ワインバーエテ(夜)@池袋

「ワインバーエテ」 【池袋/ワインバー】 池袋のワインバー。昨年から開拓し始めたエリアで、探してみると意外とお店が見つかる。西口のロサ会館周辺に集まっている傾向があり、ここもその一つ。 小さなビルの2階にあり、知らないと見逃してしまいそうな間口。入ってみると客はまだ誰もおらず、貸切状態。 21時まではグラスワインがすべて半額ということだが、種類が多くてよくわからないため、メニューの一番上から順番に注文。 レバーパテ。 前菜の盛り合わせ。カプレーゼはきちんとブッファラを利用。あまり料理を注文しなかったけれど、どれもきちんと作られている様子。 途中から客が2組ほど増えたが、騒がしすぎず、静かすぎず、なかなか居心地のよい空間。 ワインバー エテ (イタリアン / 池袋駅、要町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

GRAPE CHOICE(夜)@広尾

「GRAPE CHOICE(グレープチョイス)」 【広尾/ビストロ】 広尾にあるワインバーへ。明治通り沿いだけれど間口が小さな地下にあるため、油断をすると通り過ぎてしまう。 通されたのはカウンターの奥にある個室で、坪庭を眺めることができる。 名前にちなんで箸置きは可愛い葡萄の形をしている。 まずはバスのドラフトに前菜盛り合わせを。ハーフにしたのだけれど意外と量が多い。 ビールの次はワインではなくなぜか焼酎へ。雪乃丞という聞いたことのない銘柄を頼んでみると、これが案外いける。 そこへ地鶏の白レバーとキノコのピュレとサラダを追加。 焼酎を数杯開けたところで、ようやくワインへ移行。 お店が薦める赤城和牛のメニューからローストビーフを選びつつも、赤ではなく甘めのリースリングを注文。ドイツ産が置いていなかったので、カリフォルニア産を。 ここはニューワールドワインの品揃えが多く、選択肢も幅広いので、ワイン好きなら楽しめるお店かもしれない。 料理も悪くなく、前菜は色々と楽しめるし赤城和牛の赤身の美味しさも堪能できる。 グレープチョイス (ステーキ / 広尾駅、恵比寿駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

ぶどう酒食堂さくら@六本木

「ぶどう酒食堂さくら」 【六本木/ワイン】 昼からの映画を観た後、中途半端な時間に飛び込みで訪問。 六本木通り沿いに黒板が出ていたので、矢印に従って一本裏手へ。すると一見カフェのような店が現れる。店内は比較的広く、ワインショップも併設された明るいお店。 この時間でも通常メニューで注文できるのが嬉しい。 タパス系はワンコインで、一方ジビエなど幅広いメニュー構成となっている。 最初は軽くつまむだけのつもりで、生ハムやキッシュ、ニョッキのフライなど。ところが飲み進めるうちに魚を挟んで、パスタ、ピザと平らげてしまった。 泡からスタートしてその後は確か白を2本ほど。日曜なのに意外と記憶が曖昧になるほど飲んでしまった。 外に出ればいつの間にか暗くなっていてビックリ。 昼から夜まで通しで営業しているので便利だし、ワインはリーズナブルな価格帯から幅広く取り揃えているのも飲んべえに取っては嬉しい限り。 分かりにくい場所に良い店を見つけると嬉しくなってしまう。 ぶどう酒食堂さくら (イタリアン / 六本木駅、乃木坂駅、六本木一丁目駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

葡呑(夜)@西麻布

「葡呑(ぶのん)」 【西麻布/ワインバー】 この週末は昼間から空腹状態で恵比寿のビールイベントへ。日本各地の地ビールを1リットル以上飲み干してから六本木のプラネタリウムで時間をつぶし、まだメニューへ筆を走らせている開店早々の店内へ。ここは約9ヵ月ぶりの訪問。前回は1Fのテーブル席だったが、この日は2Fのソファー席を陣取る。古民家を改装した店内は相変わらずワインのお店とは思えない雰囲気を醸し出している。 すでにビールを大量に飲んでいたので、一杯目は泡を注文。つまみにはポテトサラダとうるいのお浸し。今が旬のうるいは生で食べることが多いけれど、お浸しも悪くはない。 続いては、鶏レバー、アオリイカに甘めの白をハーフボトルで合わせてみる。オーガニック系の白は外れが少ないような気がする。 最後はフランス産鳩のグリル、帆立と空豆のかき揚げに、オーガニック系のスパークリングを注文。空豆を食べると夏への準備が始まるような気がする。 本当は稚鮎の天ぷらなど他にも頼みたいものがあったけれど、この後に行きたいお店があったので、3時間程度で店を後にする。スタッフの対応といい店の雰囲気といい、心地の良いお店のひとつ。 葡呑 (居酒屋 / 広尾駅、六本木駅、乃木坂駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

KUNI(夜)@渋谷

「KUNI(クニ)」 【渋谷/ピッツァとワインバル】 ヒラルの後の2軒目に飛び込みで入ったお店。 3階建ての狭い店内に所狭しとワインが並ぶ、ざわついた活気ある雰囲気のお店。ワインのボトルにはスタッフのレコメンドが書き込まれているので、選ぶのが楽しくなりそうだ。 運良く3Fのテーブル席に通してもらい、ピクルスや蛸のマリネなど軽いつまみとワインを注文。 頼んだのはランブルスコ(Lambrusco)というイタリアワインだけれど、これがなかなか面白い。微炭酸の赤ワインで天然の発泡酒。甘口と辛口があるので色々な料理に合わせることができそうだ。 チェイサーにビールを呑みながら酒量を抑えめにしつつ、気の置けない仲間と楽しい時間を過ごすことができた。 そして、23時過ぎまで呑んでから池尻のバーへと移動。 SHIBUYA HOUSE (ピザ / 渋谷駅、神泉駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

bar酒場(夜)@南青山

「BAR酒場(バーさかば)」 【西麻布/ワインバー】 ちょうど2年振りの訪問。以前は個室だったけれど、今回はカウンター脇のソファー席。身体が疲れているタイミングなのでソファーのあるお店ということで選択。 店の奥に位置しているので、他から切り離されたような空間が落ち着けて心地良い。 早朝から飲んで動いていたので、飲むというよりも休むという感覚。サングリアのデキャンタに鯛のカルパッチョとサラダを注文。 続いては手頃なカヴァをボトルで頼み、キャベツと桜海老を炒めたものや筍のバター醤油仕立てを。 再びサングリアのデキャンタを飲み干す頃には、いつの間にか日をまたいでいる。ちょっと休むつもりが居心地良く長居をした。 カウンターで大声を出されてしまうと少し気になるけれど、それ以外はとても寛げるお店。 BAR 酒場 (バー / 広尾駅、表参道駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

パテ屋(夜)@麻布十番

「パテ屋(パテヤ)」 【麻布十番/パテ】 3月も終わろうとしているのに寒風の吹きすさぶ寒い中、久しぶりの森美術館で心に栄養を与えた後は胃袋と肝臓に栄養を与えるべく、前職の仲間たちと以前から気になっていたお店へ。通されたのは地下のフロア。白を基調とした清潔感のあるお店で、いろいろなパテを味わうことができる。 定番の鶏レバーに加えて、ラタテューユとクリームチーズのパテ、牡蠣と青のりのパテなどを注文。その他、牛ホルモンのトマトソース煮込みやムール貝のワイン煮込み、焼カマンベール、牛タンシチュー、生ハム、ソーセージなどをつまみながら、飲み物はひたすらワイン。煮込みはどれもルクルーゼの鍋に入ってくるので可愛らしい。 スパークリングから始まって、白、白、赤、赤と3人でよく空けた。何だか色々と喋りすぎてしまった気もするけれど、妹2人と飲んでいるようで楽しい会だ。 地震以降お客さんの入りも悪く、仕入れもなかなか十分にできていないようだけれど、こぢんまりとした良いお店なので、ぜひ頑張ってほしい。 麻布十番 パテ屋 (西洋各国料理(その他) / 麻布十番駅、赤羽橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

銀座でワイン(夜)@銀座

「銀座でワイン(ぎんざでわいん)」 【銀座/ワイン】 お取引先と銀座でワイン。SEOを意識したかのような分かりやすい店名のお店。銀座の1丁目というやや外れた場所にも拘らずお店は大盛況。その名の通りお店の主役はワインで、店の中央は大きなワイン棚で導線が区切られており、席は脇役とばかりにその周囲に配置されている。今回は個室を予約していたのだけれど、一面のガラスで区切られた贅沢な個室で楽しめることができた。 フードはつまみ系が充実しており、気になったものを片っ端から注文していく。ワインはよく分からないので300種類ある中から完全に店員にお任せ。人数が7名いるのでボトル1本頼んでも一人1杯程度。したがって当然のように赤と白を一本ずつ注文して、2杯飲んだらまたボトルを2本注文。後半はペースに差が出てくるので、ペースの速い人は遅い人のグラスを受け取るようになってくる。 それなりに飲んで食べたのだけれど、銀座にしてはリーズナブル。この場所で盛況な理由が分かるような気がする。そして、クローズの時間もこのあたりにしては珍しく朝方まで。なかなか重宝するお店だ。2軒目に使ってもいいかもしれない。 銀座でワイン。 (ダイニングバー / 東銀座駅、銀座一丁目駅、銀座駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Di PUNTO(夜)@銀座

「Di PUNTO(ディプント)」 【銀座/ワインバー】 前職のメンバーと銀座で飲み。松屋の裏手にある路面店は女性をターゲットに作られた手頃なお店。ナチュラルテイストでとても清潔感がありながら賑やかな雰囲気。 生ハムとサラミを頼むと大きな板に盛られて出てくる。テーブルの殆どを占領してしまうのが難だけれど、パフォーマンスとしてはなかなか面白い。その他ジロールチーズとアカシア蜂蜜とか、生たことセロリのわさびカルパッチョ、アボカドと玉葱の生姜醤油、ほっこり"アピオス"の蒸し焼など色々とつまみながらワインをボトルで空けていく。ジロールチーズというのはジロールというというキノコのようにチーズを薄く削ったものだとか。 店員も可愛くて楽しいお店だけれど、銀座のお店らしく閉店時間が0時と早めなのが残念。 ワインの酒場。ディプント 銀座三丁目店 (バル・バール / 東銀座駅、銀座一丁目駅、銀座駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング