池袋寅箱(夜)@池袋

「池袋寅箱」 【池袋/ジビエ】 京都へ移住した前々々々職時代の友人が一時帰京中なため仲間4人で集まっての飲み。 場所は池袋、店は2週間ほど前にオープンしたてというジビエと鰻を売りにしたところへ。池袋西口を出てロサ会館を通り過ぎ大通りの裏手をひたすら北へ向かうとポツンと明かりが見えてくる。看板が見当たらなかったが地図はここを指し示し、周りに他の店も見当たらないため、引き戸を開けて店内へ。 入ると直ぐにコの字型のオープンキッチンカウンター。脇を通り抜けると奥にテーブル席が並ぶ。今回通されたのはそのさらに奥にある狭い小上がり。丸いちゃぶ台が鎮座する雰囲気のあるスペース。 メニューを眺めてフォントの不統一にやや萎えつつも、まずは前菜五種盛り。 筋子の西京漬け、鰻の肝煮、なめたけ、おつまみ豆、冬瓜とアスパラのお浸し。 熱々のジビエ肉豆腐。流石に肉の主張が強め。 ふわふわで旨味の染み込んだ絶品うまき。 前日の中華会食で深く飲んでしまい二日酔いのままでの参加だったが、生ビールを数杯飲んで完全復活。 ドリンクメニューを見ると酒米ビールなるものがあり、米は山田錦、祝米、雄町の3種。迷わず雄町をチョイス。 出てきたのは独歩の雄町ビア。60%まで磨いた雄町と麦芽で低温発酵させたビールらしいが、詳しい作り方が気になるところ。 メインのジビエ3種。 雉のモモ肉、エゾ鹿のロース、猪ロース。猪をこの厚みで食べるのは初めてだったが脂がしつこくなく意外といける。 その他に…

続きを読む

焼ジビエ 罠 八丁堀(夜)@八丁堀

「焼ジビエ 罠 八丁堀」 【八丁堀/ジビエ】 2018年最後の忘年会は暁星時代の仲間と八丁堀にてジビエ焼肉へ。一本裏手の通りに入るのでやや分かりにくい。間口も狭く店内もそれほど広くはない。3人のためカウンターに並んで座る。寒い日に七輪が目の前にあると非常にうれしい。 つまみには鹿ユッケとジビエコンカン。ユッケは生ではなく低温調理がされている。ジビエコンカンは程よい辛さで酒がよく進む。 蝦夷鹿の3点盛りはランプ(いちぼ)、うで(みすじ)、バラの3種。それぞれの部位は異なる個体で大きさが違うため肉質も異なるとの事。この日は残念ながらロースがなかった。産地は白糠。 この店はタレがなく、肉の旨味を味わうために薬味のみでの提供となっている。山ワサビ、辛味噌など。バラのみ下ごしらえで味噌にあえてある。 淡路産猪豚の3点盛りはハラミ、ハツ、カルビ。味は豚肉に近いがハツはなかなかのパンチ力。。 雉のモモ肉。ムネよりもクセは少ないだろうとの判断だったが、味は鶏肉に似ており、キジバトのような癖もない。 愛知産の鶉はキッチンで焼かれての提供。半身だがなかなかリアルな姿。鶉は旨味が濃厚で好きな肉の一つ。 最後はネタとしてウリ坊を注文。猪の子供で非常に愛くるしい動物。羊でいうラムのような位置づけか。 奇しくも来年は猪年なので縁起もよい。 どれもジビエマニアの方々にとっては物足りないかもしれないが、自分にとってはちょうど良い塩梅。 ドリンクはビー…

続きを読む

ととバルnemuro(夜)@赤坂見附

「ととバルnemuro」 【溜池山王/バル】 松尾の後で軽く1杯飲もうと見附から溜池方面を徘徊して飛び込んだお店。 根室とバルという不思議な組み合わせ。 蝦夷鹿のローストをつまみながらビールをたしなむ。 札幌市場や根室・寿都の魚河岸さんから空輸で直送される旬の鮮魚は味も抜群 稚内「狩人の匠」さんから届く蝦夷鹿も、クセがなくやわらかな肉質が特徴。 契約農家の当別町 野口農園さん直送の新鮮野菜を使用した絶品料理は必食。というお店。 日本に生息するシカは7つの地域亜種に分類され、主に流通している「エゾシカ」と「本州シカ」には出荷時期、食肉となる部位、肉質など、大きな違いがあるらしい。エゾシカの体型は大きく100キロを超える個体もあり、そのため肉質も固くなりがち。基本的には冬に捕獲され、逆に本州シカは夏がもっとも旬になると言われている。 そしてこだわりの日本酒&ワイン。 北海道の蔵元のみを取り揃えた極上日本酒は常時10種以上。 余市・空知・函館のワイナリーを中心に、随時入れ替えながら様々なワインを楽しめるのだとか。 奇しくも羊の後に鹿を味わうというヘルシーな肉会の日となった。 食べログ: ととバルnemuro 溜池山王店 (バル・バール / 溜池山王駅、国会議事堂前駅、赤坂駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

炉とマタギ(夜)@新宿

「炉とマタギ(ろとまたぎ)」 【新宿/ジビエ】 新宿でよいお年の男性3名で飲める店をチョイス。まさかジビエの店があるとは思わず。頑張って探してみるものだ。 仕事の話も兼ねつつ軽く終わらせるつもりで夕方から開始。 早めに到着してしまったので歌舞伎町を久しぶりに散策。建物が替わったりしてはいるものの、カオス感が20年で増しているような気がする。 店の場所は雑居ビルの6階。内装は普通の居酒屋だがメニューは一味違う。 非常に期待が高まり、先に到着したこともあってしばらくビールを飲みながらメニューを吟味。 するとまずは箸でおみくじ。大吉のみインセンティブがあるらしいが残念ながら当たらず。 相手も到着し最初のアテは明太子の燻製に桜肉盛り合わせ。ロース、コウネ、赤身、フィレ。 肉の次は魚。こちらは和歌山産鮎。蓼酢などはなく野趣味溢れる味わいをそのまま楽しむスタイル。 メインは兎、鹿、鴨の3種盛り。雉と鶉が品切れだったのが悔やまれる。 その他、鹿そぼろのポテサラ、牛すじ煮込み等々。 最初は2人、途中から1名、更にもう1人追加で結局4人での楽しい飲みになった。 ラストオーダーが思ったよりも早かったが、スタートが早くしかも焼酎をハイペースで空けていたため不健全な街中を通って健全に帰宅。 食べログ:炉とマタギ 新宿店 (居酒屋 / 新宿西口駅、新宿三丁目駅、西武新宿駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

CasseCroute(夜)@目黒

「CasseCroute(キャス クルート)」 【目黒/ジビエ】 今年初のジビエを食べに目黒まで。無難にプリフィクスコースで前菜、スープ、メインで気になったものをチョイス。 まず、前菜はシャルキュトリー盛り合わせ。豚肉テリーヌ・鶏レバームース・鴨のリエットとなかなかのボリューム。これはワインが進みそうな予感がする。 続いてのスープはスープ・ド・ポワソンに変更。魚が嫌いな人は飲めないだろうというくらい魚の旨味が凝縮している。スープだけでは勿体ないような味わい。 そして、ついにメインのジビエ。当初は自分がフランス産青首鴨のロティ、ホロ苦いチョコレートソースを頼み、相方がスコットランド産雷鳥のドディーヌ仕立て、ブルーベリーのソースをオーダーする予定だったが店員に注意を促されたので、お互いに逆を注文することにする。雷鳥は食べたことがなかったけれど、野趣味のある肉は好きなのであまり気にしていなかった。 が、これが実際に食べてみるとなかなかのクセもの。クセがあるけれど美味しい、という不思議な感覚。 店員によると身体の小さな動物の方が独特のクセが出やすいとのこと。 最後はデザートで締め。平日のため二人でワインを1本空けた程度で終了。 来たいと思いつつ、なかなか訪れる機会がなかった場所だけれど、食べるという行為をを楽しむことができる貴重なお店。 キャス・クルート (ビストロ / 目黒駅、不動前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

マタギが街へ降りてきた(夜)@中目黒

「マタギが街へ降りてきた(またぎがまちへおりてきた)」 【中目黒/ジビエ】 前職の仲間と8名で中目黒へ。花見という名の飲み会。 開花宣言が出てから約10日。散りゆく桜を見ることの出来る最後の週末ということもあってか、目黒川付近は人混みで佃煮のようにごった返している。 予約を取ったのは確か3月の中頃だけれど、この付近のお店はどこも一杯で、ようやく4軒目にして確保。メールでの対応はとても良かったのだけれど、電話対応がややぶっきらぼうな点が気になるところ。とはいえ、初のジビエに期待は膨らむ。 駅から店に赴く途中、他のメンバー達と偶然にも合流。殆どのメンバーが時間通りに到着したのは花見の魔力か。 店内はカフェのような雰囲気で、テーブルの上に取り付けてある排煙溝が唯一肉を焼くお店であることを物語っている。上着はショーウィンドウのようなガラス張りのクローゼットで預かってくれるので匂いが付くことを心配せずに済む。 通されたのは奥の席で6人席にむりやり8名詰め込ませて貰う。 店名もなかなかセンスの良いネーミングだが、立地といい雰囲気といい、マタギが降りてくるにはちょっとお洒落すぎて入りづらいのではないだろうか。 注文は事前に花見コースなるものを頼んでおいた。 ・小さな前菜 ・菜の花の冷製 ・柔らか豚ばら肉の塩煮 ・サラダ ・肉刺し ・〆の雑炊 ・自家製デザート・食後茶 メインは、丹波辛味噌ぼたん鍋、岩見沢直送キジ炙り焼、阿寒直送エゾ鹿炙り焼、花見鍋(馬と鹿の桜味噌鍋風)の中か…

続きを読む

参加ランキング