ウずマキ(夜)@旗の台

「ウずマキ」 【旗の台/ラムバー】 蒲田にて前職ダーツ部の活動の後、終電で旗の台へ。駅から5分ほど、既に店じまいした商店街を歩いていくと、オレンジ色の看板が光を放っている。地下へ下りると暖色系の柔らかい間接照明に包まれた広い空間が現れ、しっくいの壁とウッディーな調度品がさらに暖かみを増している。カウンターの後ろにはあまり見たことのないボトルが並んでいるが、それもそのはずで、ここはラムの種類が豊富というめずらしいバー。 なんでも以前はテキーラの揃っているお店で働いており、自分で独立するにあたり今度はラムを揃えたバーにしたのだとか。 なぜラムにしたのか聞いたところ、ウオッカやジンはちょっと寒々しいイメージがあるので、楽しく飲める雰囲気のラムにしたとのこと。 まずは、あまり甘すぎないものをお願いし、いくつかボトルを出してもらう。香りを頼りに、その中から「Kaniche Rum Barbados」をチョイス。「プラムのような香り 滑らかな甘味と香りが広がる」というもの。 Barbadosは英国領から1966年に独立した中米の小さな島国。 ボトルの写真撮影も快諾してもらい、2杯目は「Cadenhead's Demerara 12y Lapbroaig cask」。その名の通りボトラーズ会社CadenheadがLapbroaigのカスクでフィニッシュさせたもの。上立香ではそれほどスモーキーさは感じないが、吟香は確かにLapbroaigそのもの。 Cadenheadといえばスコットランド…

続きを読む

参加ランキング