tartaruga(夜)@練馬

「tartaruga」 【練馬/イタリアン】 祝日の夜に近場で新規開拓。 今年の5月にオープンしたての小さな店舗。 クラフトビアは3種類、ホワイトエール、ポーター、IPA。 ラベルが可愛く平和クラフトという聞きなれない名前。 調べてみると和歌山県海南市で1928年に創業した日本酒の酒蔵、平和酒造のクラフトビール。 日本酒「紀土」、梅酒「鶴梅」、そして平和クラフトの3本柱でビールの醸造を始めたのは2014年。 ホワイトエールは隠し味に和歌山県産の柚子ピール。 ポーターはティーマサラを使ったスパイスのアクセント。 ロースト由来の甘さはそれ程強くない。 前菜に葉野菜のサラダとジャガイモのフリット、そしてバゲットも。 いわしのカツレツ。 オリーブとケイパーのタルタルソース。 豚肉のソテー グレモラータ風味。 サルシッチャとキノコのディクセルカルボナーラ。 もっちりとしたパスタとカルボナーラソースが美味しかったので危うくもう一皿注文しそうになってしまう。 最後にIPAで〆。 平和クラフトは1本気軽に飲みきれるというコンセプトらしくどれも優しい仕上がりになっているので、ガツンとした味わいが好きな人には物足りないかも。 ただこのお店には置いていないサワーエールが気になる存在。なんでも紀州南高梅を使った酸味を感じられるのだとか。 お店の印象としては半分趣味でやっているのかな?といったところ。 であれば評判…

続きを読む

La Bettala(夜)@練馬

「La Bettala」 【練馬/ダイニング】 日曜日の夕食処を求め近所へ。 練馬の飲み屋街から極めて細い路地を通って行きつくお店。 道路からは全く中の様子は伺い知れず。 一応看板が出ているものの気付きにくく飛び込みではまず入らないだろうという立地。 お通しは意外とボリュームのあるツナのブルスケッタ。 カルパッチョは鰹、真鯛、鱸のなかから鱸をチョイス。 ソースも3種類の中から選べるようで、イカ墨と岩のりにしてみた。 生牡蠣はアウトプットが面白く、ジュレ掛けではなくジュレの中に牡蠣が入っている。 身はやや小さめ。 ベッタラサラダ。 まずポーション多めでハーフにしたものの優に3人前はあるので注文は要注意。 そしてベッタラ漬けがサラダに紛れ込んでいる。 普通のサラダの他にあえてベッタラサラダというメニューがある理由が分かった。 前菜3種盛り。 豚肉とレバーの田舎風パテ。パテドカンパーニュ。 帆立のジェノベーゼソース。 イタリア版玉子焼き。ホウレンソウ、キノコ、ベーコンのフリッタータ。 そして、時間をかけて作る自慢の一品。 ローストポーク。 旨味、水分が適度に封じ込められており非常に美味しい。 下手なローストビーフよりもよっぽど良い。 ソーセージは、チョリソーにハーブ、ペッパーの3種。 肉が続くがブラックアンガス牛の赤身ステーキ。 そして串焼き。 ズッキーニ、アスパラは豚バラ巻き。 鶏…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/居酒屋】 もはや週末の定番と化したこちらのお店。 約3週間ぶりでの訪問。 季節ものがメニューに並ぶので訪問する度に新しい楽しみがある。 この日は栗と秋刀魚を発見。 1杯目に知多ハイボールを頼もうとしたら白州がある旨を教えて頂いたので急きょ変更。 こういった気遣いが大変うれしい。 栗は天婦羅で。 想像通りのホクホクとした甘み。 いつも通り生牡蠣も。 この日は小振りという事で少しお値段もサービス。 秋刀魚はお刺身。 秋刀魚の脂も程よく乗っていたので合わせたのは奥能登の白菊。特別純米無濾過生原酒。 純米の旨味と生の香りを味わえる。 北陸のお酒は昔から好きでよく飲んでいたが白藤酒造は初めてかもしれない。 原料米:山田錦・五百万石 精米歩合:55% 久しぶりに復活したアジフライ。 トウモロコシのかき揚げ。夏の名残。 その後もつまみを色々と追加しながら注文したのがこちら。 新政頒布会5種飲み比べ。 正直なところ新政にはそれほど興味がないので「面白い味だな」という程度で終わってしまったのだけれど、調べてみると本当に面白いことが判明。 もっとよく味わえばよかったと反省。 以下調べて分かったところをメモ代わりに。 涅槃龜(ニルガメ)99% こちらは精米歩合99%という見たことも聞いたこともないお酒。 聞かずに飲んだら全く気が付かないほどの驚くべき仕上がり。 99%にしては雑味…

続きを読む

座(夜)@練馬

「座」 【練馬/居酒屋】 1年ほど前にオープンしたことは認識しつつ気になりながらも訪問していなかったお店。 座と書いて「います」と読ませる。 平日の夜に飛び込んで小上がりの個室へと通してもらう。 アスパラの生ハム巻き 出汁巻き玉子 ささみの炙りはしっとり感が素晴らしい。 柚子胡椒か山葵で頂く 白レバー トリュフ塩 若鶏の唐揚げ ブロッコリーにんにく和え 胸肉の叩き 最後に頼んでしまったが、最初に食べたい一皿 急きょ飛び込んだ割にはなかなか満足度の高いお店だった。 つまみ類も豊富なのでお酒も良く進む。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング 座 (居酒屋 / 練馬駅、豊島園駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/居酒屋】 いつもより少し遅めの時間に夕食を取ることになり、どうしようか逡巡した後にダメ元で和優へTEL。 するとあろうことか、今ちょうど1席空いたという事なので家を飛び出して向かう。 お店に入るといつもに比べて時間遅いですねとご挨拶いただく。 つまみには、マンボウの腸ポン酢掛け。 マンボウの内臓を食べるのは初めてのような気がする。 そもそも魚の内臓は捨てるものというイメージがあるので恐々頂くが、コリコリと歯ごたえも良くお酒が良く進む一品。 生牡蠣を頂きつつ、作の大吟醸 陽山一滴水。 ボトルデザインがシックで美しく、味わいも古き良き山田を磨き上げた繊細かつ華やかな味わい。 福耳とうがらし焼き浸し 万願寺唐辛子に似ているが、しっかりと辛い唐辛子なので辛さが苦手な方は要注意。 ちょっとした酔い覚ましにもなりそう。 本鮪 ここで少し変わったお酒を。 神田マドンナ 神田で醸されているどぶろく。 どぶろくらしく甘みと酸味と発泡感が混然一体となっている。 久礼 純米吟醸 炙り明太子 三千盛 Kiritto45 普段はあまり飲まない銘柄だけれど写真があるという事は飲んだのだろう。 これは何だろう? ユッケのような見た目の謎の一品。 カツオのなめろう? 秋鮭の親子焼き 最後は松茸の土鍋ご飯で締めつつシャインマスカットも頂いてしまう。 後半はいつも通り…

続きを読む

176@練馬

「176」 【練馬/蕎麦】 休日の昼間に時間ができたのでランチに近場の人気蕎麦店へ。 数年振り2度目の訪問。 食べログでは11時開店となっていたが、訪問すると11時半からということで買い物をしてから再訪問。 開店からしばらくするとすぐに満席となってしまう人気店。 一品料理はそれほどないため、鴨せいろと天ぷら盛り合わせを。 生ビールを飲みながらお通しの揚げ蕎麦をつまむ。 つまみで頼んだ天婦羅は意外と量が多く2人前ほどのボリュームとなっている。 夏野菜に魚介。 大きなオクラと南瓜に人参、椎茸。 海老と穴子は一口大にカットされて盛り付けられている。 暑い最中での鴨せいろもなかなかいける。 蕎麦猪口の形が面白い。 ランチにしては食べ過ぎ飲み過ぎてしまったが良い気分で帰宅。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング 176 (そば(蕎麦) / 練馬駅、豊島園駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/和食】 夏の暑さがまだまだ続くので、ここいらで美味しい日本酒と旬の味覚を楽しもうと地元の店へ。 まずはつまみに自家製ポテチ。 何やら今までと色合いが異なる。 味は馬鈴薯だし相変わらず美味しいが、値段高騰による影響だろうか。 そして岩牡蠣。 つるりと飲み込む。 ここまではビールでこの先は日本酒へ。 日本酒のアテは蝦夷鮑の肝和え。 併せたのは花陽浴。 雄町の純米吟醸生原酒。 鮑の肝と雄町の力強さが良い相性。 そしてNo6のStype。 本日の主賓。 待ちわびた松茸と鱧の天婦羅。 レモンを掛けて塩で頂く。 松茸の香りと鱧の旨味で味わいが増幅される。 暑い最中ではあるが旬の鱧をしゃぶしゃぶで。 続いて鱧と石鰈の造り。 日本酒も良く進み、久礼 純米吟醸おりがらみ生 吟の夢、寒紅梅Torece 純米吟醸 雄町など。 追加でぐじの一夜干しに鰻白焼。 後半戦でボリュームのあるものを二品持ってきた。 ここまでで大分盛り上がったので一息ついてラッキョウを。 そのまま20分ほど待って登場したのはラスボス。 枝豆とからすみの炊き込みご飯。 混ぜ合わせるとからすみは見えなくなってしまうが、目に見えないにも拘わらずその味わいのインパクトは強大。 隠れておいて背後から不意打ちの一撃を食らう。 いつもながら地元という事で全くセーブすることなく全力を出し切って楽し…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/和食】 行きつけの地元店。 3月の3周年以来なので約2カ月ぶりの訪問。 鮎が入っているとの情報を得たので早速予約。 知多のハイボールを飲みながら、まずは茹で空豆を。 本日の目当て。 和歌山産の鮎塩焼き。 きちんと蓼酢で頂ける仕様となっている。 刺身は八丈島産の金目を単品で。 当然のことながら日本酒が欲しくなるので、田酒の純米吟醸。 なんと酒米は秋田こまち。 スペシャリテの鯵フライ。 タルタル、塩、山葵で頂く。 日本酒2杯目は花陽浴を。 美山錦。 普段はあまり頼まない貝類。 蛤を焼きで頂く。 京鴨の炙り。 個人的には野趣味が物足りないが、日本人好みの優しい味わいの鴨肉。 群馬の町田酒造。 雄町の無濾過生原酒。 桜海老のかき揚げ。 日本酒4杯目は風の森。 ALPHA6生酒。 秋津穂に6号酵母で醸したお酒。 米沢牛いちぼをたたきで。 イチボは本当にバランスの取れた部位なので、たたきが良く合う。 ヤングコーンを焼いて頂き、最後は鮎の炊き込みご飯で〆。 この日は夏の訪れを一足早く感じられる料理を満喫。 いつもながら美味しい日本酒と併せて大満足。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】…

続きを読む

ブッチャーズ+バル(夜)@練馬

「ブッチャーズ+バル」 【練馬/ダイニング】 駅前から少し離れたところにある肉バルへ日曜日の開店時間に併せて飛び込んでみる。 名前の通り肉卸店直営のお店なので肉に自信ありという事で期待が膨らむ。 デリバリーの注文が立て込んでおりサーブに少し時間が掛かるとの事だったが気にせずのんびりと過ごすつもりでカウンター前のテーブル席へ。 直ぐにできそうなものを選んでまずは生ハム。 角ハイボールを飲みながらつまむ。 国産鶏 白レバーのムース。 これは中々の味。 肉に自信ありという事だけあってしっとりとレバーの濃厚な旨味が味わえる。 ふとドリンクメニューを見ると泡もワインも2,000円オールというキャンペーン中。 これはお得と思いボトルに手を出してしまう。 まずはBorghesia Prosecco Brut(イタリア) 軽くてフルーティーでグビグビいけるという説明書きだったが、確かに水代わりのように飲み進めてしまった。 続いては無添加ウニとカマンベールチーズのブルスケッタ。 肉ばかりでは飽きそうなので刺し込んでみた。 パンの3種盛り。 どれもプレーンな味わい。 メインは熊本和牛イチボのグリル。 イチボらしく赤身と脂のバランスよく、バルサミコソース、ホースラディッシュをアクセントに味わえる。 100gにしてしまったが150gでも問題なかったと後悔。 イチボをお代わりしようかとも思ったが、折角なので別の料理を。 2本目の泡にCo…

続きを読む

やました(夜)@練馬

「やました」 【練馬/肉バル】 1カ月ほど前にオープンしていた地元店を発見したので開店時間に飛び込んでみる。 以前はふらんす亭というチェーン系の洋食屋だったが、肉バルに衣替えをした模様。 窓際の角席に陣取ってメニューを開く。 フードメニューの左半分はハンバーグやステーキなど食事仕様となっているが、右半分はバルだけあって飲兵衛仕様のメニューが並ぶ。 まずはデュワーズのハイボールを舐めながら生ハムを頂く。 続いて本日のカルパッチョ。この日は鮪らしい。 そして誰向けのメニューなのかどんな拘りがあるのか不明なまま注文したソーセージのフリット。 食べてみると遥か昔の子供時代に帰れるような懐かしい味わい。 なるほどターゲットは自分だった。 肉バルという事でメイン1本目はローストビーフ。 メインというよりはつまみがてら頂くスタイル。 2本目はリブ。 思ったよりも脂があったものの美味しく頂く。 ハイボールの後はグラスワインへ移行。 白はSanta Rita Heroes Chardonnay。 赤はSanta Rita Heroes Cabernet Sauvignon。 どちらも軽めで華やかな味わいなのでついつい飲み過ぎてしまう。 ここらへんでお開きにしても良かったのだけれど、延長戦で3種チーズの盛り合わせ。 最後の締めは海老とマッシュルームのアヒージョ。 手頃で入りやすく、気付けばほぼ満席となっている。 色…

続きを読む

秋元屋(夜)@桜台

「秋元屋」 【桜台/焼きとん】 4社前の会社の同僚と久しぶりに。 先方のおススメの店が地元近くにあるので連れて行ってもらう事に。 19時待ち合わせだったが事前に行列覚悟でとの連絡を受けていたので並ぶ心構えで訪問したら運よくカウンターの隅に滑り込み。 まずは、串の前につまみを数点。 メニューを眺めると兎に角価格が安い。 散在する危険性がないので安心して飲み食いできる。 谷中生姜。 干しホタルイカ炙り。 絶品だという塩角煮。 2杯目から日本酒に移行したのだけれど、日本酒がくいくいと進んでしまう優しい角煮。 レバー。 これは出色の出来栄え。鮮度の良さも火の入れ加減も素晴らしく。 肉巻き生姜その他。 前半から日本酒で飛ばしてしまったので中盤から記憶が大分怪しい感じになっている。 そこから串をいくつか注文した様子。 この辺りで日本酒に飽きてシャカリキレモンに移行したような気がする。 生ハムユッケらしきもの。 いつ店を出てどう帰ったのか全く記憶がないのだが、最寄り駅でもう一軒バーに寄った事は覚えている。 次回は飲むスピードを抑えてもう少し串を味わってみたい。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント…

続きを読む

だるまん家(夜)@練馬

「だるまん家」 【練馬/居酒屋】 地元の未訪問店を開拓しようと肉バルへ向かうも、生憎の臨時休業。 そこでマイリストに入っていたこちらのお店へと急きょ向かう。 細い路地の小さなビル3階に位置するので、通りすがりに飛び込むという事がなさそうな立地。 今にも止まりそうなエレベーターで上がり店に入るとこじんまりとしているものの、意外と清潔感のある落ち着いたダイニング。 つまみがてら頼んだ揚げたてのポテトフライはちょっと変わった逆円錐型ボウルでの登場。 角ハイボールを飲みながらつまむ。 炙りみすじのカルパッチョ。 たっぷりの葱とさっぱりとしたポン酢ベースのソースで頂く。 みすじとカルパッチョの相性はどうなのだろうかと半信半疑な所だったが杞憂に終わる。 真鯛とエシャロットのなめろう。 青唐が入っておりピリ辛な仕立て。 海苔に巻いて頂く。 カルパッチョもなめろうも酒飲みにとっては有り難い前菜。 そしてぷりぷりの生牡蠣。 メニューにあるとつい頼んでしまう、いぶりがっこクリームチーズ。 スモークの香りとウィスキーの相性が抜群の一品。 できればアイラで楽しんでみたい。 ジャンボイタリアンハンバーグはたっぷりのチーズにトマトソース。 炭水化物はやめておこうと思い2週目の注文へ。 しらすと半熟卵のアヒージョ。 海老とブロッコリーのフリット。 からっとした揚げ具合が良い塩梅。 最後は鮪のステーキで締め。 …

続きを読む

イタリアン大衆酒場HARUTA@練馬

「HARUTA」 【練馬/ダイニング】 ランチの時間帯に1時間半ほど間が空いたため昼から飲めそうな店へと飛び込んでみる。 練馬を中心に展開している大衆酒場春田屋の系列店。 以前から気にはなっていたのだが入ってみると意外と奥行きがあって広い間取りだった。 どうやら通し営業のようで昼でもグランドメニューから注文できるのが嬉しい。 アヒージョは魚、肉、野菜各種から3品選択できるシステム。 魚からはエビ、カキ、タコ、ホタテ。 肉ではタン、ハラミ、豚バラ、地鶏。 野菜はマッシュルーム、エリンギ、ブロッコリー、ジャガイモ、ミニトマト。 この中からブロッコリーと牡蠣、蛸をチョイス。 前菜5種盛り合わせ。 料理名を忘れてしまったが写真の右側にあるサツマイモと塩漬け肉の一品が美味しかったので、これだけオーダーできるか聞いてみた。 確認してもらった所メニューにないので出せないとの事。残念。 メニューで気になった信玄鶏のスパイシーチキンは残念ながら品切れ。 代わりにラムチョップを注文。 香りの強い脂身は避けて頂く。 イタリア風串焼きスピェディーニ。 蝦夷鹿があったので迷わず注文。 スピェディーニはイタリア語で竹串を意味するそうで、現地でも炭火で焼いた串焼きが食べられているとの事。 時間がなかったのであまり注文はできなかったが、これ以外にも肉料理、フリット、ラクレットチーズの料理が売りの様子。 まずは蝦夷鹿を食べられただけで充分。 お酒を…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/日本酒】 安定の地元店。気付けばこちらのお店も3周年。 周年記念を催すとの事だったので、かなり前から予約を入れておく。 訪問回数は写真の記録を見る限り8回目。 3周年記念という事で店内も大分賑わっている様子。 まずはアテに自家製ポテチと枝豆を。 白州がないため知多のハイボールで乾杯。 日本酒は飛露喜の大吟醸生詰からスタート。 牡蠣は生と天婦羅をチョイス。 天婦羅には春らしい山菜こごみも入っている。 ランチで人気らしい肉厚なアジフライ。 タルタルで食べても良し、塩と山葵で食べても良し。 近海ものの生の本鮪。那智勝浦産。 照りと艶が食欲をそそり日本酒もまた進む。 花陽浴。 純米大吟醸 美山錦 無濾過生原酒。 これはかなり好みな味わい。生ならではの香りと味わいを存分に引き出している。 筍は前回頂いたのでこの日はアスパラ焼きを。 醸し人九平次うすにごり。 最近何処かで飲んだような気がするも思い出せず。 ハニーキャベツと古白鶏の小鍋。 ほのかな甘みと優しい旨味。 そういえば前日の焼肉でも古白鶏の手羽を食していた。 生ホタルイカと山菜の天婦羅。 ホタルイカと山菜という大人の味わい同士ともいえる組み合わせが素晴らしい。 この味わいにはモルトを合わせてみたいと思い秩父のTHE PEATEDをアイスなしの水割りで。 と、ここで店主から忘れてましたと勧められた…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/和食】 再訪は書かないことが多いのだけれど、このお店は本当に良いお店だと思うので敢えての飲みログ記録。 今回は約2カ月ぶりの訪問。 お店のインスタにてトラフグ入荷のお知らせが出ており心が弾む。 河豚はワクワクさせてくれる食材の一つ。 1杯目に知多のハイボールを飲みながら、まだつをポン酢で。 ポン酢に浸っておらずゼリー状なので白子と酸味とのバランスが良い。 残念ながら河豚の白子はない様子。 このお店に来たら日本酒は外せない。 ということで新政。Lapis Lazuli ラピス -瑠璃- 。 原料米:美山錦 精米歩合:麹米55%、掛米60% 「扁平精米」という独特な精米方法を採用との事。 バランスよい出来栄え。 熱々の出汁巻き玉子 メインのトラふく刺し お作法通り箸でがさっと摘まんで頂く。 日本酒がよく進む。 サービスで出して頂いた百合根の天婦羅。 既に塩味が付いておりホクホクと優しい味わい。 京かも炙りとかぶの煮物。 京かもにしてはうっすらと野趣味も感じられ好みな味わい。 雄町の生好きという事を把握して頂いており、メニューにはないものを冷蔵庫から2本出して頂く。 栄光冨士 MAGMA~原始的胎動~雄町50 純米大吟醸無濾過生原酒 MAGMAという通り雄町の力強さを感じられ、鴨肉との相性が素晴らしい。 筍を焼き物で。 あいにく合馬や山城ではない様子だったが旬ものなので…

続きを読む

石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井(夜)@桜台

「石臼挽き ふるまい蕎麦 ふる井」 【桜台/蕎麦】 地元の蕎麦屋を新規開拓。 日本酒と一品料理が豊富そうなので期待して訪問。 開店直前に電話をして空席確認。 生ビールがないようなのでエビスの中瓶をグラスに注ぎながら定番の厚焼き玉子。 白子は天婦羅も選べたが、ここはポン酢で。 併せたのは阿部勘 純米吟醸かすみ生酒。 宮城の無濾過生酒。 フレッシュさと甘みが程よいバランスで白子ポン酢に良く合う。 豆腐と揚げ蕎麦のサラダ。 なかなかのボリューム のどぐろの天婦羅。 併せるのは愛媛の石鎚 手造り純米。 つまみのラストは鴨のもも肉塩焼き。 栃木の惣誉 純米生と一緒に。 締めの蕎麦は十割蕎麦。 旬には早いが白エビのかき揚げを一緒に注文。 一品料理はシンプルながらいずれも美味しく、何より日本酒の新酒ラインナップの味わいがどれも好みの方向性。 落ち着いた店内で美味しいつまみに蕎麦と日本酒を味わえる貴重な一店。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング …

続きを読む

TOKYO MEAT酒場@練馬

「TOKYO MEAT酒場」 【練馬/パスタ】 休日の地元ランチ。 一度訪問してみようと思っていた店を覗いたら運よく席が空いていた。 路面店で間口が広く外からは中の様子が良く見える。 コの字型の大きなカウンターで入り口の逆側にテーブル席も用意されている。 こちらの売りは日本一おいしいというミートソースだが、和風むき身浅利と紫蘇のパスタにしてしまった。 パスタはリングイネでランチセットとしてサラダにスープもついてくる 角ハイボールを飲みながらパスタを待つ。 と、ふとパーティーションにサイドメニューが書かれていることに気が付く。 飲兵衛としては是非とも、と思って、ランチ時に注文できるか聞いてみる。 やや時間が掛かるとの事だが10分程度と言うので頼んでみることにした 名物と書かれている牛ハツのカルパッチョ。 角ハイボールを飲み干したあたりで先にパスタが登場。 ミートソースはパスタの下に隠れているという面白いスタイルだが、他は普通のアウトプットの様子。 2杯目のホワイトホースハイボールを飲みながらパスタを食べていると、牛ハツの登場。 その場でホースラディッシュを削って掛けてくれるパフォーマンス付き。 昼はパスタ中心なので物足りないが、夜に訪問したら面白そうな気がする。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmal…

続きを読む

PITTARE(夜)@練馬

「PITTARE」 【練馬/イタリアン】 休日の夕食を地元のイタリアンで。 正直、この場所に店が合った記憶すらなかったのだけれど保存リストに入っていたのでものは試しと訪問。 間口は狭いのに奥に行くほど広くなる魔法の空間。 アットホームな雰囲気で印象は悪くない。 まずは生ハムとサラミ 意外とメニューの数もあって目移りしてしまう。 こちらはアスパラに生ハム ポテトはローズマリーが良く効いている。 ステーキ 部位は失念 アヒージョは海老とマッシュールームか 更に海老のダメ押し パスタはボロネーゼ 特にどれかが際立っているという事はないのだけれど、落ち着ける雰囲気で豊富なメニューからその時食べたいものを味わえるというのは、地元店として意外と貴重だったりもする。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング ピッターレ (イタリアン / 練馬駅、豊島園駅、桜台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

肉バル酒場ViaVia(夜)@練馬

「肉バル酒場ViaVia」 【練馬/ダイニング】 前職仲間と地元飲み。 いよいよ忘年会シーズンが始まった。 駅前で待ち合わせをしてから適当に飲み屋街を歩き、コロナ禍の昨年オープンした店へと飛び込んでみる。 まだ19時前という事もあって空いていたが、その内店は満席に。 メニューの種類はそれ程多くないが、前菜に生ハムのSサイズと鶏レバーのパテ。 続いてトスカーナ風 牛すじの黒こしょう煮。 良く煮込まれておりお酒が進む。 ドリンクは生から始まって、山崎、知多それぞれハイボール、レモンサワーにトマトサワーなどローテーション。 お店お勧めと言う厚切りローストビーフ。 イチボを使っているそうで厚みの割に柔らかく、山葵を添えて肉の味を存分に楽しめる一品。 その後は無限もやしなどつまみ中心に頼んだ気がするが、とにかく写真を撮り忘れており何を注文したのかが定かではない。 気付けば5時間ほど滞在しており、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。 店を出てから近場をうろうろして目に入ったショットバーへ。 何でも20年以上趣味でやっているという老舗。 ARDBEGを注文し久しぶりのアイラの香りを楽しんでから帰宅。 贅沢な休前日を過ごすことができて満足。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【…

続きを読む

ネリマノダイコンヤ(夜)@練馬

「ネリマノダイコンヤ」 【練馬/居酒屋】 口コミの評価が高そうなものの未だ訪問していなかった地元店。 店の外観は赤ちょうちん的な引き戸で、しかも塀に囲われており中の様子が窺えないため知らないと入りずらい雰囲気の外観。 予約をせずに飛び込んでみると、少し悩んだ後で奥の座敷へと通される。 手前はカウンターにキッチンとテーブル席。奥行きが広く中には広めの宴会用個室のような席が幾つか用意されている。 メニューを広げると意外と種類が豊富。定番メニューと季節ものに分かれている。 まずは刺身の3種盛り合わせと思ったら、鰹とかんぱちの刺身にカルパッチョとなるとの事。 カルパッチョが意外と美味しく頂けた。 続いては野菜スティック。 内容もボリュームも想像以上。ピーマンにパプリカズッキーニなど。 葱味噌がかなり辛いので要注意。 納豆とチーズのパリパリちぢみ。 出汁巻き鉄板焼き。 スプーンで掬って頂くタイプで、玉子焼きとスクランブルエッグの中間のような一品。 鯖の香草焼き 想像通りの味わいで、鯖の旨味に香草の香りと衣の歯ごたえが一体となっている。 最後につまみがてらタコの唐揚げ。 これ以外にも色々と注文したが、スタッフさんの数が足りていないのかオペレーションが厳しそうな雰囲気だったが、接客はとても好印象。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワ…

続きを読む

気楽な器(夜)@練馬

「気楽な器」 【練馬/洋食】 何度か前を通って気になっていたお店へ初訪問。 コロナ対策でテーブルを間引きしているようで4人席が3卓のみの住宅街にある小さな店舗。 何故こんな処に?という立地。 トマトとチーズと生ハムの春巻き なるほど。店名に「器」と入っているだけあって器が楽しげ。 生ハムの塩気があるためか、特に何も付けずに頂ける。 梅のソースとオニオンも食欲をそそって一品目に相応しい。 これはビールが進む。 ガーリックトースト 焼き立てのパンに香ばしいガーリック 黒毛和牛ステーキ 付け合わせの野菜も美味しいことに気が付く。 鶏肉のロースト マスタードパン粉焼き 赤ワインソース これはなかなかのボリューム。 サクサクのパン粉にマスタードの酸味と鶏肉の味わいが相まって、さらにソースが濃厚。 海老の湯葉巻き揚げ 黒酢仕立ての野菜も美味。 蛸のペペロンチーノ 意外なスープ仕立て。 スープは甘めで大葉の香りが効いている。 料理はどれもポーション多め。 とにかく丁寧な造りで野菜も美味しく、特に変わった味付けはないもののどれも安定・安心して頂ける品々。 ドリンクはハイボールに生ビール、サングリアなど。 ハイボールの炭酸が弱めだったのがやや残念。 ワインリストもあったが日曜日なので控えておくことに。 20年ほどやられているそうだが今までは全く気が付かなかった。 アットホームな雰囲気で普段使いの店がま…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/和食】 自宅近くでたまに顔を出すお店。 魚から肉、つまみまで料理が美味しく日本酒も豊富なので重宝している。 ふとこのお店をまだ書いていなかったことに気が付いたので、緊急事態宣言明け後に訪問。 テーブル席が4卓にカウンターと、こじんまりとした家庭的なお店。 清潔感があってお客さんの子連れ家族率も高い。 季節の小鉢 五種盛り合わせや馬刺しも美味しいのだけれど、この日はスキップ。 近海もの本鮪に奥久慈玉子を使った出汁巻き玉子。 焼き筍。もう少し若い方が好み。 白州のハイボールを早々に飲み干して新政のNo.6 R-type。 生もと純米生原酒。6号酵母。削りは65%だが純米の65%とは思えない繊細さ。 メニューを眺めていて褐毛和種(あかうし)が目に付いたので注文。 焼きとお願いしたような気がするが牛カツでの提供。 まあ肉の脂がくどくないのでこれも良い。 牛カツは黒毛以外の方が合っているような気がする。 以前も書いている気がするが今更ながら和牛は黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4種類。 正確にはこの交配も含まれるがあまり聞いたことはない。 インフレ気味の表記となっているA5のAは歩留等級で5は肉質等級。BMSだと12段階になる。 ビタミンAを欠乏させた不自然なイメージもあるので最近はあまり気にしたことがない。 のどぐろのメニューとして焼き、炙り刺し、煮つけがあり迷う。 最後に絞り切れず焼きと炙り…

続きを読む

魚たか(夜)@練馬

「魚たか」 【練馬/居酒屋】 近場での夕食。以前から存在は知っていたが間口が狭いためなかなか足を踏み入れなかったお店。 予約なしで開店直後に飛び込むと運よく空いていた入り口近くのテーブル席に通される。 刺し盛り5点盛り 鹿児島県産生本鮪、鹿児島県産真鯛、大分県産平すずき、鹿児島県産カツオのたたき、鹿児島県産アジ。と、殆どが鹿児島県産。 ツマが面白く長ネギが添えられており、これは鰹のたたきに良く合う。 重宝しそうなので刺身がなくなった後も取り分けておく。 筍焼き。素晴らしい春の一品。 若いころは合馬や山城の早筍を求めて店に足を運んだが、ブランド物でなくとも美味しいものは美味しい。 花山葵の醤油漬け これも春の味わい。鼻に心地よい刺激を感じられる。 生牡蠣はなんと陸前高田産。 こんな素晴らしい牡蠣が育つようになったのかと、この10年間の早さと重さに思いを馳せる。 牛モモのたたき 魚が売りの店かと思いきや、しっかりと旨味を感じられ意外といける。 たらの芽天ぷら こちらも春の味覚。もちろん天婦羅屋ほどの技は期待すべくもないものの、この苦味で満足。 のどぐろの炭火焼。 通常は時価らしいがこの日は特価という事だったので追加でのオーダー。 最後に少しつまむためタコの唐揚げを。 思ったよりも水でしなっておらず、よい出来栄え。 白エビの素揚げにも惹かれたのだけれど、まだ解禁前だなと思って控えておいた。 …

続きを読む

焼肉酒場よんちゃん(夜)@練馬

「焼肉酒場よんちゃん」 【練馬/焼肉】 近場に2店舗展開している焼肉店の2号店へ。前日の夜に予約を入れて開店時間に伺う。 雰囲気は大衆酒場のように活気があり、席はほぼ予約で埋まっている様子。 まずはお通しのタンスープ。 1皿目は極上タン。 価格と雰囲気からそれ程高い期待値は持っていなかったのだけれど、意外に美味しい。 初めて食べるミノ刺し。 薄切りであっさりとした味わいなので、箸休め的な一品として頂ける。 続いてはざぶとん。 焼き台は炭ではなくガスなので脂の焦げに注意して焼いていく。 名物らしい雲丹タン刺し。 元来、肉と雲丹の相性に懐疑的だったけれど、あっさり目のタンならまた違うかもしれないと期待しての注文。 結論としては、やはり雲丹と肉は別々に食べたほうが良いし、さらに肉の旨味は常温では感じにくい。 キムチの盛り合わせは、カクテキ、オイキムチ、白菜、小松菜。 辛みと酸味が抑えめなマイルドな味わい。 次に注文したのが何だったか。確かリブ芯のような気がする そしてマルチョウ1本。自分で切るのかと思ったらカットされた状態で出していただく。 サーロイン握りは、テーブルで炙ってくれるので、見た目も楽しい。 そして、シャトーブリアン。 ポーションはハーフ。 最後にトモサンカクで焼き物は終わり。 ここは肉を1枚単位で注文できるため、いろんな種類を苦しむことなく楽しめる。 締めはカレ…

続きを読む

環コルレストラーレ(夜)@桜台

「環コルレストラーレ」 【桜台/ビストロ】 土曜日の夕食に近場のビストロへ。 ステーキとラクレットチーズ、ビオワインが売りの酪農ビストロという触れ込み。 開店時間の17時に予約を取っての訪問。 まずはシャルキュトリーの盛り合わせ ラタトゥイユ、サラミ、生ハム、キッシュ、パテドカンパーニュ。意外とボリュームがある。 パテドカンパーニュと生ハムがなかなか良かった。 チーズフォンデュ 火力が弱いせいかチーズの特性か、トロトロになるわけではないので、がっつりと絡ませてから食さないとチーズを味わうことができない。 この日はワインの気分ではなく、適当にハイボールなど頼んでいたが、ふとKAGUWAがある事に気が付いて慌てて注文。 日本ならではの複雑で濃厚な和の味わい。 ステーキの2種盛り合わせ。 1種は必ずサーロイン固定という事で、もう1種には鹿肉を。 鹿と牛サーロインのコントラストが良い。 客層はカジュアルで店を出ることには満席となっていたので、立地はやや奥まっているものの人気店の様子。 これと言って記憶に残る一品はないものの、普段使いとしては手頃で良いお店だと思う。 ビオワインを併せなかったことだけが心残り。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイ…

続きを読む

炭GYU(夜)@練馬

「炭GYU」 【練馬/焼肉】 緊急事態宣言で再び外食の機会が減る傾向に。 地元で気になっていた店を支援して回る事が多くなると思われる。 今回はニューオープンの店をリサーチしていてヒットした焼肉店。 昨年末12月オープンという事だが、以前もこの場所に韓国料理屋があったような気がする。 開店から30分後くらいに飛び込みで入ったところテーブルと座敷の好きな方へどうぞと通される。 テーブルの方がボックス席で他から隔離されているのでテーブル席をチョイス。 韓国料理らしく最初にお通しが何品か運ばれてくるので、角ハイボールを飲みながら準備運動。 テーブルに七輪がセットされ、まずは厚切り生牛タン。 冷凍ではない肉が食べられるのは嬉しい。 リブロース。 脂が多く七輪が炎上しそうになったが氷を出してもらえたので無事に鎮火。 意外といいリブで脂身も含めて全て平らげてしまった。 上ロース。 さらにマルチョウやハラミもいただきつつ、チヂミを注文。 これが好きなふわふわタイプで大当たり。 そしてチヂミで締めたはずなのに冷麺まで注文してしまった。 ドリンクの種類はあまりなく、ハイボール以外に黒霧島や黒豆マッコリなどを頂く。 チャミスルも初体験。 何がいけなかったのか、意外と翌日までアルコールが身体に残ってしまった。 普段使いとしては非常に良いお店だが、我儘を言えば赤身肉が揃っていると嬉しいところ。 お得な予約はこちらから【食べロ…

続きを読む

Vin Sereno@練馬

「Vin Sereno」 【練馬/イタリアン】 評価が高く、気になっていた地元のお店へランチにて訪問。 小さなお店だったが運よくカウンターが空いていたため、そこへ通される。 ランチメニューはパスタセットかメインセットから選べる仕組み。 メインセットで麦豚ロースのピッツァイオーラをチョイス。 まずは前菜 サラダに、鶏肉のパテ、穴子のエスカベッシュ。 パテは百合根が食感の良いアクセントとなっている。 パンはメインまで待てずに食べてしまう。 メインの肉料理 ピザのようにトマトソースにチーズが絡められている。 ピッツァイオーラはピザ職人風という意味らしい。 ランチセットにアルコールメニューもあるのでサッポロのドラフトを飲みながら連休初日のランチを楽しめた。 お得な予約はこちらから【食べログ】予約してTポイントを貯める【ホットペッパー】Pontaポイントとクーポンでお得【一休.com】ワンランク上に無料アップグレード【OZmall】人気の女子プランを予約【ぐるなび】楽天スーパーポイント8,000ポイントプロのグルメ情報収集はこちらから食べログ有名グルメブログ一覧人気グルメブログランキング東京食べ歩きブロガーリストグルメ専門ブログランキング Vin Sereno (ビストロ / 練馬駅、桜台駅、豊島園駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

Bistro Coq Au Vin(夜)@練馬

「Bistro Coq Au Vin」 【練馬/ビストロ】 年末休暇1日目。何やら地元に美味しいCoq Au Vinを食べさせる店がオープンしたとの事で覗いてみることに。 予約はしていなかったが開店直後という事もあり、席に空きがあったので飛び込んでみる。 3週間ほど前にオープン。以前はラーメン屋だった場所で、カウンターを通り過ぎるとテーブル席が4卓程。 フードメニューとグラスワインのリストが黒板一杯に書かれている。 値段が二種類ついているものはフルサイズとハーフサイズで選ぶことができるという点も嬉しい。 冊子タイプのメニューよりも一覧性があって、メニューを選ぶ楽しさを味わえる。 お通しのコーンポタージュを頂きながら泡のグラスで乾杯。 2杯目にハートランドの生を飲みながら、色々と目移りしつつまずはおススメから麦豚のリエットを。 お勧めのカルパッチョはなんと〆鯖。フルサイズでの注文。 単なる酢漬けではなくしっかりと締められており好印象。そして意外と美味しい。 これは日本酒が飲みたくなってしまう。 ここでメインのスペシャリテcoq au vinの登場。ハーフサイズでの注文。 これに合う赤のグラスを選んでもらう。Lamartine Cahors マルベックとタナのブレンド。 食べる前は鶏肉のワイン煮込みという事でそれほど期待をしていた訳ではなかったが、これが衝撃の美味しさ。 良い意味で期待を裏切られる。 さすが店名にしているだけの事はある。 ワイ…

続きを読む

ムサシノバル(夜)@練馬

「ムサシノバル」 【練馬/ダイニング】 土曜日の夕方、歯医者を終えて買い物を済ませて近所の飲み屋へ18時頃飛び込みで。 旧名はAJITOでひばりが丘、大泉学園、三鷹にも展開しているダイニングバー。 先日訪問したバル 大連餃子の向かいにあるビルの2階で、店内は意外と広い空間が広がっている。 周辺はキャッチがたむろする界隈なためか、このビルの1階には警備員の方が立たれており、安心して訪問することができる。 こちらはキリンのタップマルシェ導入店のため、4種のクラフトビアを楽しめる。 この日はスプリングバレーブルワリーのJAZZBERRY、ヤッホーのインドの青鬼、グランドキリンIPA、DHCのOremium RICH ALE。 DHCはあのDHCだろうか。ビールを作っているとは露知らず、ものは試しと1杯目に注文。 お通しに山葵の効いた枝豆がサービス。 そしてまずはピクルス。ピクルスは酸味だけであまり旨味、辛みが感じられず。 ペペロンキャベツ。 これは癖になる味。酒のあてとして箸が止まらなかった。 サングリアの白。 グラス、ボール小、ボール大があり、こちらは小。2~3杯程の分量になっている。 柑橘類が甘すぎないアレンジとなっており、小休止もしくはチェイサー代わりに欲しくなる1杯。 続いてローストビーフの握り。 マヨは確かに美味しいのだけれど、個人的にはマヨなしでシャリを少なめにしてもらった方が嬉しい。 ボロネーゼ焼きペンネ。 …

続きを読む

酒膳 蔵四季(夜)@練馬

「酒膳 蔵四季」 【練馬/和食】 地元で和食が美味しく日本酒も豊富という評判のお店へふらっと訪問。 土曜日の17時半、開店時間とほぼ同時に入ったところ19:45までならという事で入り口近くのテーブル席に通してもらう。 その後2時間強居たが、その間に予約なしで入れたのはカウンターの2席のみで他は全て予約で埋まっていた様子。 それ程広くはないので予約をしてから訪問した方が確実かもしれない。 まずは生ビールを飲みながらお通し。 柿とほうれん草の和え物に鶏肉とサツマイモの焚き物、そして焼き鰤の椀物と立派な前菜からスタート。 我慢できなくなり早速の日本酒。 生生が飲みたくて聞いてみたところ、今は比較的多く置いてあるとの事で長野県、大信州の純米大吟醸新酒をチョイス。 生らしいフレッシュな香りに純米らしくふくよかな味わい、そしてかすかな発泡感も感じられる。 契約栽培米ひとごこち、精米歩合49%。 漬物を食べながら料理を待つ。 まずはまだち焼き。 白子は焼き物が一番美味しい食べ方だと思う。 香ばしさがありつつ甘みが引き立ち、噛んだ瞬間に口の中にあふれるクリーミーな食感が堪らない。 そして、兵庫産うまずらの肝和え。 こちらはカワハギと同じように肝を醤油に溶いて頂く。 カワハギよりも劣ると言われているが、これも十分に美味しい白身魚。 そして本日のメインとして兵庫県産のせいこ。 久しぶりの出会いに嬉しくなる。冬に楽しみな魚介は多いがその…

続きを読む

参加ランキング