Vino e Lavo(夜)@練馬

「Vino e Lavo」 【練馬/イタリアン】 3月中旬の季節外れの雪の中、あまり濡れずに行ける範囲で探して見つけたお店。 口開け17時の30分ほど前に電話を入れてみると、すでに予約で満席だが2時間までならOK。 17時ぴったりに一番乗り。間口が狭く店を入ると右側にキッチンとカウンター、その背を通り過ぎるとテーブルフロア。 4人席が3卓。6人席、2人席がそれぞれ1卓という造りで、一番奥にはワインセラールームが備えられている。 ここから好きなボトルを持ち出せるようになっている。 フードメニューはとくに用意されておらず、その代わり壁の黒板に本日のおすすめから定番メニューまで書きだされている。 ドリンクだけはメニューが用意されており、まず1杯目は赤のサングリアを。 前菜1品目はイチゴ、生ハム、リコッタチーズの冷製 2品目はブッラータチーズのカプレーゼ。ブッファラのカプレーゼもあったがブッラータがこの日のおススメだったので、こちらを。 チーズ袋に生クリームとモッツァレッラを入れたフレッシュチーズ。 あえてカットされずに出てくるので、なかなか壮観な見た目となっている。 そこにナイフを入れると新鮮で濃厚なクリームとチーズがあふれ出てくる。 途中の箸休めにバッカラマンテカート(干し鱈のペースト)。いわゆるバカリャウのペースト。 塩気が効いており酒が進む味。ここでこのチョイスは正解。 メインに兵庫産但馬鹿の赤身肉ステーキ、赤ワイントリュ…

続きを読む

ピタンゴ(夜)@練馬

「ピタンゴ」 【練馬/パスタ】 目当てにしていたお好み焼き屋「浪花」が口開けにも拘わらず予約で一杯と断られる。 他の代替案はみな1時間遅い開店時間のためどうしようかと思案しながら歩いている途中に見つけたお店。 表の看板に出ていた1品料理の数々にひかれてビルの2階にある店へと飛び込んでみる。 店内は窓に面したカウンター席とテーブル席が数卓の小さめな店。 オープンしてからまだ1年で清潔感のある女性に好まれそうな雰囲気。 まずはシーザーサラダにホワイトアスパラと生ハムのサラダ。 立派なホワイトアスパラにチーズと温玉がよいアクセントとなっている。 全般的に野菜がとても美味しく、とりあえずに頼んでしまうにはもったいない程。 続いて子羊ミートソースの春巻き。 それ程くどくはなく羊の香ばしい香りを楽しめるが、苦手な人にとってはやや辛いかもしれない。 シャラン鴨骨付きロース肉のコンフィ。久しぶりに出会えたシャラン。 エトフェといって血抜きせずに屠鳥しているので一般的に癖があると思われているが、保存と調理がしっかりしていれば素晴らしい味わいとなる。 メインのパスタはポルチーニ茸のクリームソース。 麺は浅草開化楼と菅野製麺所から仕入れている生パスタ。 浅草開化楼といえば、ラーメン界では有名な製麺所。各店の味を最大限引き出す麺をカスタマイズして納入している有名店。 締めはクレームブリュレ。 ドリンクはレモンサワー、レモネードサワ…

続きを読む

Pizza Studio Tamaki(夜)@麻布

「Pizza Studio Tamaki」 【麻布/イタリアン】 麻布で大昔の同僚と仕事の打ち合わせをした後に、近くのおススメピザ屋へ連れて行ってもらう。 麻布十番のSTRADAにいた方が立ち上げたという人気店。 直前に電話で予約を入れておいたので、カウンターの端にギリギリ滑り込むことができた。 場所柄か客層は欧米人が多い。 カウンターの中には大きな窯が口を開けており、その脇で寝かされた生地を取り出し1枚づつピザ造りが進められていく。 焼く度に塩が投げ込まれ、ピザを作る工程から目でも楽しむことができるようになっている。 ハートランドのドラフトをのみながら、お通しはマッシュルームのスープを。 1品目は鮮やかなフルーツのカプレーゼ。 週に3回空輸するという冷凍ではないイタリア産フレッシュブッラータにリンゴとイチゴ、そしてバジル。 前菜5種盛り。 ミートボール トマト煮込み、ブロッコリーのガーリック風味、タコとセロリのマリネ、ヨーグルトのディップと久松農園の野菜。 1枚目のピザは国産寒ブリと大根のピッツァ 国産寒ブリと、無添加のあか梅酢に漬け込んだ大根がトッピングされている。 2枚目はシンプルなマリナーラ シンプルであるが故にその美味しさがよく伝わる一品。ガーリックもよく効いている。 小麦粉は独自のブレンドをしているそうで、さくっとした仕上がりになっているため直ぐに平らげてしまう。 平日なのでビールやモスコミュールな…

続きを読む

ARMONICO(夜)@代官山

「ARMONICO」 【代官山/イタリアン】 2018年7月に恵比寿から代官山へ移転したという人気イタリアンへ。恵比寿から散歩がてら歩こうと思ったがあまりの暑さに途中でタクシーを拾う。コース1本勝負のお店。 完熟トマトのジュレとモッツァレラチーズのムース。これは変形カプレーゼのなかでもかなりレベルが高い。 完熟トマトにブラッドオレンジを少し加えた赤いジュレにモッツァレラのムースを重ね、バジルをトッピング。 まずは泡でのどを潤す。ANDRE CROUET。 合間にグリッシーニ4種盛り。グリッシーニだけでこんなに味のバリエーションを出せることに驚き。 次の魚介に合わせておまかせの白。YERMENTINO DI SARDEGNA。ヴェルメンティーノ。 豊後水道 真蛸 茄子のトマト煮 サラダ仕立て 黒い粉はオリーブを乾燥させ粉状にしたもの。 奥にムセモリナ粉を使ったどっしりチャバタ。 次の料理に向けてのお勧めはメニューに載っていないロゼ。CERAUDO GRAYASUSI。甘いだけでも軽いだけでもない味わい深いロゼ。ガリョッポ。 サマーポルチーニのパン粉焼き イタリアンパセリのソースが絶妙。 4杯目はCINQUE TERRE Costa de Campu。次の魚に向けた白。ヴェルメンティーノ、アルバローラ、ボスコ。魚が来る前に飲み干してお代わりを。 豊後水道 カマガリと角オクラ 梅肉がアクセントなっている。 カマガ…

続きを読む

Amalfi MODERNA@丸の内

「Amalfi MODERNA(アマルフィモデルナ)」 【丸の内/イタリアン】 アマルフィといえば七里ヶ浜の海沿いのレストラン。昔行きたいと思いながら機会のなかった店。 今回は東京駅オアゾ5階のアマルフィへ。送別会ランチなので事前に予約した席へ。窓際だけれども当然のことながら海は見えず。 オーダーはスペシャルランチ。まずは季節のスープ、前菜盛り合せ。 パスタは3種類からチョイス。この店らしいシラス入り。 メインは肉か魚。選んだのは豚肉。ローストポーク。 最後はデザート。七里ヶ浜に比べてしまっては申し訳ないが、この界隈で眺めを楽しむなら皇居方面を望むビルの高層階。 食べログ: アマルフィイ・モデルナ (イタリアン / 大手町駅、東京駅、二重橋前駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

EVINO(夜)@桜台

「EVINO(エビーノ)」 【桜台/イタリアン】 意外と良きお店が多い桜台。海老料理が自慢の店へふらっと当日予約で伺ってみる。練馬周辺で店舗を展開している株式会社ボウチラのグループ。 店内は狭めで事前の情報通り女性店主が一人で切り盛りしている。開店同時の入店で先客はカウンターに一名のみ。 奥のテーブル席に通されてメニューを物色。 前菜の盛り合わせ。ハーフ。 甘海老のアヒージョ。頭から殻のままいける。 秋刀魚のコンフィ。今シーズン初の秋刀魚。今年は豊漁らしいので食べる機会も多くなりそう。骨まで軟らかく頭と尾以外はそのまま全て頂く。 丸ごと有頭海老のエビカツ。これはいまいちで衣の配合が好みに合わなかった。 骨付き仔羊のロースト ローズマリー風味。最後に食べるにはやや重たかった。 その他にトマトとモッツァレラのパスタなど。 ドリンクはビールのみに抑えておきつつ料理を楽しんだ。電車の乗って再訪するほどではないけれど家の近くにあれば帰りにふらっと立ち寄ってしまう雰囲気のお店。 食べログ: EVINO (イタリアン / 桜台駅、練馬駅、新桜台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

ROSSO BIANCO(夜)@安房鴨川

「ROSSO BIANCO(ロッソビアンコ)」 【鴨川/イタリアン】 安房鴨川へ小旅行。1日目の夕食は投宿所近くにある防風林のなかのイタリアンへ。 平日の17時過ぎという事もあってか他に客がおらず貸切状態。店の周りも林のため静かな店内。テーブル席のほか小上がりも用意されているので夏休みシーズンは家族連れでも安心して寛げる仕様になっている。 昼を食べすぎたので前菜で軽めに済ませることに。 カルパッチョが何か尋ねるとビンチョウか鯨との事だったので鯨を選択。 2品目は鴨のロースト。 メインにスペアリブを注文しようか自分の胃と相談した結果、見送ることに決定。 ドリンクはスプマンテのグラス提供がなかったのでボトルで。辛口タイプが売り切れだったので甘口になってしまった。 食べログ:ロッソ・ビアンコ (西洋各国料理(その他) / 安房鴨川駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Don Ciccio(夜)@青山

「Don Ciccio(トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ)」 【青山/イタリアン】 青学の脇にあるシチリア料理の店。岩手出身の店主である石川勉シェフが作り出す店内は明るい雰囲気でお客さんが満杯の人気店。まだシチリア料理がメジャーではない80年代に単身現地へ渡って修行したという筋金入り。 スタッフの方のホスピタリティも高く、ポーションの説明や、遅れるメンバーにあわせてパスタの提供時間を調整してくれるなど、心地よく過ごすことができる。 メニューには載っていなかったが店員の方に勧められた帆立の冷菜。 国産白レバーの炭火焼。 イタリア産ロマネスコとコラトゥーラ(魚醤)のカバテッリ。可愛らしいショートパスタ。 スパゲッティーニ。 カジキマグロのパレルモ風炭火焼。 大山どり1/2ロースト シチリア風。 シチリア島はイタリアとアフリカに挟まれた地中海の真ん中という地理のため、料理もアフリカやアラブの影響を影響を受けているとの事で、地中海沿岸が原産といわれるケッパー、オレガノ、フェンネル(ウイキョウ)がよくつかわれ、食材としてはマグロが有名らしい。 どの料理も完成度が驚くべき高さで大満足の味。そしてまだまだ食べたい料理があるのでまた再訪してみたい。 最初はビールで、その後はプロセッコ、そこから店員の方のレコメンドにしたがってワインを空けてしまった。 食べログ:トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ (イタリアン / 渋…

続きを読む

CARNEYA ANTICA OSTERIA(夜)@神楽坂

「CARNEYA ANTICA OSTERIA(アンティカ オステリア カルネヤ)」 【神楽坂/イタリアン】 牛込柳町と神楽坂の間にぽつんと佇むイタリアン。オーナーシェフの実家が焼肉屋という事で肉に対する目利きが高く、質の高い赤身の熟成肉を提供してくれると評判のお店。 メニューを見ながらスタッフの方と話をしてみると、残念ながら現在は赤牛は取り扱っていないようなので、短角牛で攻める。 短角牛のタルターラ。いわゆるタルタル。 熟成短角牛のタリアータ 2名予約だったところ、急きょ途中から1人追加で参加となったため、そのタイミングで店を後にする。 すでに予約で満席のためこちらのお店で増員することができず。 近場の店でワインを空けて終電ギリギリで帰宅。 食べログ:アンティカ オステリア カルネヤ (イタリアン / 牛込柳町駅、牛込神楽坂駅、神楽坂駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

LA BISBOCCIA(夜)@広尾

「LA BISBOCCIA(ビスボッチャ)」 【広尾/イタリアン】 イタリア国外におけるイタリア政府公認のレストランとして有名なお店。 間口はそれほど目立たないけれど非常に奥行きがある。活気のある雰囲気で、多くのスタッフが外国人。 細かいコミュニケーションは難しいけれど、食に貪欲であれば何とかなる。 生ハムに柿 カルパッチョ。鯛? 雲丹ソースにトリュフ? ニュージーランド産ラム。 ラ・ビスボッチャ (イタリアン / 広尾駅、白金台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

CERTO!(夜)@目黒

「CERTO!(チェルト)」 【目黒/ピザ】 新宿のシャモロックで飲む予定が急きょ仕事トラブルのため、押さえた店は泣く泣くキャンセル。遅めの時間に目黒で仲間と落ち合い、駅近の店へ飛び込みで。 これと言って当たりのメニューも特にないものの、気軽に飲めるという点では悪くないお店。 CERTO! 目黒 (イタリアン / 目黒駅、白金台駅) 夜総合点★★☆☆☆ 2.5

続きを読む

Felicelina(夜)@中目黒

「Felicelina(フェリチェリーナ)」 【中目黒/イタリアン】 アロマフレスカ出身のシェフが2011年にオープンしたお店。予約がとりずらいと言われているが、そもそもカウンター13席しかない小さな箱。店内の四方を外向きにカウンターが配置されている不思議な空間。メニューはプリフィクスのみ。 和歌山産 鮎 茨城産 鶏白レバー 金沢漁港 赤イカ 江戸前産 炙り穴子 フランス産 鴨 フェリチェリーナ (イタリアン / 中目黒駅、代官山駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

tappost' Ciaola@練馬

「tappost' Ciaola(タッポストチャオラ)」 【練馬/イタリアン】 ピザの有名店、Pizzeria da Aoki tappostの姉妹店へランチで様子見の訪問。 小さな箱とはいえ裏通りにあるにも拘わらず、開店5分で満席に。 まずはレーベンブロイの生を飲みながら前菜の盛り合わせ。 ティンバッロというパスタを焼いた料理。 ランチメニューのマルゲリータはブッファラではないとの事なので、グランドメニューからマルゲリータを注文。 ジンガラというパニーニもあったが、最後はシンプルなローズマリーのフォカッチャに生ハムの盛り合わせなどをワインにあわせてみた。 夜でも十分楽しめそうな店。 タッポスト チャオラ (ピザ / 豊島園駅、練馬駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

TAKASHI(夜)@六本木

「TAKASHI(たかし)」 【六本木/イタリアン】 夜の打ち合わせ後に先方との会食。六本木の喧騒からやや離れた場所にある隠れ家一軒家のイタリアンへ。 前菜は旬野菜のバーニャカウダに北海道苫前産甘エビとカラスミの冷製”カッペリーニ”雲丹クリームソース。 そして、訪れた際は京食材フェア的なシーズンだったのでそのあたりも攻めてみる。 美山産大豆「ゆば豆腐」と「アイコトマト」のグラタン仕立て 丹後特別栽培米「歌人」と京鴨モモ肉のリゾット 京野菜のポナータ カネロニ仕立て バンブランソース メインは肉料理。沖縄県産 もとぶ牛スネ肉の赤ワイン煮込み デザートはカタラーナで食後酒にレモンチェロ。 平日のためアルコールは抑え目で泡中心で。 TAKASHI (イタリアン / 六本木一丁目駅、六本木駅、神谷町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Trattoria e Pizzeria PAPPARE NAPOLI@品川

「Trattoria e Pizzeria PAPPARE NAPOLI(パッパーレナポリ)」 【品川/イタリアン】 ふらっと、品川にて休日ランチ。あまり店のないエリアなので、港南口の空いているビルへ。どの店も並ばずに入ることができるが、トラットリアをチョイス。 スプマンテを飲みながら前菜をつまむ。 ルッコラと生ハムのピザ 雲丹のレモンクリームソースパスタ。 パッパーレナポリ 品川店 (イタリアン / 品川駅、北品川駅、天王洲アイル駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Pizzeria e trattoria da ISA(夜)@中目黒

「Pizzeria e trattoria da ISA(ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ)」 【中目黒/ピザ】 職場の仲間と2010年にオープンしたナポリピザの店へ。山手通り沿いでいつもテラス席が賑わっている人気店。 店長はナポリの名店『イル ピッツァイオーロ デル プレジデンテ』で修行し、2007、2008、2009年と、ナポリで行われる世界ピッツァ選手権で3年連続優勝。 メニューをみるとモッツアレラチーズは全てブッファラで好感が持てる。 トマトと水牛のモッツァレラチーズのカプレーゼ、水牛のモッツァレラチーズ揚げ、ヒシコイワシのセモリナ揚げなどをつまみながらまずはビール。 チーズのフリットは昔Amusementの定番だったけれど、今は残念ながら置いていないので、見つけるとつい注文してしまう。 その後でプロセッコを1本開けてから、マルゲリータ、ディアボラ、カルツオーネを注文してワインに移行。 人数が多いと色んな種類を楽しめるのがよいところ。 閉店まで粘ってその後は健全に帰宅。 ピッツエリア エ トラットリア ダ イーサ (イタリアン / 中目黒駅、代官山駅、池尻大橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

Gianicolo(夜)@麻布十番

「Gianicolo(ジャニコロ)」 【麻布十番/PIZZA】 芝から麻布十番へ移動。ぶらぶらと夕食処を探して飛び込んだのは地下にあるピザ屋。こじんまりとした店内は好きな大きさの箱。店員と少し会話をしただけで、良さそうな予感が走る。 まずはプロセッコに魚を合わせる。時間が経ってしまったのでどんな料理だったか忘れてしまった。 続いては豚肉。千葉県産のブランド豚でローズマリーと胡椒がよく効いていた。ここからは赤で合わせていくことに。 そして店員がオススメしてくれたピザ。トマトソースに色々なキノコと生ハムをのせたもの。ローマ風なので生地は薄めだ。 最後はクレームブリュレとエスプレッソで締め。 ふらっと出掛けて美味しい物が食べられたよい休日。 ピッツェリア ロマーナ ジャニコロ (ピザ / 麻布十番駅、赤羽橋駅、六本木駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

El Raco Den Takeuchi(夜)@神戸

「El Raco Den Takeuchi(エルラコーデンタケウチ)」 【神戸/スペイン料理】 神戸といえば中華や牛に目が行きがちだが、旅行前に神戸のお薦め店を二人の知人に聞いたところ、両名からスペイン料理の名があがった。 一つはカセント、もう一つはヌーダ。ただ、残念ながら今回は両店ともお盆休みだったため、第三候補で教えていただいた店へと訪問。 入り口近くにカウンターが少しあり、その奥にテーブルが3卓程度の小さな店。 まずはベジョータの生ハム、オリーブピクルス、けん烏賊のアリオリソース。 前日までは日本酒で攻めていたが、ここはやはりシェリーでスタート。フィノでは軽すぎるのでオロロソを。 続いて魚介のサラダ。エビ、アナゴ、貝をガスパチョソースで。海老はシラサエビで貝は平貝だったような気がする。 二杯目からはカヴァで併せていく。 そして、パエリア。芯が残っていない方のタイプらしい。魚介の旨味が効いている。 メインは羊か豚の二択だったが、同じテーブルでは同じものを頼まなくてはならず、嫁に合わせて豚肉を。 名前を失念してしまったけれど、聞いたことのない銘柄の豚で、上に乗っているトリュフが良い塩梅。 店員の子とも色々と話をさせてもらい、なかなか楽しい時間を過ごすことができた。 小さな店だけの特権だ。 El Raco Den Takeuchi (スペイン料理 / 三宮駅(神戸市営)、神戸三宮駅(阪急)、元町駅(JR)) 夜総合点…

続きを読む

Maestro Ks@銀座

「Maestro Ks(マエストロケイズ)」 【銀座/イタリアン】 平日に銀座の三越で主婦や年配の方々にまじりランチ。この日は築地方面に所用があったため会社を休み、待ち合わせ場所の三越でそのままランチをすることになった。 東館の11階にあるレストラン街は客層のためか、さっぱり系、和食系の人気が高く、洋食系は意外と並ばずにはいることができる。 この店もそんな中のひとつだが、ブーランジェリー「エリックカイザージャポン」の木村周一郎氏と歴代3代アメリカ大統領就任晩餐会を取り仕切った山本秀正シェフがコラボしたピッツェリアだとか。 注文したのはマルゲリータにサーモンとリコッタチーズのサンド。 サンドはカルツォーネ的な感じだ。 当然のことながらランチビールも注文して優雅なひとときを過ごすことができた。 マエストロ ケイズ (イタリアン / 銀座駅、東銀座駅、銀座一丁目駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

東京PIZZA食堂 ワビサーレ(夜)@表参道

「ワビサーレ」 【渋谷/ピザ】 久しぶりの前職メンツと飲み。場所は美醤の裏手で非常に分かりにくい。分かりにくいが辺りを見渡すと面白そうな店がいくつか点在している。意外と穴場のエリアなのかもしれない。 店に一歩足を踏み入れるとそこは純和風な日本家屋になっており、ピザ屋という先入観とのギャップがとても意外でよい意味で期待を裏切ってくれる。 ピザの前に、大きなベーコンやチキンとポテトサラダのスモークなど。 ポテトサラダのスモークは初めて食べたけれどなかなかいける。非常に香ばしいジャガイモに変身していた。 その後はビアンコのピザやらラザニアやらを注文しながら、平日と言うことを忘れていつものようにワインを気持ちよく空けていく。 店の雰囲気も面白いし料理も美味しいのだけれど、唯一ドリンクが出されるまでに時間が掛かる点が残念。この日がたまたまそうだったのかもしれないけれど、この空白で場がしらけてしまうのがとても勿体ない、飲んべえ達にとってはストレスが溜まることになる。 試しに、最後の一本はすぐに出してくれれば注文しますよと店員に伝えたところ、驚くような早さで出してくれた。最初からこのレスポンスならもっと楽しめたのにと皆で残念がった。 WabiSale (ステーキ / 渋谷駅、表参道駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

ROBERTO(夜)@神保町

「ROBERTO(ロベルト)」 【神保町/イタリアン】 前々職時代の仲間がオフィスを神保町から池袋方面へ移すというので、神保町にいるうちに美味しい物でも食べようと急きょ呼び出されたお店。 カウンター数席にテーブルが2~3卓程度の小さなキャパで、シェフとアシスタント兼フロア担当の女の子が2人で忙しそうに切り盛りしているアットホームな雰囲気。 小さな店なのでシェフと会話をしようとカウンターに陣取り、忙しそうに手を動かす合間を縫って色々と話しかける。本当に料理が好きそうな方でメニューに関する話題を振ると嬉しそうに詳しく教えてくれる。 こちらは男2名なのでカルパッチョの他に肉を2皿、シャラン鴨と和牛を注文。すると、肉は少し寝かせるので時間が掛かりますよと、期待を盛り上げるシェフの言葉。確かに時間は掛かったけれど満足のいく味。 ビールの後はプロセッコで時間を潰した後に、牛肉に合わせたやや重めの赤をグラスで。 肉のボリュームが多く、少々後悔しつつもさらにパスタを攻める。普通のパスタではつまらないので、シェフと相談しながらひよこ豆のペーストをソースにした面白いスパゲッティをお願いした。 さすがにここまで食べると胃が重くなってくるのでオーダーをストップ。 こんな良い店を知ってしまうと友人のオフィス移転が残念でならない。 ロベルト (イタリアン / 神保町駅、九段下駅、新御茶ノ水駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

IL LUPONE(夜)@中目黒

「IL LUPONE(イル ルポーネ)」 【中目黒/トラットリア ピッツェリア】 TDWの後に中目へと移動してピザを食べに3年半振りのIL LUPONEへ。予約の際に2時間半しか席が取れないと言われていたので、効率的に注文をする。 まずは鰆のカルパッチョにシチリア風鰯のポルペッティーネ。ポルペッティーネとはダンゴのことらしい。そしてピザは何を頼むか迷いながらも結局はマルゲリータを注文。 飲み物はプロセッコをボトルで。 すると店員から、後で注文を追加すると時間が掛かるのでまとめて頼んだ方がいいですよ、とアドバイスされる。 とはいえ、ポーションが不明なので店員と相談をしてメインまたはパスタを追加することに。悩んだ結果、しらすとカラスミのパスタを追加。以前来たときもカラスミのパスタを頼んで美味しかった気がする。 ここはパンもピザも塩気がやや強めで酒好きには丁度よい塩梅となっている。 鰆は肉厚。春の魚と思われているけれど、場所によって旬が異なるので秋でも気にしない。 ポルペッティーは見た目が肉団子だけれど、鰯の旨味が凝縮。鰯にトマト、なかなかいける。 本命のピザ。もちもち加減が最高。だけれどお腹に溜まりやすいのが難点。 最後にパスタ。調子が良ければ問題なく食べれる量だけれど、この日はなぜか昼から量を食べられない。歳のせいにはしたくないので寝不足が原因ということにしておく。 デザートはイタリア版のクレームブリュレ、カタラーナを。冷凍…

続きを読む

Vinoteca Kimura(夜)@三田

「Vinoteca Kimura(ヴィノテカ・キムラ)」 【三田/イタリアン】 白金高輪の近く。道を迷いながら、シェフが一人で切り盛りしているレストランへ。一人でやっているので、当然箱の大きさもカウンター8席にテーブルが2卓程度。というかテーブルがあるだけでも素晴らしいと思う。 カウンターにいたのでシェフの動きがよく見えたのだけれど、文字通り休む間もなく動き続けている。よくもまあ腱鞘炎にならないものだ。 飲み物は初めから終わりまでワイン中心。まずはお肉屋の前菜という盛り合わせを食べたが、サラミに生ハム、鴨、パテ、ぼんじりとどれも地味ながら美味しい。その後はカマンベールのスモーク、トリッパのトマト煮、からすみとしらす、松の実のスパゲティーなど。 あまり料理を待たされるという印象はなかったけれど、飲み屋と捉えると少々間が感じられるかもしれない。女子と二人、もしくは女子同士で訪れて会話を楽しむには良いかもしれない。 お店を出てから近くの飲み屋へ移動。こちらはジンジャー系のドリンクが美味しかった。 ヴィノテカ・キムラ (イタリアン / 白金高輪駅、泉岳寺駅、三田駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

MISCELAD'ORO TORATTORIA@軽井沢

「MISCELAD'ORO TORATTORIA(ミシェラドーロ トラットリア)」 【軽井沢/イタリアン】 高崎で猫写真を見た後は軽井沢へ移動。新幹線だと意外と近いことを発見。 2日目のランチはアウトレットの中にあるイタリアンの2Fテラス席で。 オンシーズンには早いのか、それほど混雑はしていない。 まずは泡を注文して高原野菜の野菜のサラダと一緒に頂く。 続いて出てきたのはボロネーゼのパスタとマルゲリータ。 梅雨時にも拘らず雨には振られず、心地良い風に当たりながらグラスの赤と白を一杯ずつ。 なかなか贅沢な時間を過ごすことができて満足。 ミシェラドーロ トラットリア (イタリアン / 軽井沢駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

SELAN@外苑前

「SELAN(セラン)」 【外苑前/イタリアン】 天気がよく風が気持ちよい週末。昼頃にのんびりと起きてブランチがてら外苑前のSELANまで。 ブログを見返すと前回訪れたのは3年半くらい前。場所柄この季節ならそれ程混まないだろうと思っていたけれど、意外に満席。しかも15時過ぎという中途半端な時間なのに。 銀杏が色づいていなくても、気持ちのよい気候なので、皆テラスを求めて来るのかもしれない。 通されたのは店内の席だけれど、天気がよく、しかも昼を過ぎていたので外から太陽の光が差し込んで心地が良い。 休日の昼間といえばやはりビール。 そしてビールを呑みながら鯵のペペロンチーノを注文。ブランチというよりは、酒のつまみ。ペペロンチーノなのに生姜風味という一見変わったメニューに惹かれた。 食べ終わった後もビールを何杯か呑みながら、5時くらいまで時間を潰す。 予定をこなす週末もよいけれど、こうやってのんびり過ごすのも悪くない。贅沢で幸せな時間の使い方だと思うようになったのは歳のせいかも。 セラン (イタリアン / 外苑前駅、青山一丁目駅、乃木坂駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Trattoria Mezzanino@銀座

「Trattoria Mezzanino(トラットリア メッツァリノ)」 【銀座/イタリアン】 10年近くお世話になっている方と久しぶりにお会いしてのランチ。三笠会館の2Fで客の年齢層がなかなか高めのお店。先の地震の際はランチ営業時間中で、帰れなかった客にはコーヒーを振る舞って待機場所として提供していたのだとか。最近は節電のため控えめにした照明でうまくライティングできるように席のレイアウトも大幅に変更したとのこと。 野菜はどれも八街から直送されているそうで、確かにサラダは野菜の甘みが感じられた。 サラダの後はパスタを2種類。一皿目はアンチョビソースのパスタ。 二皿目はパルミジャーノ・レッジャーノの器で和えた濃厚なチーズを味わえるパスタ。本来ならワインを合わせたいところだけど、夜の飲みを控えていた事と相手が仕事前でアルコールを飲まなかったのでビールで我慢。 しかし、最近久しぶりに会う人から必ず「太ったねー」という言葉が出てくる。まずい傾向だな。 トラットリア メッツァニィノ (イタリアン / 銀座駅、有楽町駅、東銀座駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

a presto@青山

「a presto(アプレスト)」 【青山/イタリアン】 前職時代の子のサプライズバースデーパーティー。軽い女子会のはずなのに他にもメンバーがいてビックリ的な感じ。本当は別の仕込みも入れたかったのだけれどうまく調整がつかず。 お店は地下にあって、こぢんまりとした造りだけれど、通されたのは唯一の個室だったので賑やかに食事を楽しめることができた。頼んだランチコースはバーニャカウダーに、前菜6種盛り、パスタ、メイン、ドルチェという内容。 前菜は、白人参のスープに、菜の花のプロシュート巻、海老とアボガド、フォアグラ入りのスペイン風オムレツ、水蛸のカルパッチョ柚子風味、公魚のフリット。 パスタは、鰯のコンフィ。 メインは魚をチョイス。ひめじという聞いたことのない魚のアクアパッツア。パスタも魚だったので肉にすれば良かったとも思ったけれど、全体的にボリュームがあるので魚にして正解だった。 最後は主役にバースデー仕様のドルチェが出てきて盛り上がる。 この休日二日間は久しぶりに昼からの活動だったけれど、たまにはこういう過ごし方も悪くない。 ア・プレスト (イタリアン / 表参道駅、明治神宮前駅、渋谷駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

CACCIATORA(夜)@恵比寿

「CACCIATORA(カチャトラ)」 【恵比寿/イタリアン】 お取引先との飲み会。お店は先方からご紹介いただいた恵比寿のポップでカジュアルなイタリアン。どちらかというとカフェっぽい雰囲気が強い。 仕事がバタついていたので一人遅れての参加。ビールも呑まずに一杯目からワイン。そして食べ物もそんなに食べずひたすらワイン。お店の雰囲気も手伝って、まるで友人と呑んでいるような雰囲気で楽しく盛り上がった。 2軒目は近くにあるガールズバーへ。ここら辺から大分記憶も曖昧になってタクシーで帰宅。 最近ワインを飲むと昔以上に記憶が飛びやすくなっているような気がする。注意しなければと反省はするけれど後悔はしない主義。 カチャトラ (イタリアン / 恵比寿駅、代官山駅、中目黒駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

PESCE D'ORO(夜)@お台場

「PESCE D'ORO(ペッシェ ドーロ)」 【お台場/イタリアン】 梅雨前の最後の晴天日という事なので台場で散歩。本当は自転車に乗りたかったのだが、腰痛が治りかけで左の肋骨?が痛むのでやめておいた。週末にしては寂しい人出だが、特にイベントがない限り訪れるべきものもないので仕方ない。 日差しが強く外を歩くとすぐに汗ばむ陽気なのでもっぱら、建物内のショップを散策。気に入った服もいくつかあったが、痩せるまで我慢することに。 そろそろ足が疲れてきた頃にアクアシティの6Fへあがり、目に付いた店へと飛び込む。テラスが人気で店内席はガラガラだ。他の客に習ってテラス席へと赴くと人気なのが分かる。レインボーブリッジが目の前に見えるのだ。まぶしい西日の中まずはビールを注文。フードはローストビーフのサラダ、本日の鮮魚、真鯛のアクアパッツァ、ポテトのグリル、マルゲリータを注文。出てくる順序や時間はそれなりに考えられている。ビールはあっという間に飲み干して2杯目からは泡で攻めることにする。 料理はなかなか美味しいが、ピザはナポリ風の塩気の効いたもちもちとした食感の方が好きだ。前にも書いたように小麦は米と同じ頃日本にやってきた食材だ。気候が異なれば育つ種類も異なるので適した調理が異なるのは当たり前だが、かたやパスタやピザ、パン、それに対して日本では饂飩や麩となったのが面白い。 ピザがその様に薄くボリュームが少なかったので、パスタを追加で注文してみた。きのこと九条葱の入った塩味のソース。結論から言うとピザでやめ…

続きを読む

FIGLI di CENTO ANNI(夜)@渋谷

「FIGLI di CENTO ANNI(フィリ ディ チェント アンニ)」 【FIGLI di CENTO ANNI/バール】 前職の友人とTwitterでやりとりをしていたら、急きょ飲むことに。場所は向こうの職場の近くでチョイスを任せたところ、道玄坂上のあたりにあるバールになった。 こじんまりとした店だが、活気がありつつ、やかましくもない楽しげな雰囲気。渋谷は駅から遠ざかるほど店の雰囲気がよくなる。まあ、自分が歳をとった事の裏返しではあるけれど。 まずはビールを数杯。パテやトリッパの煮込み、パスタをつまみつつ、白ワインへ移行。パスタはメカジキとドライトマトのオリーブオイル。あまり期待していなかったのだけれど、食べてみると意外と美味しい。 その後はお店の人のお薦めでピクルスやアヒージョなどつまみながら、2本目のワインを注文。今度は赤を頼む。 お互いに仕事の話や会社の話などをしていると、だんだん愚痴っぽくなってくる。これも歳をとった証拠かもしれない。 相手が終電間近まで粘ってくれたおかげで、ワインも無事に2本空けることができ、小雨の中ほろ酔い加減でタクシーを捕まえて帰途についた。 ところで、このお店。何となく聞いた事のある名前だと思い、後で調べたところ桜丘のCENTO ANNIの姉妹店だったようだ。 →他のグルメブログを探す フィリ ディ チェント アンニ (イタリアン / 神泉駅、渋谷駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング