Ole Ole(夜)@神保町

「Ole Ole(オーレオーレ)」 【神保町/バル】 神保町に仕事で行った帰りに先方のお勧めで訪問。地下にあるお店は間口の小ささに反して、赤を基調とした店内はオープンキッチンをくの字で囲んでテーブル席が広がる開放感のある雰囲気。 まずは定番のムール貝。スープが病み付きになる。 つぶ貝。 子羊のミートボール。 お店から一押しのベジョータ。 天使の海老のアヒージョ。 アヒージョ二品目は旬の秋刀魚。 本来ならワインを合わせたいところではあるけれど、週半ばのためビールで進めていき最後にサングリアを。 その後は御成門へ移動して日本酒を数杯。 食べログ:オーレオーレ (スペイン料理 / 神保町駅、新御茶ノ水駅、御茶ノ水駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

はちまる(夜)@神保町

「はちまる」 【神保町/居酒屋】 二日酔いのままコンディションを整えきれずに、世界を飲み干す会へと参加。場所は神保町にあるメンバーの行きつけのお店。 1階はカウンターで2階のテーブル席に通される。まずはビールから始めつつも、ペースが戻らないため2杯目からはサワー系をいくつか注文。 鶏料理というか鶏肉が非常に美味しく、焼酎や日本酒で楽しめないのが非常に残念。 面白かったのがホッピーに関する注意書き。マドラーを瓶の中に刺して立てかけないようにとの事。 リユースするため傷がつかないようにとの配慮らしい。 その後、店員とのじゃんけんゲームなども楽しみ、最後は鍋で〆てから2軒目へと移動。 久しぶりのダーツ。罰ゲームのテキーラが大量に消費されて、久しぶりに飲み干す会らしい雰囲気となって終了。 はちまる 神保町店 (居酒屋 / 神保町駅、九段下駅、水道橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

ROBERTO(夜)@神保町

「ROBERTO(ロベルト)」 【神保町/イタリアン】 前々職時代の仲間がオフィスを神保町から池袋方面へ移すというので、神保町にいるうちに美味しい物でも食べようと急きょ呼び出されたお店。 カウンター数席にテーブルが2~3卓程度の小さなキャパで、シェフとアシスタント兼フロア担当の女の子が2人で忙しそうに切り盛りしているアットホームな雰囲気。 小さな店なのでシェフと会話をしようとカウンターに陣取り、忙しそうに手を動かす合間を縫って色々と話しかける。本当に料理が好きそうな方でメニューに関する話題を振ると嬉しそうに詳しく教えてくれる。 こちらは男2名なのでカルパッチョの他に肉を2皿、シャラン鴨と和牛を注文。すると、肉は少し寝かせるので時間が掛かりますよと、期待を盛り上げるシェフの言葉。確かに時間は掛かったけれど満足のいく味。 ビールの後はプロセッコで時間を潰した後に、牛肉に合わせたやや重めの赤をグラスで。 肉のボリュームが多く、少々後悔しつつもさらにパスタを攻める。普通のパスタではつまらないので、シェフと相談しながらひよこ豆のペーストをソースにした面白いスパゲッティをお願いした。 さすがにここまで食べると胃が重くなってくるのでオーダーをストップ。 こんな良い店を知ってしまうと友人のオフィス移転が残念でならない。 ロベルト (イタリアン / 神保町駅、九段下駅、新御茶ノ水駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

旬里(夜)@神保町

「旬里(しゅんり)」 【神保町/居酒屋】 今シーズン初めての雪が降ったあと冷たい小雨の中、神保町の出口を出て友人と落ち合う。ここから店を探すには気温が低すぎるので、すぐに目に入った「ふぐちり」という看板メニューに惹かれて店内へ。駅から徒歩0分という恵まれた立地条件。 30後半に差し掛かった男二人で飲むのになかなか相応しい雰囲気の店だ。 まずは、軟骨の唐揚げにブリ刺しなど。唐揚げは塩気が強く酒がよく進む。2杯目からはブリ刺しに併せてひたすら日本酒で。 ブリ刺しは富山産ということだったけれど、どうも脂の乗りが今ひとつ。今年はブリが大量という話を聞いていたのだけれど、ちょっと期待はずれ。山葵が本山葵でなかったのも残念なところ。 続いてふぐちりを。ふぐの素性について聞こうかと思ったが、この値段で尋ねるのも野暮かと思いやめておいた。日本酒を飲みながら体を暖めるのが目的だったので、その目的は達成することが出来た。 鍋と同時に鯨の刺身や牛モツの煮込み、合鴨など。 途中で共通の友人の結婚に向けたビデオメッセージを撮って遊んだりしていたら、いつの間にか日本酒がよく回り、最後の方はおぼろげな記憶。とは言っても開始が早かったので、翌日の飲みに備えて無事に終電にて帰宅。 →他のグルメブログを探す 旬里 (天ぷら / 神保町駅、九段下駅、竹橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

おがわ屋(夜)@神保町

「おがわ屋」 【神保町/イタリアン】 神保町にある友人のオフィスを覗いてから、近くの飲み屋さんへ。 こじんまりとしていてアットホームな雰囲気。 7時半から始めたのだけれど、1時間毎に人が増えてそのたびにフードを注文。 3周か4周くらいしたんじゃないだろうか。 皆、嗜好が似通っているようで、注文のたびに「それはさっき食べた」との声がどこからか飛んでくる。 飲み放題なので、あまり飲み物には拘らず。 誰かが何かを頼むたびに「同じものを」と注文。結果、目の前に色々なお酒が並ぶ。 当然ピッチも速くなり、さらに結婚報告などで一層盛り上がる。 で、既に終電がなくなっていることが判明。 残った3人で、2軒目に向かう。 スターリンやら毛沢東やら司馬遼太郎やら支離滅裂な会話をしながら、ここで1名が離脱。 そこから残り2名で新宿まで出て、何とか朝まで持ちこたえ、始発にて無事に帰宅。 →他のグルメブログを探す おがわ屋 (カフェ / 神保町駅、九段下駅、水道橋駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング