボトルを入れて頂く。きれいなラベルは八千代伝酒蔵が2016年からリリース開始のMoonシリーズ「BLUE MOON Crio(クリオ)氷結芋仕込み」。『本作は、同じ芋をまず1ヶ月低温でデンプン糖化を促します。その後1週間氷結冷蔵で水分を飛ばしながら追熱と糖濃縮をさせるCrio Extraction(寒冷抽出)を行い、芋の蜜を生成しました。甘みとキレの共演をお楽しみください。』という説明の通り一見軽い口当たりを感じるものの、しっかりとした旨味、甘味が味わえる出色の出来。来年も作られるかどうか分からないという事なので貴重な1本。 その後は日本酒に移行。色々と飲んだので各銘柄をよく覚えていないのが残念。 お店からお勧めされたローストビーフも絶品。 金曜日の夜を気持ちよく締めることができて大満足。 食べログ:わ・かく田 (居酒屋 / 大門駅、浜松町駅、御成門駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

日本酒専門店 萬亮(夜)@大門

「萬亮(まんりょう)」 【大門/日本酒】 神保町のバルから移動してご相伴相手の知人が独立して立ち上げたという日本酒店へ。 利き酒師の店主が日本全国から自分の舌で厳選したというボトルが冷蔵庫に並んでいる。 まず一杯目は生生でのお勧めを選んでいただく。 次は雄町を飲みたいなと思っていたら、オーダーする前に雄町を出して頂く。佐賀県天山酒造の七田。1875年創業で国の有形登録文化財に登録される歴史ある蔵らしい。雄町と愛山の純米大吟醸飲み比べという楽しいラインナップ。どちらも季節がらのひやおろし。そして、奈良県は千代酒造の裏篠峯ろくまる。こちらも雄町で純米吟醸の秋あがり。 黙って雄町を出してきてくれるあたり、非常に相性がよさそうなお店。 そして港区芝で作られたばかりの「江戸開城」。純米吟醸 原酒。 店員の方もみな良い方たちで、いぶりがっこチーズも絶品。日本酒店にしては明るい雰囲気で非常に寛ぐことができる。 食べログ:日本酒専門店 萬亮 (居酒屋 / 大門駅、御成門駅、浜松町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

つるべ(夜)@大門

「つるべ」 【大門/居酒屋】 芝にあるお取引先へ訪問後そのまま先方にチョイスを任せて突入したお店。 日本酒が売りらしく、周辺の店数店と共同でたまに日本酒のイベントなども開催しているらしい。 刺し盛りが到着後は早々に日本酒へ。刺身は港町のようなラインナップで料理の期待も膨らむ。 最近入ったお勧めの十四代を頂いた後は、生生がすきだと伝え口開けも含めてその後2種類ほど。 後半はボトルで入っていた芋焼酎を出してもらい、いつも通りひたすらロックで飲み続けた。 つるべ (居酒屋 / 大門駅、浜松町駅、御成門駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

うかい(夜)@芝

「とうふ屋 うかい」 【芝/和食】 東京タワーの麓に約2000坪の敷地を持つお店。広くて立派な庭園に趣のある家屋は東京にいることを忘れるような雰囲気。個室の窓から見える池には立派な錦鯉と石灯籠。向かい岸には東屋が見える。この東屋では名物の揚げ田楽を炭で焼き上げるとのこと。 元々は八王子に店があり、ここでは8年目。ボーリング場を更地にして古い家屋や樹木を移設して作り上げたという説明を聞いてみな驚いた。店内には酒樽や絞り機が置いてあったがどれも造り酒屋から譲り受けたそうだ。 八寸は八寸四方の盆に載せられていることから、そう呼ばれていると初めて知った。 名物の豆水豆腐。これと先ほどの揚げ田楽、そして最後に注文した竹酒が三大名物らしい。 今回はランチだったので次回は夜に訪れてみたいが、これだけ落ち着いた雰囲気だと飲み過ぎてしまいそうで恐い。 東京 芝 とうふ屋うかい (懐石・会席料理 / 赤羽橋駅、芝公園駅、神谷町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Le Pain Quotidien@芝

「Le Pain Quotidien(ルパンコーティディオン)」 【芝/CAFE】 日曜日の昼下がりに増上寺まで散歩。特にイベントのない日は閑散としている。初詣と箱根駅伝の応援が重なる時期とは大違い。 小腹が減ったので夕食の前になにかつまもうと、目に入ったテラス席へと飛び込む。 ESTAMINETというベルギーのドラフトとサンドイッチを注文。 ビールはとても香りが軽く、口当たりも爽やかだ。下面発酵製法でじっくり6週間発酵させて作るらしい。普段は修道院かアベイ系が多いのでたまにはこういう味も新鮮だ。 珍しいビールを置いていると思ったら、お店がベルギーのベーカリーレストランなのだとか。 パン屋だけあってサンドイッチも美味しく頂けた。 このままディナーまで居座ろうかとも思ったけれど、日が傾くと肌寒くなってきたため早めに退散。 ル・パン・コティディアン 芝公園店 (カフェ・喫茶(その他) / 御成門駅、大門駅、芝公園駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

焼きはまぐりる(夜)@浜松町

「焼きはまぐりる(やきはまぐりる)」 【浜松町/焼蛤】 職場のメンバーと3人で美味しいものでも食べに行こうと、最近女子に人気の焼蛤店へ。青山にするか浜松町にするか迷ったのだけれど、行きやすく帰りやすい浜松町店へ。鍋コースが浜松町にしかないのも決め手になった。 地下1Fにあるお店はそれ程広くなく、活気があって使いやすそうな雰囲気。注文はコースをお願いしておいたので、運ばれてくるものを食べるのみ。ちなみにアラカルトだと蛤が椀子蕎麦のように次から次へと運ばれてくるらしい。 他のメンバーがあまり飲まないのと、体調が悪かったためドリンクは専らビール中心。 料理は、焼蛤、八寸(牛トロ握り、里芋の唐揚げ、磯辺揚げ、鶏ささみの梅とろろ)お造り二種盛り、焼蛤醤油味、牡蠣の雲丹焼、蛤鍋、雑炊、デザートとそれなりにボリュームがある。 次回はぜひわんこ蛤に挑戦したい。 焼はまぐりる 大門店 (魚介・海鮮料理 / 大門駅、浜松町駅、御成門駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Pipe Line(夜)@浜松町

「Pipe Line(パイプライン)」 【浜松町/ダーツバー】 写真はなし。 浜松町の裏通りにある、ちょっと分かりにくい場所のダーツバーへ。 土曜9時過ぎにも拘わらず店内は空いている。のでちょっと心配したけれど、料理はきちんと作っていた。 穴場的でいいかも。 →他のグルメブログを探す パイプライン (ダイニングバー / 大門駅、浜松町駅、御成門駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

新亜飯店(夜)@浜松町

「新亜飯店(しんあはんてん)」 【浜松町/中華】 浜松町へ行く予定があったため、小龍包で有名な新亜飯店で一杯。土曜の夕方だったが、店内は結構空いている。 青島ビールを飲みながら、鶏焼きそばと小龍包、蒸し餃子をつまむ。 鼎泰豊(ディンタイフォン)より美味しいという小龍包は肉厚でやや大きめ。スープをしっかりと包み込んでいる。できたてを一口でいく勇気はなかったので、最初は箸で二つに割って。口でかみ切ると汁が派手に飛び散ることは分かっていたのだけど、連れは見事に体現。 蒸し餃子はもう少し皮を薄くしても良いような気がする。 焼きそばは若干薄味のきらいが。 量が多いので注文する分量には要注意。 →他のグルメブログを探す →Amazon 中華満喫 新亜飯店 芝大門店 (上海料理 / 大門)★★★☆☆ 3.0 新亜飯店 芝大門店 (上海料理 / 大門駅、浜松町駅、芝公園駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

Nusa Laboo(夜)@芝

「Nusa Laboo」 【芝/ダーツバー】 芝にあるダーツバー。 アメリカンな雰囲気のお店。 ビールはギネスやバスペールエールなど。 料理はいまいちなので、呑みながらダーツというスタイルがオススメ。 カウントアップは670。もう少しで700だったけれど最終ラウンドで崩れた。 →他のグルメブログを探す →Amazon 首都圏スタイリッシュレストラン―大人の夜を遊ぶ、ショットバー、ダーツバー、ダイニング&カフェ ヌーサラブー (バー / 三田駅、田町駅、赤羽橋駅) 夜総合点★★☆☆☆ 2.5

続きを読む

la fille(夜)@芝

「La fille(ラフィーユ)」 【芝/カジュアルフレンチ&カフェバー】 友人のバースデーパーティをかねて。 ちょっと分かりにくい場所にあるお店。 通されたのは2階席。 金曜の夜だというのに、オープン間もないせいか他に客はおらず貸し切り状態。 大きなスクリーンでは、ジャネットジャクソンやモルジブの風景などが流れる。 店員の対応はなかなか良い。 味は普通。 →他のグルメブログを探す →Amazon 首都圏スタイリッシュレストラン―大人の夜を遊ぶ、ショットバー、ダーツバー、ダイニング&カフェ

続きを読む

参加ランキング