JIGGER BAR HARRY'S N.Y.(夜)@新宿

JIGGER BAR HARRY'S N.Y.
【新宿/バー】
焼き鳥の後に軽く飲もうと西口のARGYLLへ向かったところ休業中の張り紙が。
仕方がないので近くのバーへ飛び込みで入店。
ビルの階段を降りると店の中2階のようなスペースが開け、そこから更に店内の緩いRを描いた内階段を降りる。
なかなか広くテーブル席も充実している。
幸い入店時には他の客がいなかったのでカウンターで貸し切り状態。

まずはアイラのボトラーズで臭いものという注文をすると、今はあまり良いボトラーズがないという事でオフィシャルにしてもらう。
選んでいただいたのはKILCHOMANのLoch Gorm。
ロッホゴルムは、アイラ島のピートをたっぷりと炊き込んだフェノール値50ppmの麦芽を使用し、年1回リリースされるシェリー樽熟成の限定品です。キルホーマンでは熟成樽の80%がバーボンバレルのため、シェリー樽生産量が少なく、さらにそのシェリー樽100%のロッホゴルムは大変希少です。
という代物。
初めは意外と華やかで軽い印象だが、後半はリッチさが増してくる素晴らしい味わい。
2020-01-27 19.46.11.jpg

2杯目はラムを注文。アグリコール系で何か面白いものがないか聞いたところ、あまり種類がなく定番物をということで出していただいた。
PLANTATIONシングルカスク。
プランテーションはコニャックで有名なフェラン社のラムシリーズ。面白いのは各地のラムを仕入れてフランスでさらに独自の熟成をさせるという手法。
単なる桶買いではなく自社でもつ技術でさらに味わいを増している。
荒々しさはなく非常にバランスが取れており洗練された味わい。
2020-01-27 20.12.19.jpg

目の前に季の美のボトルがいくつかあったので、ジンの話をしている流れで最後はクラフトジンを注文。
すると、カウンター下の冷凍庫からまだ口の空いていないボトルを出していただいた。
2009年にロンドンで創業したというクラフト蒸溜所。単式蒸溜で少量生産をしておりラベルにあるロゴマークの鳥はポットスチルを模しているとのこと。
ジュニパーベリーを大量に使った切れ味のある風味。
2020-01-27 20.32.00.jpg

飛び込みにしては非常によい店を見つけてしまった。
ただ店内を見た瞬間に一度来たことがあるような気がしたのだけれど、まったくもって思い出せない。

お得な予約はこちらから
プロのグルメ情報収集はこちらから




JIGGER BAR HARRY'S N.Y.バー / 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

参加ランキング