Sagun@中村橋

「Sagun(サグーン)」 【中村橋/カレー】 地元にあるネパール料理屋で休日のランチ。店は奥行きがあってなかなか広い。開店直後に訪問したので店内はガラガラ。 池袋と新宿御苑にも店があるらしい。 まずはセットのスープ。チキンのポタージュ。なかなか美味しくて期待値が上がる。 まずは生ビールを注文し、続いては瓶ビール。 意外と種類が豊富で最初は分かりやすいネーミングのエベレストビールに、お通しらしきパパド、豆の薄焼きせんべい。 エベレストビールは1953年のエベレスト初登頂から50周年を記念して製造が始まったネパールのビールとのこと。 ランチメニューにはなかったが、グランドメニューからネパールの定食ダルバートを注文。 ダルスープ、ダル野菜カレー、サラダ、アチャール。アチャールは大根と人参。できればチキンのカレーも食べてみたかった。 意外にもライスはインディカ米のサフランではなく普通の日本の白米。 引き続きビールをお代わり。 ネパールアイスビールのラベルはマチャプチャレ山。 333(バーバーバー)はベトナムの定番ビール。 朝食を食べてないとはいえ、まあまあ飲んだ翌日のAM11時には、この量がなかなか辛かった。 セットのドリンクはアイスチャイ、デザートはヨーグルトで〆。 12時を過ぎると家族連れや年配の団体など、この立地のネパール料理店としては結構な繁盛具合。 単品メニューも種類が多かったので夜に訪問しても楽しめそう。 お得な予約…

続きを読む

グルガオン(夜)@銀座

「グルガオン」 【銀座/カレー】 銀座で所用を済ませた後、カレーを食べに1丁目の裏通りにある地下の店へ。 有名店らしいので、比較的分かりにくい場所にも拘らず、早い時間から客席が埋まっている。インド料理店にしては若い女性客も多い。 ディナーセットに追加でサモサを。サラダにタンドーリチキン2種又はチーズクルチャ、カレーにデザート。 とろとろに溶けたたっぷりのチーズが薄いナンに包まれたチーズクルチャ。ほのかにガーリックの味。初めて食べたけれど、これは美味しい。 タンドリーチキンは二種類。ミントソースで。 北インド定番のスパイシーなポテトが入った包み揚げ、サモサ。ミントソースとトマトソース。 メインのカレーはタンドリーチキンの入ったまろやかでコクのあるバターチキン。 インド料理はビールによく合うので、夏に相応しい食べ物だと思う。 そういえば、最近はインドでもスプーンでカレーを食べる人が多いらしいが、理由が携帯を汚したくないためだとか。 グルガオン (インド料理 / 銀座一丁目駅、京橋駅、有楽町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

DIPMAHAL@中目黒

「DIPMAHAL(ディップマハル)」 【中目黒/カレー】 土曜日の昼下がり、小腹が減ったので北インド料理と南インド料理が両方楽しめるという珍しいインド料理屋へ。 北インド料理と南インド料理で趣が異なるというのは有名な話。いわゆるナンは北インド料理で、これは米文化か小麦文化かという違いらしい。日本も実は小麦文化の方が古いけれど、一度粉にしないと食べられないという手間から米の方が発達し、そこから主食という珍しい文化が生まれた。 ここはどうやら昨年末にオープンした新しいお店のようで、店内も明るくインド料理店にしては綺麗な雰囲気。 ランチが17時までやっているので非常に使い勝手がよい。この場所に集まる人の属性にマッチすれば流行りそうな気がする。 ただ山手通りはよく通るけれど以前この場所に何があったのか、まったく思い出せない。ころころと店が変わる場所があるが、ここもそんな立地なのかもしれない。交通量以上に重要な心理的な距離感などを考慮しないとそうなってしまう。 まずはシンハービールを飲みながらカレーを待つ。 日替わりのシメジとチキンのカレーに、キーマの2品セット。これにライスとナンが付いてくるので、ボリュームはそこそこある。 どうやら日本人の舌に合わせているようで、とてもまろやかに仕立てられている。人によっては物足りなく感じるかもしれない。 スパイスで代謝が良くなったはずだけれど外は北風も強く非常に寒い。しかも睡眠不足のせいか1杯のビールで眠くなってしまい、遊びに行く気…

続きを読む

サンアロハ みなとみらい本店@横浜

「サンアロハ」 【横浜/ハワイアン】 世界を飲み干す会の番外編。新しい女子メンバーも加わって横浜の大桟橋で開催されているワインのイベントへ。普段の定例は夕方からの実施だけれど、この日は昼間からの開始なので翌日が二日酔で潰れる心配もない。今年で7年目となるこのイベントは、ワイン専門商社「ピーロート・ジャパン」が主催していて、業務用にしか卸していないワインを一般に紹介する意味もあるらしい。入り口で小さなお猪口程度のグラスを受け取って、会場に並ぶ世界中のワインから好きなものを好きなだけ注いで飲んでいくという素晴らしいシステム。ただ11カ国100種類もの数があるので全てを飲むと大変な事になってしまう。基本的には白を攻めることに決めて端から順番に飲んでいく。ボトルの横には銘柄の記載されたカードが置いてあるので、気になった味があればそのカードを取っておくと忘れることはない。 個人的に気になったのはドイツの「ピーロート ブルー カビネット」、アルゼンチンの「トソ トロンテス」、スペインの「レガート ムニュス シャルドネ」「コンデサエイロ」。どれも特価で購入することができるのだけど、残念ながら6本セットのみなのでやや腰がひける。 会場内ではチーズや生ハムも販売されているので、お土産はワインではなくパルミジャーノ・レッジャーノをワンパック。 その後は近くにあるカレー屋で腹ごしらえ。湘南にあるお店の横浜店ということらしく、店員の格好も店内も全てハワイアンに統一されている。 カレーはどれもボリュ…

続きを読む

SURYA(夜)@東麻布

「SURYA(スーリヤ)」 【カレー/麻布】 急にカレーが食べたくなり麻布へ。十番からてくてくと東京タワーの方に歩いていくと、怪しいお店が現れる。 メニューを開くとカレーの種類と何の種類が豊富。 どうやら色々なテレビ番組でも取り上げられているらしい。隣の席には関根勤が座っていた。 まずは、パラクサラダ、タンドゥーリチキン、ミックスロールを注文。手ぶらで家を出たためカメラを忘れたことにふと気付く。仕方ないので携帯での撮影。 サラダは、ほうれん草、ゆで卵、マッシュルームが入っており、マヨネーズ的なソースかと思ったらスパイシーな香りのするドレッシングでなかなか美味しい。 ミックスロールは、シークカバブと野菜、たまごが揚げた皮に巻かれている。これに甘いソースを掛けていただく。 これらをインドビールでいただく。フィッシャーキングとマハラジャという銘柄。前者はスッキリしていて日本人好み。後者はコクがあってホップの香りも効いている。個人的にはこちらの方が好きだ。 頼んだカレーはキーマカレーとチキンサイクルマ。ナンはガーリックと胡麻を注文。注文時にカレーの辛さを聞かれたので、普通でと応えたら「辛くないけれど大丈夫?」を聞き返された。辛くないと言っても店員さんの国でのレベルでしょう、と思いそのまま注文。 実際に食べてみると文字通り本当に辛くない。キーマカレーは何だか間の抜けた感じになってしまっている。チキンサイクルマはカシューナッツと生クリームと玉ねぎとトマトベースのカレーで元々マイルドなテ…

続きを読む

東京らっきょブラザーズ@早稲田

「東京らっきょブラザーズ」 【スープカレー/早稲田】 早稲田にて1日中研修。のため、昼は近くのスープカレー屋へ。 5月くらいに出来たお店。12を過ぎると結構混んでくる人気のお店。 パイ包みスープカレーも惹かれたけれど、頼んだのは野菜のスープカレー。 オクラやにんじん、ジャガイモ、カボチャ、なす、ピーマン、ブロッコリーなど野菜がごろごろ。 辛さは何段階かで選べるので、あまり辛くないものにしてもらった。 スープはハーブが少しきいているけれど、それほどスパイシーな感じはしない。 ランチには手頃なお店。 →他のグルメブログを探す →Amazon アジア・カレー大全―アジア中のカレーを食べ尽くしたい! 東京らっきょブラザーズ (スープカレー / 早稲田駅(メトロ)、早稲田駅(都電)、若松河田駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Rasoi(夜)@目黒

「Rasoi(ルソイ)」 【目黒/北インド料理】 カレーが食べたくなったので目黒の有名なインド料理屋さんへ。 店内は照明を落としていて暗く静かなイメージ。17時の口開けと同時に入ったが、1時間もすると店内は一杯に。 満席で入れずに帰っていくお客さんもちらほら。 まずは、パパド、マライティッカ、パコラをつまみにインドビールをいただく。後味にホップの爽やかさが残ってなかなか美味しい。どれもスパイスが効いているので、ビールの進みが早い。 カレーはチキンティかマサラ、ナンはガーリックナンを注文。 カレーはやや辛め、ナンはバターナンの方がカリカリ、もちもちで美味しいかも。 →他のグルメブログを探す →Amazon インドカレー伝 ルソイ (インド料理 / 目黒駅、不動前駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

カンティプール

「カンティプール」 【桜丘/ネパール料理】 ゆで卵とチキンのカレー 今日は、あんドーナツとマドレーヌをつまんでしまったので、あまりお腹が減らない。 そこで、食欲をそそりそうなカレーを選択。 たべたい渋谷・青山・原宿・恵比寿―Goo!Goo!ランチ&ディナー カンティプール (インドカレー / 渋谷駅、神泉駅、代官山駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

カレー食堂『心』

「カレー食堂『心』(こころ)」 【桜丘/札幌スープカレー(テイクアウト)】 骨付きチキンのスープカレー ドライカレー テイクアウト。 ドライカレーを買うとスープカレーも付けてくれる。 カップに入ったスープをトレイに入れて食べる。 カップはスープストックと一緒で冷めにくくなってる。 ちなみに札幌に初めてスープカレーが登場したのは35年も前。 →他のグルメブログを探す →Amazon 北海道スープカレー読本 カレー食堂 心 渋谷店 (スープカレー / 神泉駅、渋谷駅、代官山駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング