三宝庵(夜)@静岡

「三宝庵(さんぽうあん)」 【静岡/蕎麦】 何となく蕎麦が食べたい気分だったので、商業ビルの中にある蕎麦屋へ。 蕎麦屋へ行く目的の半分は蕎麦を食べる前に日本酒を飲みながらつまみを食べる事なので、蕎麦以外のメニューが豊富そうな店をチョイスした結果。 どうやらここは炭火焼地鶏と蕎麦の店らしい。 まずはビールを呑みながら、長芋の唐揚げ、チキン南蛮。 チキン南蛮が少々変わっていて、衣に何かが入っている。何かを砕いた物だと思うけれど正体を店員に聞くのを忘れてしまった。タルタルもあっさり目で、胸肉ではなくもも肉を選択した割には、もたれずに食べることができる。 さらに蕎麦屋といえば定番の玉子焼を注文。 ビールの次は日本酒へ。鷹長の純米生という聞いたことのないお酒。生の若々しい香りと強めの酸味が味を純米酒を引き締めており、意外と面白い酒だ。どうやら奈良の酒らしい。百楽門の雄町真精大吟といい春鹿の斗瓶囲いといい奈良のお酒も侮れない。というか生酒が美味しいイメージが強い。 その後は、串焼を幾つか注文しつつ、最後は天せいろ。鴨せいろにも惹かれたのだけれど、ここで天麩羅を選択したことで夜は胸焼けに悩まされてしまった。 そして日本酒の後に焼酎を飲み過ぎたこともあって、肝心な蕎麦の写真を失念。 三宝庵 (そば(蕎麦) / 新静岡駅、日吉町駅、静岡駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

けやき(夜)@静岡

「けやき」 【静岡/鉄板焼き】 神戸以来久しぶりの鉄板焼きは静岡のホテルにて。鉄板のあるカウンターが4つと広めの店内。さらに個室も用意されている模様。 特撰和牛「静岡そだち」と魚貝の食べられるコースを注文。ビールはエビスの生が数種類置いてある。 まずは先付け。 お造りは石鯛。 魚介は伊勢海老。 肉はヘルシーにフィレ。 ライスは当然ながらガーリックライス。食事の後はどのホテルの鉄板焼きでも同様にティーエリアにてコーヒーとデザート。 久しぶりにがっつりとした食事で満足。 鉄板焼 けやき (鉄板焼き / 静岡駅、新静岡駅、日吉町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

やがら(夜)@静岡

「やがら」 【静岡/居酒屋】 ぶらぶらと歩いて、飛び込みで入ったお店。創作和食や和風ダイニング系かと思いきや、しっかりとしたお店。 鰻の寝床のような奥行きのあるお店。通されたのは一番奥にあるカウンター席。 フロアはみな中年以上の女性で、家庭的な雰囲気を醸し出している。 店名のやがらは宝魚と書く皇室にも献上される魚のことらしい。 今シーズン初のあん肝は残念ながら、この日に良いものが上がっていなかったので仕入れなかったとの事。残念。 太刀魚の刺身ポン酢和え。 穴子の天麩羅にネギを和えた一品。揚げ物とネギの相性は抜群に良いと思う。 鶏団子の出汁仕立て。 里芋の揚げ出し 蓮根の土佐焼。焼きといっても蓮根の煮物。 すでに満腹で締めの炭水化物にはたどり着けず。 併せたのは愛知の蓬莱泉「空」や清水の臥龍梅など。アットホームで寛げる店だ。 やがら (和食(その他) / 静岡駅、新静岡駅、日吉町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

河太郎(夜)@静岡

「河太郎(かわたろう)」 【静岡/和食】 静岡駅近くの生簀があるお店。生簀がよいか悪いかは別として。 なかなか落ち着いた作りでコの字型カウンターの周りにテーブル席が配されている。 牡蠣は生ではなくフライで注文。生しらすは残念ながらこの日は入っておらず。 蟹味噌。 海老しんじょうの春巻き。すり身はもう少し荒い方がよい。 〆鯖。 馬刺し。フタエゴやこうね(タテガミ)はなく赤身のみ。 ふぐの白子焼。白子はこってり濃厚なふぐが一番好き。 静岡名物のおでん。 浜名湖のアサリ。おでんの具をこちらに入れて食べたい感じ。 ひつまぶし。満腹状態で食べるには少々厳しい。米の水分はもう少し少ない方が好み。 どれも日本酒が進むメニューで満足。日本酒は地元静岡の酒を中心に揃っている。 河太郎 (懐石・会席料理 / 静岡駅、新静岡駅、日吉町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

参加ランキング