岡北@京都

「岡北(おかきた)」 【京都/うどん】 今回の旅行で唯一予約の取れなかったお店。 11時のオープンに併せて訪れたにも拘らず、既に店の前には行列が。真夏の日差しの中で汗を流しながら1時間ほど待ってようやく店内へ。 テーブル間のスペースが広く、しかもテーブルが基本的に4人席なので、店の広さに比して同時に入れる客数が少ないのだと理解。 注文したのは饂飩ではなく天とじ丼。 冷たい饂飩にも非常に惹かれたのだが、事前に写真で見た天とじ丼が目当てだったので、ここはぶれずに注文。 とろとろの卵の中に海老天という見た目が既に反則だ。 卵でとじてあるにも拘らず、不思議なことに天麩羅の衣がまだ生きている。 タネに火が入りすぎてしまうのと、衣が死んでしまうのは天丼の宿命だと思っていたので、これは意外だった。 少なくとも待ったかいはあった。次回は饂飩を注文したい。 岡北 (うどん / 東山駅、蹴上駅、三条京阪駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

三嶋亭 本店(夜)@京都

「三嶋亭 本店(みしまてい ほんてん)」 【京都/すき焼き】 京都の地で明治時代から130年以上も続く老舗の牛鍋屋。夏にすき焼きを食べるのはやや躊躇したが、関西風のすき焼きを食べたことがなかったので、訪れることを決心。 すき焼きのコースは3種類あるが、違いは肉の質だけという事なので、一番よいものを頼んでみる。 運ばれた肉は立派なサシが入っていて、いかにも高そうだ。 仲居さんが作る様子をじっと観察したところ、まずは熱した鉄板に砂糖をまぶし、その上に肉をひいて、割り下を和える程度に掛けて焼いていく。 関東のように煮てしまわないので、肉が固くなることはないが、砂糖と卵で肉の旨味が良く分からない点はあまり変わらない。 とはいえ和食続きだったので脂は美味しく感じられた。 あとは、長ネギに玉葱、しらたき、豆腐、お麩を同じ要領で焼いてくれる。お麩は変わった種類で味が染み込むのに時間が掛かる。 何度も通うお店ではないかもしれないけれど、雰囲気も含めて一度試すにはよい処だ。 ホテルに戻ってからはテレビで五山の送り火を中継で観賞し、京都最後の夜を終えた。 訪れた店を思い返してみると、どうも日本酒の品揃えがいまいちな気がする。さすがに純米大吟醸を頼めばどの銘柄でもそこそこけれど、料理を引き立てるほどの美味しいお酒に出会えなかったのが唯一残念。 晩酌文化だけでなく、もっと酒と料理を合わせる文化が広まって欲しい。 三嶋亭 本店 (すき焼き / 京都市役所前駅…

続きを読む

桜田@京都

「桜田(さくらだ)」 【京都/和食】 二日目のランチはミシュラン2つ星の和食屋へ。シンプルな白の暖簾がむしろ雰囲気を感じさせる店構え。 カウンターに通されてまずは食前の梅酒。 先付けは赤ピーマン、白きくらげ、マスカット、かぼちゃ、海老に合わせ酢のジュレが涼しげな一品。鳥かごのような蓋が可愛い。 女将さんが百春という日本酒を杯に注いでくれる。 椀物は鱧。香り付けに入っている柑橘は金柑かな。梅の酸味も効いて夏らしい吸い地となっている。 造りは、鯛、マグロ、烏賊、じんばその煮こごり?。じんばそは海藻の一種らしく「神馬草」と書くようだ。鮪は小さいものです、と説明されたので「ヨコワですか」と聞いたが、店員の女の子はヨコワを知らなかったようだ。 続いて鮎の塩焼きにスズキ、鱧、ほうれん草とイチジクの白和え。枝豆は新潟の黒丸。スッポンの煮こごり。 前日の床でもスッポンが出てきたが、夏が旬なのだろうか。 寒鰤で有名な富山の氷見素麺でさっぱり。 煮物は冬瓜と、蓮根から作られる蓮餅。そういえば1週間前に訪れた鎌倉の鶴岡八幡宮でも蓮の花が綺麗に咲いていた。 梅肉茶漬と水羊羹で締め。 女将さんの存在感が光る落ち着いた店だ。 奥のテーブル席なら複数人でも楽しむことができる。満足な3食目。 桜田 (懐石・会席料理 / 四条駅(京都市営)、烏丸駅、五条駅(京都市営)) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

貴船ひろや(夜)@京都

「貴船ひろや(きぶねひろや)」 【京都/和食】 夏の京都で涼を求めて貴船の床を訪問。まだ明るい内にひぐらしの鳴く貴船の山中へ。 ひろやは以前に訪れた貴船荘よりもテーブルの間隔が広く、落ち着くことができる。 まずは、旬が始まったばかりのイチジク豆腐。 続いてゴリ、万願寺寿司、鰻などなど。ゴリといえば北陸を思い出すが、京都も日本海に繋がっていることを再認識。 すっぽん茶碗蒸し。中には白玉とネギと生姜。白玉の入った茶碗蒸しは初めて食べた。 造りは鱧にマグロ、鯛。見事な氷の器に入ってくるので目でも楽しめる。 黄味の乗った細い素麺。 鮎の塩焼き。やや大ぶりなので骨が気になる。黒い器に塩で描かれた模様が綺麗。蓼酢でいただく。 その後、煮物、揚げ物と続く。 仲居さんがとても良くして下さったのでのんびりと寛ぐことができた。 ロケーションは最高なので、これで料理と酒のクオリティが上がれば言うことなしなのだが。 ひろや (懐石・会席料理 / 鞍馬駅、貴船口駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

山玄茶@京都

「山玄茶(さんげんちゃ)」 【京都/和食】 真夏の京都へ食い倒れ旅行。 1食目のランチは招福楼で20年修行した大将のお店へ。こんな所にミシュランで星を取る店が?と思うような裏通りで、しかも夜に賑わう界隈なのでランチ時はますます人の姿が見えない。 緑色の暖簾をくぐって2階の個室へと通される。 1品目は、雲丹豆腐に雲丹、海ぶどう、ジュンサイのジュレと夏に相応しい涼しげな先付。 煮物椀は鱧、冬瓜、オクラ。日本酒があう一品。 造りはタコ、ジマアジ、鱧、鯛。お手しょには醤油でなくちり酢。鮎の塩焼きに付ける蓼酢は知っているがちり酢は初めて。橙を使った柑橘系のさっぱりとした味わいだった。 焼物は塩漬けにされた桜の葉乗ったイサキの漬け焼、大根おろしにしば漬け、セロリに金山寺味噌。仲居さんが白アスパラだというので聞き直したがやはりアスパラと説明する。がその後顔を出してくれた板さんに聞くとセロリだと訂正してくれた。 続いて八寸。茄子田楽、タコの柔らか煮、大根焚き物、イチジクゴマだれ、笹寿司、キュウリとかまぼこの酢味噌和え、ホオヅキに盛られたシナモン風味の効いたさつまいも、鯵南蛮。 揚げ物は鮎に、ゴマ豆腐、万願寺の天ぷら。鮎は焼物で頂きたかったけれど、このあとに塩焼きを食べる機会はありそうなのでよしとする。 続いて、賀茂茄子、赤こんにゃく、麩を揚げた面白い一品。 最後にご飯。何でも大将の地元で取れたという米。滋賀の山沿いは柔らかいのが特徴ら…

続きを読む

柚子屋旅館 一心居(夜)@京都

「柚子屋旅館 一心居(ゆずやりょかんいっしんきょ)」 【京都/京ごはん處】 2005年9月末、際コーポレーションが、和のオーベルジュというコンセプトで京都の経営難に陥っていた旅館を引き継ぎ開業したお店。観光地・京都の旅館は、団体客の宿泊利用で収益を保てるため、食事への工夫が不足している。その結果として、京料理を満喫したいという観光客の間では、夕食をつけない宿泊が好まれる傾向にある。しかし、食事を宿で取りたいという潜在的なニーズは高い。料理に力を入れれば、差別化できると判断した。のだとか。 祇園を抜け、八坂神社の鳥居の隣に狭く趣のある石段があるが、そこが入り口となっている。 店に入ると不思議な香り。お香かと思ったがその正体は後で判明することになる。 入り口付近には3つのおくどさんが出迎えてくれる。奥にはテーブル席2卓に座敷が7卓ほど。 ちらほらと宿泊客の姿も見える。 柚子鍋がお勧めらしいので、その鍋が付いた懐石コースを注文。使っている柚子は地元水尾産の柚子。野菜も京野菜が中心となっている。 行くまでは居酒屋的な感じかと思っていたが、店員の対応や店内の雰囲気、料理どれを見てもそれなりに拘っている様子。 菜  氷鉢旬野菜盛り 水茄子、もろ胡、おくら、茗荷、ほおずき  メニューを見ながら書いているが、写真にはベビーキャロット、一口南京(南瓜)、蓮根、牛蒡もある。  色々な野菜を3種の味噌で味わえる。柚子味噌、辛味噌、鯛味噌の3種。茄子を生で食べたのは初めて。ほおずきはそ…

続きを読む

eXcafe 嵐山本店@京都

「eXcafe 嵐山本店( イクスカフェ アラシヤマホンテン )」 嵐山で人気のスイーツ店。 入るのにやや躊躇するような立派な門構え。元々は旧豪邸のようで、壁から天井に至るまで良い造りをしている。 当初は当然、甘い物をと目論んでいたのだが、あまりの暑さにビールと胡麻豆腐のセットを注文。 サッパリとしておりこれはこれで楽しめる。 赤い方はかすかに梅肉の香りがして、夏に楽しめる一品。 →他のグルメブログを探す イクスカフェ 嵐山本店 (カフェ / 嵐山駅(京福)、嵐電嵯峨駅、トロッコ嵯峨駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

貴船荘(夜)@京都

「貴船荘(きぶねそう)」 【京都/川床料理】 川床料理を食べに京から北へと向かう。車で小一時間走ると、さすが盆地。すぐに山の中に入る。しばらく山中を走ると川床料理の店がずらりと並ぶ場所が現れる。 川沿いのため湿度は高めだが気温が低いので町中とは違って心地良い。鴨川の床は単にテラス席の様相だが、ここは川の真上に席が設けられている。床の営業時間内はある程度水量を調節しているとのこと。 料理そのものはいわゆる旅館料理だが、川の流れをBGMにしていただく料理はその雰囲気のためか美味しく感じられた。 今回は蓼酢で頂く鮎の塩焼きと鱧の落としが目的だったが、どちらも味わうことが出来た。 まずは、白ワインとヴィシソワーズ。 先附  南瓜豆腐、ラディッシュ 八寸  石伏魚時雨煮、帆立厚焼玉子、鰻八幡巻、川蝦素揚、絹かつぎ、山桃、花蓮根、海老胡瓜真丈串刺  石伏魚とはゴリのことで、よくよく見ると大きさは小さいが、あの独特の姿が伺える。 向附  鯛昆布〆、市松東寺巻、刺身蒟蒻  市松東寺巻は鱒と長芋を市松模様に仕立て、それを湯葉で巻いたもの。 焼物  若鮎塩焼 葉地神、蕗味噌  葉地神って何だろうと思ったが、PCで打っていて分かった。「はじかみ」の事だ。だが写真を見ると見あたらない。  丁度、焼き物のあたりで店のオペレーションがばたついていたので、付け忘れたのだろう。 冷鉢  賀茂茄子素麺、錦糸、オクラ、花麩、柚子、旨出し掛 小鍋  若鶏豆乳湯豆腐、紙鍋仕立 油物  鱒あ…

続きを読む

六盛@京都

「六盛(ろくせい)」 【京都/京料理】 京都食べ歩き旅行の一軒目は、手をけ料理を食べさせてくれるお店。 京都駅でバスに乗り平安神宮で下車。そこから5分ほどの距離だが、日を遮るものが何もなく、夏の京を歩くにはやや長い。 やや分かりにくい位置にあるが店に入ると広いフロントがあり、通されたダイニングスペースも広々としている。行くまでは座敷かと思っていたが、意外なことにテーブル席。 まずは生ビールを注文して、ランチのメニューを眺める。腹の調子と相談して手をけプラス1品料理を注文。1品は天麩羅にしてみる。 手をけは季節の料理が桶の中に所狭しと詰まっており、彩り鮮やかで目でも味わうことができる。 特に目新しいものはないけれど、白ダツ(白ずいき)を久しぶりに目にした。どれも美味しく頂き、あっという間に平らげる。 天麩羅は車海老3尾と万願寺唐辛子、南瓜の3種類。天麩羅はやはり天麩羅やにて味わうに限るということを再認識。 以下、お店からの紹介。 物語 六盛の初代は仕出屋からスタートし、 当時出入りしておりました「六盛会」の屋号を受け継ぎ、明治32年、創業致しました。 「六盛会」とは錦林学区内六地域の学校運営の審議を担当した学区会議員の組織です。 開業当時は、今の武道センター(当時の音大)の向かい側でお商売しておりましたが、 昭和41年に「手をけ弁当」を始め手狭になりましたので、昭和52年に現在の疎水北側へ移転しました。 この時、六勝寺(平安時代)の“瓦留め”跡からたくさん出土した…

続きを読む

参加ランキング