炭焼きレストラン さわやか 沼津学園通り店@沼津

「さわやか」 【沼津/ハンバーグ】 6時間待ち、8時間待ちは当たり前という静岡県民御用達のハンバーグ店へ。1976年にオープンして静岡県内に31店舗を展開している有名店。 静岡以外には展開していないため、東方面の店舗が非常に込み合い、御殿場インター店はいつも大変な事になっているらしい。 この日は10:45オープンという事で10:30には到着したのだが既に20番目の整理券が渡され、開店前には既に駐車場が満車という恐ろしい事態となっている。 幸いにも11時過ぎには中に入る事ができて一安心。 注文したのは名物のげんこつハンバーグ(250g)をオニオンソースで。 鉄板で運ばれたハンバーグをスタッフさんが切り分けて、切り口の断面を鉄板に押さえつけて出来上がり。 ソースはそのまま掛けてもらうか自分で掛けるか選ぶことができる。 その間は、油が跳ねるので紙のクロスをエプロン代わりにするのがこのお店のスタイルらしい。 袋井市にある工場で毎日検査と試食された後に各店舗へチルド配送されているらしく、品質や安全性には拘っていて、ハンバーグを囲んで家族や友人と過ごした楽しい「思い出」や「語らい」を大切にするというコンセプトも素晴らしいと思うのだけれど、あまりにも混みすぎていて、家族や友人と手軽に訪れる場所でなくなっているのが残念。 食べログ: さわやか 沼津学園通り店 (ハンバーグ / 大岡駅、沼津駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

沼津フィッシュマーケットタップルーム@沼津

「沼津フィッシュマーケットタップルーム」 【沼津/ビアバー】 念願かなってGWの後半にようやくの訪問。沼津港の入り口にある、らしくないお店。 2000年に沼津でオープン。今では東京や横浜など各地で展開しており、熱い思いと素晴らしいストーリを持っている。 店舗は2階で階段を上がると正面がカウンターで左右にテーブル席が広がっている。左の方が眺めは良いが、右奥のソファー席へ通してもらいのんびりと寛ぐ。 定番ラインナップ。 シングルテイクセッションエール。ベルギー酵母のスパイシーで爽やかな風味。 ウィートキングウィット。爽快で、フルーティ、健やかな清涼感。 修善寺ヘリテッジヘレス。ドリンカビリティを追求した、クリーンで丸みのあるバランスの良いゴールデンラガー。 沼津ラガー。ソフトでやさしく、クリーンなあと味。 ライジングサンペールエール。いきいきとした清涼感のある柑橘系のホップの個性。 わびさびジャパンペールエール。簡素で清澄な趣を追求したハーブ感のあるドライな日本のペールエール。 レッドローズアンバーエール。リッチでモルティだが、きりっとドライ。 アングリーボーイブラウンエール。つかのまのモルトの甘さと予測できないホップの苦み。 帝国IPA。ホップとモルトの個性が大胆に絡み合う。 スルガベイインペリアルIPA。まるで夜空を鮮やかに彩るホップの花火大会だ! 島国スタウト。漆黒のドライさと香ばしいスモーキーなアロマ。 黒船ポーター。シルクのようにスムーズで、…

続きを読む

Repubrew@沼津

「Repubrew(リパブリュー)」 【沼津/ビアバー】 沼津にブルワリーレストランがオープンしたという情報を入手。花火大会が始まる前の隙間時間を見つけて訪問。 沼津とは思えない非常に雰囲気のよいお店。期待させるオーラが店の中に充満している。 ただ自社ビールは残念ながら来月からの提供。また、この店自慢のメニューニュージーランド産ラムチョップは提供に時間がかかるという事でこの日は断念。 若干、勇み足だったかと気落ちしかけたが、結果としては大満足となった。 1杯目はIPAとは真逆の方向性でという注文。 富士桜高原ビール ラオホボックを勧められる。 大麦と小麦でそれぞれカラメルとローストを使うなど、計7種のモルトを絶妙にブレンド。コーヒー豆のようなロースト香にヴァイツェンのクローブ香が重なる、立体的で複雑なアロマに仕上げました。また、酸味を抑える独自の製法によってキレと“甘芳ばしさ”を両立させ、ドリンカビリティを高めた点も大きな特徴です。 という紹介のビール。 ラオホというのはスモークビールの事で、麦芽をスモークするのが特徴。 甘味を放置せずにうまくまとめた味わいとなっている。 ビールのアテはとりあえずの前菜盛り合わせ。 そして真鯛とアボガドのブルスケッタ。真鯛というのが沼津らしくてよい。 Victory moonglow。これは面白い。いわゆる上立香からして独特な風味を感じる。 お店のスタッフに聞いたところ、ペンシルバニアのヴァイスビールだとか。 …

続きを読む

双葉寿司@沼津

「双葉寿司(ふたばすし)」 【沼津/鮨】 漁港のある沼津で一番の味と評判の寿司屋へ。桜海老としらすが解禁された直後の時期だったけれど、残念ながら前日の天候が悪かったため水揚げされておらず。 お勧めのネタをすべて握りで注文。 太刀魚、さより、平目、帆立、〆鯖、コハダ、カツオ、赤イカ、かまトロ、鯛、鯵。 いくらと雲丹を追加 雲丹は溢れんばかりだったが、写真が残念な結果 この日は2階の座敷だったので今度はカウンターでつまみを含めて味わいたい。 双葉寿司 (寿司 / 沼津駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Kenny's House cafe@沼津

「Kenny's House cafe(ケニーズハウスカフェ)」 【沼津/CAFE】 沼津の駅前でランチ。伊豆方面で有名なケニーズハウスへ。 1997年、伊豆高原に最初のレストランを構え、牧場直送の搾りたて牛乳を使ったミルクソフトや、 こだわりのビーフシチュー、カレーなどを販売、皆様の好評を得て伊豆高原、関東を中心に店舗を展開し、様々な百貨店などの物産展にも参加しております。 2011年からは新たな分野であるクリスピークレープの販売も開始し、大変ご好評をいただいております。ケニーズハウスはこれからも「心の通ったサービス」をモットーに歩み続けます。 ビールとタコライス。 ケニーズハウスカフェ 沼津イーラde店 (カフェ / 沼津駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

梅や@沼津

「梅や(うめや)」 【沼津/うなぎ】 沼津にて昼食。駅から沼津港まで散歩がてら歩いて訪問。 鰻のお店なのに有名なのは地魚の天丼らしい。そこで、地魚と穴子の天丼に鰻の白焼、生しらすを注文。 生しらすも鰻の白焼もビールによく合うつまみだ。 特に生しらすは漁港ならではの品。年内いっぱいしか食べられないので今年ギリギリセーフといったところ。 店内はスペースが広く取られているので、すぐに満席となってしまい覗いた客が次々と追い帰されている。 もう少しレイアウトを考えてもよさそうなものだけれど、一方でこのキャパでも注文した品が出てくるまで20分ほど待たされるので、オペレーションを回すにはちょうど良いのかもしれない。 天丼は地方のお店にしては頑張っている様子。比較的良い油を使っているのかも。 この付近は観光客が多そうなので、今度は地元民しか知らないような店にも行ってみたい。 満腹のため、食後は海岸沿いを散歩。天気が良く富士山もよく見えた。贅沢な景色だ。 梅や (うなぎ / 沼津駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング