プレジール@神戸

「プレジール」 【神戸/鉄板焼き】 神戸といえば神戸牛、という事で鉄板焼きへ。 この店はJAの直営店らしく牛肉以外に野菜にも拘りがあるらしい。 コースが鉄板焼きとしゃぶしゃぶ、せいろ蒸しに分かれているが、今回は鉄板焼き。牛を美味しく食べるには焼いて塩か醤油を掛けるだけで十分。 肉は但馬牛と神戸ビーフから、部位はフィレ、サーロインなど数種類の選択肢がある。神戸ビーフは但馬牛の枝肉が一定の基準を満たした場合に使える呼称らしい。ブランド牛は血統や産地は関係ないと思っていたが、但馬牛は兵庫の種牛由来のみ呼ばれるのだとか。短角牛やあか牛に比べて産地が絞りにくいので、こういう基準があると嬉しい。 席に座りメニューを渡される際に店員から神戸ビーフのフィレがないと衝撃の事実を告げられるが、暫くすると1人分だけは出せると訂正が入った。 そこで神戸ビーフのフィレとサーロインを注文し夫婦でシェアすることに。 鉄板焼きと言えばパフォーマンスが命だが、フランベのような派手な演出はなく、作業は正確、緻密に進んでいく。 ソースはポン酢にトマトと味噌を合わせたものに、金山寺味噌、炭塩。 牛肉には塩が一番と思いこんでいるので、塩だけが順調に減っていく。 JAだけあり野菜の種類と量が豊富で、こちらも脇役ながら美味しく頂くことができる。 食後はホテル内の鉄板焼き屋らしく別室でデザートをコーヒーを飲み楽しんだ。 神戸プレジール (ステーキ / 三宮駅(神戸市営)、神戸三宮駅(…

続きを読む

El Raco Den Takeuchi(夜)@神戸

「El Raco Den Takeuchi(エルラコーデンタケウチ)」 【神戸/スペイン料理】 神戸といえば中華や牛に目が行きがちだが、旅行前に神戸のお薦め店を二人の知人に聞いたところ、両名からスペイン料理の名があがった。 一つはカセント、もう一つはヌーダ。ただ、残念ながら今回は両店ともお盆休みだったため、第三候補で教えていただいた店へと訪問。 入り口近くにカウンターが少しあり、その奥にテーブルが3卓程度の小さな店。 まずはベジョータの生ハム、オリーブピクルス、けん烏賊のアリオリソース。 前日までは日本酒で攻めていたが、ここはやはりシェリーでスタート。フィノでは軽すぎるのでオロロソを。 続いて魚介のサラダ。エビ、アナゴ、貝をガスパチョソースで。海老はシラサエビで貝は平貝だったような気がする。 二杯目からはカヴァで併せていく。 そして、パエリア。芯が残っていない方のタイプらしい。魚介の旨味が効いている。 メインは羊か豚の二択だったが、同じテーブルでは同じものを頼まなくてはならず、嫁に合わせて豚肉を。 名前を失念してしまったけれど、聞いたことのない銘柄の豚で、上に乗っているトリュフが良い塩梅。 店員の子とも色々と話をさせてもらい、なかなか楽しい時間を過ごすことができた。 小さな店だけの特権だ。 El Raco Den Takeuchi (スペイン料理 / 三宮駅(神戸市営)、神戸三宮駅(阪急)、元町駅(JR)) 夜総合点…

続きを読む

参加ランキング