ARIAPITA RUM&PUNCH(夜)@青山

「ARIAPITA RUM&PUNCH(アリアピタラムアンドパンチ)」 【青山/ラム】 青山での仕事帰り。軽く飲もうと近くのTAMAに行ったら金曜の夜という事もあり満席。渋谷方面へと裏通りを歩いているとジャマイカ料理の文字に惹かれて地下へと階段を降りてみる。 2名だったのでカウンターを勧められたが、疲れていたのですこし寛ぎたいと思い、店内が空いていたこともあってテーブル席へ。 選べる3種盛り。オリーブ、黒糖そらまめ、サラミ。 馬肉の燻製カルパッチョ。 ジャークチキン。ジャマイカで楽しまれているスパイシーグリルチキン。サイズはSにしておいた。 最初の2、3杯は生ビール。その後はラムが豊富にある事が分かったので、店員さんにアグリコール系を置いているか聞いてみると、沢山ありますよとの嬉しい回答。メニューは一切目にせず店員さんとの会話の中で絞り込んでいくのが酒飲みの楽しみ。 まずはダークラムでいくつか見繕って頂く。モルトではアイラが好きであることを伝えると、出していただいた4本のボトルの中から辛口のHSE サンテティエンヌ VSOPを勧められる。マルティニーク産。バーボン・カスクとフレンチオーク・カスクで熟成。 次はブルーノ・マーズがプロデュースしたラム。セルバレイラムcacao。天然のチョコレートで香りづけされた珍しいチョコレートラム。アメリカンオークで5年熟成。お勧めの飲み方を聞くとラムコークかモヒートを勧められる。 モヒートにしてもらったところ、味…

続きを読む

ALCOOL(夜)@青山

「ALCOOL(アルクール)」 【青山/バー】 Don Ciccioでシチリア料理を堪能した後に、近場を散策して名前が気になったバーに飛び込みで。 アイラのお勧めを聞いてみたところオクトモアが数種類。飲んだことのないボトラーものがあったのでOC3とOC4を頂くことに。 94年頃に一度閉鎖したアイラの西にあるBRUICHLADDICH(ブルックラディ)。「海辺の丘の斜面」という意味の蒸留所の作品は当時はもう市場にある分だけといわれていたけれど、2001年に元BOWMORE(ボウモア)のジム・マッキュワンらによって再開されたもの順調にはいかず、2012年にはコアントロー社が買収。 そんな紆余曲折の中2008年に発売されたのがOCTOMORE(オクトモア)。初めて飲んだのが確か2011年で、その味わいに驚いた記憶はいまだに鮮明に残っている。 元々は実験的に作られたこのモルトの特徴はスモーキー・ピーティな風味。 ピートのレベルは発芽した麦芽を乾燥させる際のフェノール値が参考にされることが多く、Laphroaig(ラフロイグ)で50ppmのところ、200ppmを超えるレベルを出している。温度を抑え目にしながら長期間燻されることで可能となる。 このモルトがフルーティーな味わいを出すブルックラディのポットスチルにより素晴らしい蒸留酒が誕生した。 均質化を売りとしないオクトモアはエディションナンバーで管理されており、1の位が発売された年で小数点以下が1がバーボン樽、2がワイン樽原酒と…

続きを読む

Don Ciccio(夜)@青山

「Don Ciccio(トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ)」 【青山/イタリアン】 青学の脇にあるシチリア料理の店。岩手出身の店主である石川勉シェフが作り出す店内は明るい雰囲気でお客さんが満杯の人気店。まだシチリア料理がメジャーではない80年代に単身現地へ渡って修行したという筋金入り。 スタッフの方のホスピタリティも高く、ポーションの説明や、遅れるメンバーにあわせてパスタの提供時間を調整してくれるなど、心地よく過ごすことができる。 メニューには載っていなかったが店員の方に勧められた帆立の冷菜。 国産白レバーの炭火焼。 イタリア産ロマネスコとコラトゥーラ(魚醤)のカバテッリ。可愛らしいショートパスタ。 スパゲッティーニ。 カジキマグロのパレルモ風炭火焼。 大山どり1/2ロースト シチリア風。 シチリア島はイタリアとアフリカに挟まれた地中海の真ん中という地理のため、料理もアフリカやアラブの影響を影響を受けているとの事で、地中海沿岸が原産といわれるケッパー、オレガノ、フェンネル(ウイキョウ)がよくつかわれ、食材としてはマグロが有名らしい。 どの料理も完成度が驚くべき高さで大満足の味。そしてまだまだ食べたい料理があるのでまた再訪してみたい。 最初はビールで、その後はプロセッコ、そこから店員の方のレコメンドにしたがってワインを空けてしまった。 食べログ:トラットリア シチリアーナ・ドンチッチョ (イタリアン / 渋…

続きを読む

木ノ下(夜)@外苑前

「木ノ下(きのした)」 【外苑前/和食】 冬らしくほっこりとしたものを食べようと南青山の隠れ家和食屋へ。当初のメンバーが急きょ欠席となるなか、代替メンバーに参戦してもらいいつの間にか5人で盛り上がる飲み会に。 この場所での隠れ家の割には、比較的カジュアルな雰囲気の店で、意外と使い勝手の良い店。 造り盛り合わせ 唐揚げ? もつ鍋は醤油味。〆はもちろんちゃんぽんで。 長居する店ではないと思うけれど、気づけば最後の客となっていた。 木ノ下 (魚介・海鮮料理 / 外苑前駅、表参道駅、乃木坂駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

YONA YONA BEER WORKS(夜)@青山

「YONA YONA BEER WORKS(ヨナヨナビアワークス)」 【青山/ビアバー】 定期的に開催される飲み会。最初はよなよなのビアガーデンにする予定だったが手違いでこちらの店へ。 雨が降っていたので結果としてはファインプレー。 以前の見附店に続いて2回目の訪問。見附ではビアサーバ付の個室だったのでよなよなエールしか飲めなかったが、今回は4種類の飲み放題。 ビールが美味しいのはもちろん、前回の見附店と同様に料理が美味しい。 ポテサラ 枝豆のアヒージョ サラダ ソーセージ3種 グリルチキン YONA YONA BEER WORKS 青山店 (ビアホール・ビアレストラン / 表参道駅、外苑前駅、明治神宮前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

GEN(夜)@青山

「GEN(ゲン)」 【青山/焼酎】 以前から気になっていた5,000種類以上の焼酎が置いてある店へ。 店内は非常に狭く、カウンターには所狭しと焼酎のボトルが並べられている。 まずはcoedoの青で乾杯して2杯目からは焼酎へ。 折角の品ぞろえにも拘わらず、ついつい飲みなれたものから注文してしまう。 が、このままでは勿体ないと思い、なかなかお目にかかれないちんたらりを注文。 久しぶりに飲めると思い楽しみに待っていたところ、通常のボトルがなかなか見当たらず、プレミアムボトルならすぐに出せるとのこと。念のため値段を聞いてみると2万円。ここはしかたなく諦めることに。 ついでのレアもの注文は、とっくの昔に残念ながら終売となったちびちびを。これは保存状態が非常によく後味に残るバニラ香を味わうことができた。料理のメニューは焼酎に合うもの、というか酒のあてが豊富にあるので酒好きにはたまらない。 次回は飲んだことのない銘柄を積極的に発掘していきたい。 東京焼酎&梅酒bar GEN&MATERIAL (焼酎バー / 渋谷駅、表参道駅、明治神宮前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

TOPKAPI(夜)@青山

「TOPKAPI(トプカプ)」 【青山/トルコ料理】 久しぶりにペルー料理かトルコ料理を食べたいと思い、表参道の交差点近くにあるトルコ料理屋へ。 ビルの地下にあるテーブル席が3つという小さな店。直前に予約をとれたのは奇跡的。 まずはディップの盛り合わせにトルコパン。 トルコの春巻き、シガラボレイ。 トルコの餃子、マントゥ。 ギュベチ。 焼きチーズ。 メインのケバブ。 薄焼きピザ、ラフマージュン 。 始めはエフェスから飲み始め、途中でラキを注文。アニス系のパンチを味わい、その後はひたすらトルコワイン。 赤が軽めなので杯が進む。 その後は渋谷へ移動して3軒目で解散。 狭い反面、アットホームな雰囲気で料理もおいしく、また行きたくなるお店。 トプカプ 北青山店 (トルコ料理 / 表参道駅、明治神宮前駅、外苑前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

MONTE AZUL(夜)@南青山

「MONTE AZUL(モンテ アスル)」 【青山/スペイン料理】 しばらく更新をサボっていたら、意外と新年会の余韻が長く、溜まってしまったので少しづつアップ。 パエリアが食べたくなって外苑前にあるスペイン料理屋へ。ベルコモの向かいにこんな店があるとは知らなかった。店内はあまり広くないけれど、程よいざわつき加減でなかなかの好印象。調べてみると食品加工会社が展開しているレストランらしい。 まずはビールを呑みながらベジョータの生ハム。しかし本当にここ数年でどの店でも扱うようになった。同年代の人間といるときにイベリコの生ハムを見ると、昔は輸入に規制があってなかなか食べられなかったという話をよくする。 さらに野菜系のグリルやマッシュルームのピルピルを。ピルピルとはアヒージョの事らしいけれど、なぜ別の呼び名があるのかはよく分からない。 パン用のオリーブオイルにはバルサミコ酢が入っていたので、これはバルサミコ無しに取り替えてもらう。 その後はCAVAを1本空けてパエリアで締め。 どれもボリュームが丁度よく、二人でも楽しめる内容なのだけれど、クローズの時間が早いのが唯一残念。ラストオーダーもあっという間で、20時に入ってから客は2回転もしていなかった様子。我々がいつの間にか最後の客になっていた。 平日とはいえ少々飲み足りないので、池尻のCABINETへ久しぶりに移動。 運良くソファー席を陣取り、Longlowの中で一番の暴れん坊をというオーダーに対して、オ…

続きを読む

BAR FRAU(夜)@青山一丁目

「BAR FRAU(バー フラウ)」 【青山/バー】 こんな細い通りに店があるのかと思うような分かりにくい場所。小さなビルの2階で特に看板も出ていない。 実際に4時間近くいたけれど、入ってくるお客さんは1組ずつ入れ替わるような感じでトータル数組程度。 カウンター数席と窓際にソファエリアが一つ。ソファー席で騒いでしまったけれど、カウンターにいるお客さんには迷惑だったかも。 今回は1軒目で訪れたが、メニューは完全にバー仕様なので2軒目に向いている。 この日は平日なのでひたすらビールのみ。機会があれば真面目に訪れて、バーテンを独占していろいろ酒談義を交わしてみたい。 北青山サロンを彷彿とさせるけれど、あそこまでは暗くない。

続きを読む

北青山サロン(夜)@北青山

「北青山サロン(きたあおやまサロン)」 【北青山/バー】 外苑前の駅前にある有名なカフェ「Sign」の地下にひっそりと佇むお店。おそらくその存在を知らなければ入ることはまずないだろうという場所。そもそも入り口自体が分かりにくいうえに、更に人を寄せ付けない古い鉄の扉を開いて地下に降りていく。 噂に聞いていたとおり店内は暗く、テーブル数席にカウンターのみという小さなお店。メニューを渡されても暗くて文字は読めない。そこで店員がメニューと一緒に、それを照らすためのライトも持ってきてくれる。 あまりに暗すぎて写真もまったく写らなかった。 1杯目はビール。その後はワインを2本ほど。 フードの種類は少ないけれど、2軒目で軽く呑む分には悪くない。ドライカレーも美味しかったし。 ただ1軒目として使ってしまうと、コストパフォーマンスは悪くなるかもしれない。ソファー席だと長時間落ち着いてしまうのでなおさらだ。 良い店でも店によってその使い方は難しい。 北青山サロン (バー / 外苑前駅、青山一丁目駅、表参道駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Royal Garden Cafe@北青山

「Royal Garden Cafe(ロイヤルガーデンカフェ)」 【北青山/CAFE】 文化の日。文化的な活動をすべくTDWへ。昼前に外苑前へ到着し、まずは腹ごしらえ。というかアルコールの補充。 11時にも拘らず残りわずかなテラス席を陣取って、カフェメニューからサンドイッチとハートランドを注文。 さすがに店内は空いていたけれど、隣のSELANは開店まですでにオープン待ちの行列が。 サンドイッチはランチで食べるには意外と量が多い。 その後は付け合わせのポテトをつまみながら、スパークリングワインを飲んで再びハートランドで締め。 軽めのブランチのはずだったのに、暑くも寒くもない気持ちいいテラス席のせいか大分長居してしまった。 Royal Garden Cafe (西洋各国料理(その他) / 外苑前駅、青山一丁目駅、信濃町駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

青山ゑびす堂(夜)@青山

「青山ゑびす堂(あおやまえびすどう)」 【青山/ダイニング】 お取引先との飲み。当初は10名と大人数だったので、騒いでも良さそうな個室をチョイス。ガラス張りで周りの客から観察されるようなロケーションだけれども、逆側は大きな窓から空を眺めることができる。10名以上から貸し切れるとあっておおきなテーブルを囲んでのポジションとなった。 急きょ2名が欠席してしまったけれど、初参加のメンバーも加わってなかなか楽しい飲みとなったような気がする。 飲む気まんまんだったのでビールは最初の一杯に抑えて、2杯目からは焼酎や泡盛など。途中でテキーラをショットで数杯はさんで最後はワインで締め。 コースだったので3時間という短期決戦だったけれど、それなりに頑張って飲んだ気がする。 ちなみに、気がするのは記憶が曖昧だから。2軒目も行ったけれど、その記憶はほぼ飛んでいる。どんな様子だったか後で確認しなくては。いや、確認しない方がよいのか? とにかく、翌日は久しぶりに辛かった。 青山 ゑびす堂 (ダイニングバー / 表参道駅、明治神宮前駅、外苑前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

SELAN@外苑前

「SELAN(セラン)」 【外苑前/イタリアン】 天気がよく風が気持ちよい週末。昼頃にのんびりと起きてブランチがてら外苑前のSELANまで。 ブログを見返すと前回訪れたのは3年半くらい前。場所柄この季節ならそれ程混まないだろうと思っていたけれど、意外に満席。しかも15時過ぎという中途半端な時間なのに。 銀杏が色づいていなくても、気持ちのよい気候なので、皆テラスを求めて来るのかもしれない。 通されたのは店内の席だけれど、天気がよく、しかも昼を過ぎていたので外から太陽の光が差し込んで心地が良い。 休日の昼間といえばやはりビール。 そしてビールを呑みながら鯵のペペロンチーノを注文。ブランチというよりは、酒のつまみ。ペペロンチーノなのに生姜風味という一見変わったメニューに惹かれた。 食べ終わった後もビールを何杯か呑みながら、5時くらいまで時間を潰す。 予定をこなす週末もよいけれど、こうやってのんびり過ごすのも悪くない。贅沢で幸せな時間の使い方だと思うようになったのは歳のせいかも。 セラン (イタリアン / 外苑前駅、青山一丁目駅、乃木坂駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

FLAMINGO CAFE@青山

「FLAMINGO CAFE(フラミンゴカフェ)」 【青山/CAFE】 青山まで所用があったので近辺でランチ。久しぶりにブログのタイトルらしい内容だ。 最近はカフェでランチをすることがなくなったため、カフェ狙いで訪れる。 到着したのは12時頃だが既に8割ほどの席が埋まっている。テラスと店内のどちらにするか聞かれたが、暑かったので店内を選択。ただ、よく考えたらテラスとの仕切りはなく空調も節電モードなので、むしろテラスに出た方が風を感じられて涼しかったかもしれない。 注文したのは角煮のカツという日替わり。当初はヘルシーなものを頼む予定だったのだけれど、珍しいメニューに興味を惹かれてしまった。 結果的には角煮は揚げない方が美味しいという結論に。 カツなのでソースがかかっているが、煮汁の味わいが消えてしまうし、肉の水分も飛んでしまって柔らかさがなくなってしまっているのが残念。 ボリュームたっぷり食べたい男性向けのメニューなのかもしれないけれど、それにはやや塩気の足りない味付けのような気がする。 次の予定が入っていたのであまり長居はできなかったけれど、サラダとドリンクはビュッフェになっているので、のんびりランチを味わうにはいいかもしれない。店を出る頃には既に行列ができていた。 この時期にテラスという武器があるのは強い。 フラミンゴカフェ グラッセリア青山店 (カフェ / 表参道駅、外苑前駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

a presto@青山

「a presto(アプレスト)」 【青山/イタリアン】 前職時代の子のサプライズバースデーパーティー。軽い女子会のはずなのに他にもメンバーがいてビックリ的な感じ。本当は別の仕込みも入れたかったのだけれどうまく調整がつかず。 お店は地下にあって、こぢんまりとした造りだけれど、通されたのは唯一の個室だったので賑やかに食事を楽しめることができた。頼んだランチコースはバーニャカウダーに、前菜6種盛り、パスタ、メイン、ドルチェという内容。 前菜は、白人参のスープに、菜の花のプロシュート巻、海老とアボガド、フォアグラ入りのスペイン風オムレツ、水蛸のカルパッチョ柚子風味、公魚のフリット。 パスタは、鰯のコンフィ。 メインは魚をチョイス。ひめじという聞いたことのない魚のアクアパッツア。パスタも魚だったので肉にすれば良かったとも思ったけれど、全体的にボリュームがあるので魚にして正解だった。 最後は主役にバースデー仕様のドルチェが出てきて盛り上がる。 この休日二日間は久しぶりに昼からの活動だったけれど、たまにはこういう過ごし方も悪くない。 ア・プレスト (イタリアン / 表参道駅、明治神宮前駅、渋谷駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

よろにく(夜)@南青山

「よろにく」 【南青山/焼肉】 忙しい仕事をこなすためにパワーを付けようと急きょ焼肉屋へ行こうと思い立つ。高樹町付近にある焼肉屋へ電話を入れると2時間なら席を確保できるという事なので急いで向かう。高級和牛専門の老舗。日本橋人形町〝日山〟の目利きが当店のために選びに選び抜き更には熟成を加えたA5ランクの最上級の和牛を使用。というふれ込みの焼肉屋。 入り口は非常に分かりにくく、店内は高級感のある佇まいで期待も高まる。 時間がないので、サラダにキムチ、ハツ、ハラミ、ミスジ、タン、それに本日の刺身を注文。 刺身が何かと尋ねるとミスジだとか。ねっとりとした舌触りで甘みもある。 まずは店員がハツとハラミ、タンを焼いてくれる。どれも美味しいがハツとミスジが特に際だっている。ミスジは片面8秒ずつで焼き上げてくださいと言われる。口に入れると溶けるというより崩れるような食感だ。 エイジング期間がどれくらいか聞いてみたところ、大体3日ほどだとか。かつては1ヶ月ほど寝かせていた時期もあったが、最近は繁盛しているのでそこまで寝かせている余裕がないのだとか。 続いてリブロースを注文がてら、他に食べておくべきものがないか聞いてみると、シルクロースがお勧めだというので併せて注文。サシの入った大きく薄いロースと一緒に、小さな毬状のご飯が出される。ロースにたっぷりとタレを付けてから、ご飯に巻いて食べるのだとか。これは出色の出来映えで、ついお代わりをしたくなってしまう。 リブロースは分厚く短冊状で出される。比較的…

続きを読む

もつ吉(夜)@表参道

「もつ吉(もつきち)」 【表参道/博多もつ鍋・水炊き・馬刺】 骨董通りの入り口、PRONTの地下にある小さなお店にて、前職上司の会社設立祝い。店を選んだ当人は来たことがなく、しかももつ鍋自体が初めてだとか。 何故か昼間はトンカツ屋。店に入るのを少し躊躇してしまう狭さと雑然とした感じが新橋的な香りを醸し出しているが、意外と店は満杯。しかも女性客の割合が多い。 ビールはピッチャーのみで、最初のひと皿は生キャベツと、いかにもオヤジ的なお店。 続いてサラダに、タコのカルパッチョ、鶏の唐揚げが出される。。 もつ鍋は味噌と醤油が1種類ずつ出てきたが、目の前にある鍋は味噌味だったので味噌の方だけ食べる。やや甘めの味だけれど、それ程こってりしていないので結構食べられる。値段の割にはそこそこ美味しく頂けた。 最後は雑炊で締めておわり。帰りにプリクラ撮っておひらき。 →他のグルメブログを探す

続きを読む

HELMSDALE(夜)@南青山

「HELMSDALE(ヘルムズデール)」 【南青山/BRASSERIE&BAR】 ASの次にヘルムズデールへ。モルト好きなら知らない人が居ないという程、有名なお店らしい。最初はショットバー的な雰囲気を想像していたのだけれど、入ってみると以外と明るくて店内のモニターにはサッカーが流されている。 あとからWebサイトを確認するとブラッセリー&バーとあるので、単にこちらの認識違い。 電話ではカウンターを用意しておく旨を告げられたが、お店に入るとタイミング良くテーブル席が空いたので、そちらに通してもらう。 テーブルの上にはガラスのマットがひかれていて、その下にはお客さんのものと思われる無数の名刺が挟まっている。残念ながら現在は無職なので自分の名刺をこっそりと滑り込ますことができず。 いつものように1杯目はローランドを呑もうと思いLinlithgowを注文。すると現在は切らしているとのことで、代わりにRosebankの珍しいボトラーズものを進めてもらう。仕方なくそちらをトワイスで呑んでみるが、これが案外当たり。 香りが非常に華やかだし味わいもリッチで、Rosebankの良いところを引き出しているイメージ。 連れが注文したのは、LONGROW14年オフィシャルとBALVENIE10年のオフィシャル。 3つそれぞれタイプが違うので飲み比べてみると、それぞれの特長がよく分かる。 チェイサーにはギネスを注文。きちんとシャムロックも書かれていて、ギネスを注文して楽しくなる瞬間。 …

続きを読む

DAINI'S table(夜)@南青山

「DAINI'S table(ダイニーズテーブル)」 【南青山/中華】 目黒の「鳥しき」に行こうと、早めに場所を確認しに行ったらあいにく休業の張り紙が。 いろいろと逡巡した結果、青山の中華へ行くことに決定。 まだ、時間も早かったので南青山のショップを散策。ここは住宅街の中にショップが点在する面白いエリアだ。 街に人を集めるということについて、いろいろと考えさせられる。 で、口開けからお店に突入。 マンションの地下に1981年から25年以上もひっそりと佇んでいる。 店内は薄暗くて、40~50人くらいのちょうど良い塩梅の箱。細かく見ると古いけれど、汚いわけではなく、また緑色を基調とした配色も面白い。 前菜にきゅうりの甘酢漬けを注文し、そこからは魚介を中心に組み立てる。 大海老の揚げ物マヨネーズ和え、帆立貝と黄ニラの塩味炒め、切り身魚と中国高菜の蒸し物、福建式炒めかけ御飯。 大きな海老についているのはこれまた大きな胡瓜。切り身の正体はカレイ。 ご飯は炒飯か餡掛ご飯か迷ったけれど、内容が分らず店員に尋ねたメニューが炒飯に餡掛を乗せたものだったのでそれに決定。餡に入っている青梗菜がいいアクセントになっている。 どれも火の入れ具合が良く、薄味で馥郁とした優しい味わい。 最初の一杯はビールで、2杯目以降は紹興酒をロックで。 紹興酒はちょっと薄い気がして、果たしてこれにロックという飲み方があるのかどうか不安だったけれど、近くの席にいた老夫婦も同じ飲み方をしていたの…

続きを読む

KIHACHI SELAN(夜)@外苑前

「KIHACHI SELAN(キハチ セラン)」 【外苑前/イタリアン】 銀杏並木の中に佇むテラスのあるレストラン。 ティータイムだったので、フードはパスタとビザのみ。 テラス席で、ビールを飲みながらしばらく寛ぐ。 店員の対応はなかなか良く好印象。 ドリンクの種類やフードの味は普通だけれど、秋になったら銀杏を眺めながらのランチにオススメ。 →他のグルメブログを探す セラン (イタリアン / 外苑前駅、青山一丁目駅、乃木坂駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Suginoko(夜)@青山

「Suginoko(すぎのこ)」 【青山/和食】 青山通りから一本入った北青山に10年以上もひっそりと佇む路面店。 お店の前には立派な竹。 店内は広めのスペースがとってあり、落ち着ける雰囲気。 料理はどれも美味しくいただけるお味。 黒豚のしゃぶしゃぶは、まず鍋にたっぷりのネギを入れて、出汁に付けていただくさっぱりスタイル。出汁に柚胡椒を入れるととても良い塩梅。 締めに頼んだちりめんじゃこご飯にはいくらがちょこっと乗っているのだけれど、このいくらもきちんとしたものを使っていて、とても好印象。 焼酎の品揃えが少ないのが唯一残念。 2日前に恵比寿の一見良さげなお店に飛び込んだところ、味、サービス共に最悪なため途中で店を飛び出してしまったのだけれど、そこのスタッフに一度見せてあげたいなあ、という感じ。 →他のグルメブログを探す →Amazon かごしま黒豚物語 Suginoko 青山店 (居酒屋 / 表参道駅、明治神宮前駅、外苑前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

炙家 風土(夜)@青山

「炙家 風土(あぶりやふうど)」 【青山/全国郷土の味覚と炭火焼】 青山の裏側、南青山の細くて暗い路地に佇む隠れ家的な一軒家のお店。 席は2階の個室。広い個室なので寛ぎ度は高いけれど、椅子の背もたれがないので長時間の滞在は若干疲れるかも。 料理はまあまあ。 魚はあまり面白いものが置いていなかった。ぐるなびのメニューでは「にろぎ」や「げんぎょ」の一夜干しがあったのだけれど。  最後に食べた辛子味噌鍋?は、なかなか美味しかった。 焼酎の品揃えは好みの銘柄が多い。萬膳とか山ねことか。 日本酒は、火いら寿や八十八号のボトルがあったので、黒龍の銘柄を聞いてみると龍しか無いとのこと。時期的に若干早すぎたか。 終わる時間が中途半端で、4時ちょっと前に店から放り出される。 一本脇道を入った所に佇む、趣のある一軒家。 幻の原種豚「メイシャントン」日本三大地鶏、銘柄黒毛和牛、国産ラム、 新鮮ホルモンなど野趣あふれる滋養肉、全国の漁場から届いた新鮮海鮮、 産直の旬野菜などのこだわりの食材を炉端、もしくは自前七厘で炙って頂く。 レア焼酎から九州限定の焼酎まで地区随一の品揃えの本格焼酎、 季節により取り揃える日本酒をこだわりの食材と共に。。。 →他のグルメブログを探す →Amazon 原宿表参道―みんなが知らなかった原宿表参道の秘密がいっぱい! 炙家 風土 青山店 (炭火焼き / 表参道駅、外苑前駅、明治神宮前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.…

続きを読む

LAS CHICAS@表参道

「LAS CHICAS(ラスチカス)」 【表参道/カフェ】 天気が良いのでオープンカフェでブランチ。 アフリカ大使の私邸だったという白い一軒家。お客さんや店員は外人が多く、日本ぽくない雰囲気がなかなか良い。 ちょっと奥に入った場所だけど、なかなかの賑わいぶり。 緑に囲まれて食べた料理はボリュームも丁度よく、美味しくいただけた。 この後、ダーツの特訓。 →他のグルメブログを探す →Amazon Hanako&HanakoWest特別編集 Cafe スプーン印の本 ラスチカス (カフェ / 表参道)★★★★☆ 3.5 ラスチカス (イタリアン / 表参道駅、明治神宮前駅、渋谷駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

茶茶Ryu-rey(夜)@青山

「茶茶Ryu-rey(ちゃちゃりゅうれい)」 【青山/京ばんざい】 以前から行きたいと思っていた系列の新店舗が青山に3月末オープン。 早速覗いてみる。 当初20時~4人での予約だったが、急遽21時~2人に変更の連絡を。対応にまったく躊躇、途惑いがなく、「気をつけてお越しください」とのこと。なかなか好印象。 場所は骨董通りから左に入って、小笠原流会館へ向かう途中。「川のほとりで」の手前 店内は、京都をモダンに表現した雰囲気。 『今度の茶茶のテーマは“Ryu-rey=立礼”。 立礼とは、外国の方たちにも茶道を理解していただくために考案された椅子に腰掛けて行うお点前(立礼式)のことです。 茶儀の形式よりも茶儀を行う者の心の在り方に重きをおいた立礼式のように、 「茶茶 Ryu-rey」も和の心・日本の美意識を感じ取って頂ける空間として、 店内は壁一面に広がる和紙からの柔らかな光によってあたたかさと軽やかさを併せ持ったモダンな和空間に仕上げました。 趣向をこらした居心地の良い空間で堅苦しくなく、しかし最低限度の節度はわきまえたおもてなしを添え、 皆様に美味しい料理やお酒を楽しんで頂きたいと思います。 料理は手間ひまをかけた京都のおばんざいと、炭火を使った本格炙り焼きです。 新鮮な旬の食材を使って、素材本来の美味しさをお届けいたします。』 店員の対応が良く、お店の雰囲気に比べて若干フランクな感じ。 料理は総じて美味しく、出汁がしっかりととられている。 デザートに頼んだわらび…

続きを読む

Bane BAGUS(夜)@表参道

「Bane BAGUS(バネバグース)」 【表参道/ダーツバー】 おニューのダーツを投げたくて2日連チャンでダーツ。 ちなみにBOTTELSENのDEVASTATORS ED5(20g)。それまでは、BOTTELSENのDEVASTATORS 2D5(18g)。 シャフトもUNICORNのSlickStick(サイドイン)からBOTTELSENのスピニングへ。 放物線の角度がかなり浅くなってコントロールし易くなった気がするものの、まだ安定してない感じ。 広い店内には20台ほどのダーツが並ぶ。 ダーツごとにボックス席が用意してあるので、順番を待ってそわそわすることなく、落ち着いて呑んだり投げたりできる。 まったりダーツには良いお店。 →他のグルメブログを探す →Amazon 首都圏スタイリッシュレストラン―大人の夜を遊ぶ、ショットバー、ダーツバー、ダイニング&カフェ

続きを読む

鶏味座(夜)@外苑前

「鶏味座(とりみくら)」 【外苑前/地鶏】 半年に1回くらいのペースで行くお店。 薄暗くて落ち着ける雰囲気が好き。 比内地鶏、名古屋コーチン、徳島 阿波尾鶏、薩摩軍鶏 を食べ比べることが出来る。 一番好きなのは阿波尾鶏。程良い歯ごたえと甘くてジューシーな旨味。 手頃な価格で美味しい地鶏が食べれるオススメの一軒。 話に夢中で、写真撮るのをすっかり忘れてた。 気付いたときにはすでにネギのみ。 →他のグルメブログを探す →Amazon たべたい渋谷・青山620―Goo!Goo!ランチ&ディナー 青山 鶏味座 本店 (焼き鳥 / 表参道駅、外苑前駅、明治神宮前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング