清壽(夜)@築地

「清壽(せいじゅ)」 【築地/天麩羅】 かなり久しぶりの天麩羅。天一系で好きなのはいわ井、よこ田、山の上系では近藤、深町。今回訪問したのは山の上系の清壽。以前から赤坂の楽亭に行こうと思いながら店主が亡くなってしまったという心残りがあったので、そのお弟子さんのお店へ。 築地本願寺の角を曲がりビルの地下を降りていく。店内はカウンター14席のみで非常に広い空間を贅沢に使っている。当然ながら客層も高め。 まずはキリン一番搾りの中瓶を舐めながら、蛤の椀物でスタート。 天麩羅は才巻から。1本目は十分に火を通し、2本目はレアでの提供。 こちらのお店の場合は火が通っている方が好みかな。 続いては蕗の薹。ほろ苦さと塩の甘味が程よくマッチ。 鹿児島産の早筍。早筍は好きな食べ物の一つなので、コースが終わった後にもう一度お代わりのリクエストをした。 できれば合馬か山城が欲しかったけれど、事前に仕入れの確認はしていなかったので仕方なし。 ビールの後は日本酒へ。久保田の萬寿と越の景虎を順番に冷で。 空豆。口の中に甘味が広がる。日本酒との相性もばっちり。 白魚。白魚はあまり天麩羅に向いていないと昔から思っている。 キス。水分が程よくふんわりとした仕上がり。 白ワインをグラスで頂きながら平目で箸休め。 真だちに帆立、椎茸の海老詰めと続く。 ちょうど良いペースでの提供。 もずくで口の中をサッパリさせてからの穴子。 穴…

続きを読む

鈴萄(夜)@新富町

「鈴萄(りんどう)」 【新富町/和食】 新富町の裏通りにあるカウンターだけの小さなお店。和食にワインを合わせてくれるという、女性にも男性にも好まれそうなコンセプト。 まずはカウンターに並ぶおばんざいから三種盛り。出汁巻き玉子だけは指定して、その他2種類はお任せに。 その結果、豆あじの南蛮漬けとおからとなった。 ビールはドラフトがサッポロの黒ラベル。その他に小瓶でGARGERYという銘柄が置いてある。作っているのはエチゴビールで飲食店限定の商品だとか。 結局その日は頼まなかったのだけれど、後で調べてその独特なグラスを見て思い出した。数年前に流行って色々なお店で見かけた記憶がある、 おばんざいの後はお薦めメニューの中から鯛の子と筍の炊き合わせ。焼酎をロックでもらう。てげてげという黒麹の芋焼酎。 そして、短角牛のステーキ。 最近取り扱うお店が増えてきたような気がする。赤身肉の美味しさは脂の美味しさよりもお酒によく合うと思う。 短角牛に合うよう重すぎない赤を合わせてもらう。 続いて白を頼んだような気がするのだけれど、どの料理に合わせたのか記憶が定かではない。 そして2軒目は82 ALE HOUSEへ。おそらくビールを呑んだものと思われる。 鈴萄 (創作料理 / 新富町駅、築地駅、八丁堀駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

RESTAURANT LUKE(夜)@築地

「RESTAURANT LUKE(レストランルーク)」 【築地/ビアガーデン】 都内で一番高い場所にあるビアガーデン。都内はどこのビアガーデンも予約で一杯だそうだけれど、ここは1週間前でも取ることができた。コースしか受け付けていないのが残念だけれど、まあ仕方ない。 当日、楽しみにしていたところ、どうも雲行きが怪しく雨がぱらついている。と、夕方頃にお店から電話が入り、ビアガーデンは中止との知らせ。「店内のお席を用意することもできますが」ということなので、折角だから行ってみることに。 築地の駅を出て人通りの少ない中歩いていくと、急に高いビルが目の前に現れる。閑散としたオフィスビルを47Fまで上がると、そこが目的のレストラン。途中階までのオフィスとのギャップが面白い。 レストランは天井も高く席のスペースも広めに確保されているので、室内にしては解放感がある。大きなガラス窓も一役買っているかもしれない。本当なら向こう側で飲んでいたはずなのにと、半分恨めしい気持ちで外を眺めながらのコース。 ドリンクはもちろんビール。ヒューガルデンのサイズが二種類あるのだけれど、大きな方の値段がやけに高い。試しに注文してみるとその理由が判明。グラスの大きさが半端なく大きかった。 そのうち雨がやんだようで、店員が客を一組ずつエスコートしてテラスへ案内している。どうやら写真を撮ってくれるらしい。肉眼だと東京タワーも綺麗に見えるのだけれど、写真に撮るとやや小さくなってしまうのが残念だ。 コース料理はまあ普通の…

続きを読む

参加ランキング